メインメニューを開く

ぶらっくさむらい1980年11月16日 - )はサンミュージックプロダクション所属のお笑い芸人

ぶらっくさむらい
本名 武内 剛(たけうち ごう)
生年月日 (1980-11-16) 1980年11月16日(38歳)
出身地 愛知県名古屋市中村区
血液型 O型
言語 日本語
トリオ名 地球人ズ
相方 タイムボム
芸風 ギター漫談ラップ物真似、一人コント
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2012年 - (お笑い芸人としての活動時期)
過去の代表番組 おはスタ など
公式サイト 公式プロフィール

愛知県名古屋市中村区出身。本名は武内 剛(たけうち ごう)。サイズは身長168cm、体重60kg、血液型はO型。

目次

来歴・概説編集

日本人の母とカメルーン人父を持つハーフ[1][2]。しかし父と一緒に暮らしたことは無い。また、カメルーンはおろかアフリカ大陸にも行ったことが無く、日本語名古屋弁)しか話せない[3][2]

部活は、小学生から高校生まで一貫して美術部。名古屋大谷高等学校を経て、愛知県内の大学を卒業[2]

「自分のアイデンティティを探すため」[3]として、2004年アメリカに渡り、ニューヨークの演劇学校「HB Studio」で3年間、歌と演技を学んだ。同校卒業後は、多くの映画、ミュージカル、舞台などに出演。また、シンガーソングライターとしても活動し[2]2010年に自主制作によるファーストアルバム『My Baby NY』を発表。

母親らに帰国を促され[4]2012年に帰国。その後はAMEMIYAに影響される形で、AMEMIYAと同じSMAに自分を売り込んで所属することが出来、同年9月にお笑い芸人へ転身[4]

第1回、第2回歌ネタ王決定戦で準決勝進出。R-1ぐらんぷり2017、準決勝進出 (2013.14.15、3回戦進出[5])。長州小力によるMCでニコニコ生放送にて放送中の、マシェリバラエティ「小力の小部屋」の勝ち抜きネタバトル、マシェ1グランプリにて5週勝ち抜き、ピン芸人初の4代目マシェ1チャンピオンに輝いた。第4回、第5回お笑いハーベスト大賞本選大会出場。 2013年11月に初単独ライブ『天邪鬼〜Amanojyaku〜』を行った。

おはスタスーパーライブに「地図記号の歌」を歌う謎の男として不定期でレギュラー出演していた。2016年4月1日の放送の終盤にて、番組を卒業する山寺宏一を見送る群衆の一人として久々に出演。

視力は左右共に0.3(2003年の時点で)。区役所に行った時に通訳が出て来たことがあり、また身分証明書を出した時に本名と外見のギャップから拒否されたこともあった[2]

2017年12月限りで約5年間所属したSMA HEET Projectソニー・ミュージックアーティスツ)を離れ、2018年1月にサンミュージックプロダクションに移籍[6]

芸風編集

シンガーソングライター、ミュージシャンだった経歴を生かし、ギター漫談、弾き語りを交えての替え歌、物真似、ラップ・一人コントなどを行っている。ネタには「残念なハーフの歌」などがある[1]

「見た目は黒でも中身は草食系黄色人種」[7]、を自称。なお、物真似レパートリーにはAi、ニューオリンズの路上にいた黒人ブルースマン、長渕剛ルイ・アームストロングなどがある。[7]

タイムボムのニックと仲が良く、「ニック&ぶらっくさむらい」というラップユニットを組むこともある。またM-1グランプリ2018ではタイムボムとのユニット「人種三兄弟」(後に「地球人ズ」と改称)を結成してトリオ漫才に挑戦し、3回戦に進出した。

出演編集

テレビ編集

レギュラー編集

ラジオ編集

  • MCおんのおん☆しつ (鎌倉FM、2012年10月18日)
  • Emotional Beat 姫ラジ(レインボータウンFM、2013年7月27日)
  • コピーガードキャンセラーのヤマカジ(FMやまと、2014年1月27日)
  • サンドウィッチマンの天使の作り笑い(NHKラジオ第一、2015年4月28日)

その他編集

  • AKB48グループドラフト生 チームK後藤と下口がやってみた〜48番勝負(NOTTV、2014年2月13日・14日)

映画編集

  • 猫侍 南の島へ行く(2015年) - 原住民役

演劇編集

  • 365days plays(2006年)
  • Black Samurai(2006年) - 武内剛(本人)役
  • 365 days plays(2007年)
  • The Exception and The Rule(2008年)
  • Momotaro and Old Japanese Tales(2008年) - 猿役
  • Go(2008年)- 武内剛(本人)役
  • The Light In Jodo(2008年)
  • The Santa Clause Show(2008年)
  • The New Student (2009年) - アフリカ留学生役
  • A Survivor's Celebration(2009年)
  • Songs That Got us Through (2009年) - ジャズマン役
  • 沓掛時次郎(2009年) - 沓掛時次郎役
  • Dear World:Deaf Mute(2009年)
  • Go(2010年) - 武内剛(本人)役
  • The Cradle will Rock (2010年)[8]
  • パッションプレイ(2011年) - ゴスペルクワイヤー役
  • UTSUKE {アフリカ座}(2014年) - 弥助役

脚注編集

  1. ^ a b 下北沢ブロイラー「E-1 GP 決勝が開催」 Archived 2014年4月13日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d e 今、注目の爆笑ハーフ芸人! ぶらっくさむらい”. リアルライブ (2013年7月17日). 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ a b black-samuraiのブログでの自己紹介より。
  4. ^ a b 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(134)】自虐ネタを音楽に乗せて爆笑を誘う名古屋生まれの黒人ギター侍(2/3)”. サンケイスポーツ (2016年9月20日). 2016年9月23日閲覧。
  5. ^ R-1ぐらんぷり 2013年1月21日 Archived 2013年2月22日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 謹賀新年 #ご報告”. ぶらっくさむらい/Black Samuraiのブログ (2017年12月31日). 2018年3月1日閲覧。
  7. ^ a b ぶらっくさむらい (@@50takeuchi) - Twitter(ぶらっくさむらいtwitter)での自己紹介より。
  8. ^ Charles Baran, Paul Malamphy, Laura Wolfe, et al. Set for Cradle Will Rock”. Theater Mania. 2013年6月25日閲覧。

外部リンク編集