アンナ=マリア・ヴァーグナー

アンナ=マリア・ヴァーグナー(Anna-Maria Wagner 1996年5月17日- )はドイツ出身の柔道選手。階級は78kg級[1][2]

獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
柔道
オリンピック
2020 東京 78kg級
2020 東京 混合団体
世界選手権
2021 ブダペスト 78kg級
世界ジュニア
2015 アブダビ 78kg級
アンナ=マリア・ヴァーグナー, 2019

経歴編集

2014年の世界ジュニア78㎏級で5位となった[2]。2015年の世界ジュニアでは個人戦、団体戦ともに3位になった[2]。2016年のヨーロッパジュニアと2017年のU23ヨーロッパ選手権では優勝した[2]。2018年のヨーロッパ選手権個人戦では3位だったが、団体戦では優勝した[2]。2019年にはグランプリ・マラケシュグランプリ・アンタルヤで優勝すると、ワールドマスターズでも3位に入った[1]。2021年にはグランドスラム・テルアビブグランドスラム・カザンで優勝した[1]世界選手権では準決勝で元世界チャンピオンの梅木真美を技ありで破ると、決勝では世界チャンピオンであるフランスのマドレーヌ・マロンガを内股の技ありで破って優勝した[3]。7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは準決勝で濵田尚里に腕挫十字固で敗れるも、3位決定戦でキューバのカリエマ・アントマルチを技ありで破って3位になった[4]混合団体でも3位になった[5]

IJF世界ランキングは6352ポイント獲得で1位(21/9/27現在)[6]

主な戦績編集

(出典[1]、JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集