アーメド・ムサ

ナイジェリアのサッカー選手

アーメド・ムサ(Ahmed Musa, 1992年10月14日 - )は、ナイジェリアジョス出身のサッカー選手ファティ・カラギュムリュクSK所属。FIFAワールドカップにおけるナイジェリア歴代最多得点記録を保持するA代表フォワード

アーメド・ムサ Football pictogram.svg
Ahmed Musa 2018.jpg
名前
ラテン文字 Ahmed Musa
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1992-10-14) 1992年10月14日(29歳)
出身地 ジョス
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗ファティ・カラギュムリュクSK
ポジション FW
利き足 両利き
ユース
ナイジェリアの旗 GBS フットボール・アカデミー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2010 ナイジェリアの旗 GBS フットボール・アカデミー 0 (0)
2008-2009 ナイジェリアの旗 JUTH(loan) 18 (4)
2009-2010 ナイジェリアの旗 カノ・ピラーズ (loan) 25 (18)
2010-2012 オランダの旗 VVVフェンロー 37 (8)
2012-2016 ロシアの旗 CSKAモスクワ 125 (42)
2016-2018 イングランドの旗 レスター・シティ 21 (2)
2018 ロシアの旗 CSKAモスクワ (loan) 10 (6)
2018-2020 サウジアラビアの旗 アル・ナスル 50 (9)
2020 ナイジェリアの旗カノ・ピラーズFC 7 (0)
2021- トルコの旗ファティ・カラギュムリュクSK
代表歴2
2011 ナイジェリアの旗 ナイジェリア U-20 6 (3)
2011 ナイジェリアの旗 ナイジェリア U-23 1 (1)
2010- ナイジェリアの旗 ナイジェリア 95 (15)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月22日現在。
2. 2020年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

2008年からナイジェリアのJUTH FCでプレーし、翌年はカノ・ピラーズFCに所属した。ここでシーズン18得点し、リーグ最多得点記録を樹立した。2010年の夏、オランダのVVVフェンローに移籍した。10月30日、FCフローニンゲン戦でデビューした。2012年1月13日、ロシア・プレミアリーグの強豪PFC CSKAモスクワへ移籍をし[1]、スペインで合宿をしていたCSKAに合流した。2012年2月21日、UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12ベスト16のレアル・マドリード戦でCSKAモスクワの選手としてデビューを飾り、64分にセク・オリセーと交代するまでピッチに立った[2]。またUEFAチャンピオンズリーグ初出場でもあった。

2013年12月10日、UEFAチャンピオンズリーグ 2013-14グループリーグ最終節のFCヴィクトリア・プルゼニ戦で本田圭佑のクロスに頭で合わせてチャンピオンズリーグ初得点を記録した。[3]

2016年7月8日、レスター・シティFCとの契約が発表された[4]。2016年10月22日、ホームでのクリスタル・パレス戦で、レスターでの公式戦初ゴールを記録した[5]。高額な移籍金での加入であったが、イングランドのサッカーになじむことができず、徐々に出場機会を減らし、失意のシーズンを送った[6]

2018年1月30日、CSKAモスクワにシーズン終了までのレンタル移籍で復帰[7]

2018年8月4日、アル・ナスルへ移籍した[8]。2020年10月、クラブからムサの退団が発表された[9]

人物・エピソード編集

  • 2013年9月4日夜にナイジェリアの自宅を武装した強盗約10人に襲撃され、現金やテレビ、携帯電話などの貴重品を盗まれたが、家にいた母親は無事だった。[10]

代表歴編集

ナイジェリア代表として、2010年にデビューした。

2011年3月11日のケニア戦で代表初得点を挙げた。2014 FIFAワールドカップグループリーグ第3戦のアルゼンチン戦では2得点を挙げた。

サンデー・オリセーが代表の監督に就任してからは、ナイジェリア代表のキャプテンに任命される[11]。 しかし、サンデー・オリセーが監督を辞任したため、キャプテンの座をミケル・ジョン・オビにゆずった[12]

2018 FIFAワールドカップの代表メンバーにも選出され、グループリーグ第2戦のアイスランド戦で2得点を挙げた。

個人成績編集

クラブでの成績編集

2018年5月13日現在 出典:soccerway

クラブ シーズン リーグ カップ戦 リーグ杯 UCL[* 1] UEL[* 2] その他 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
VVVフェンロー 2010–11 エール 23 5 0 0 - - - 4a 2 27 7
2011–12 14 3 1 0 - - - - 15 3
合計 37 8 1 0 - - - 4 2 42 10
CSKAモスクワ 2011–12 プレミアリーグ 11 1 0 0 - 2 0 - - 13 0
2012–13 28 11 5 4 - - 2 0 - 35 15
2013–14 26 7 4 1 - 6 1 - 1b 0 37 9
2014–15 30 10 2 0 - 6 1 - 1c 0 39 11
2015–16 30 13 4 1 - 10 4 - 0d 0 44 18
合計 125 42 15 6 - 24 6 2 0 2 0 168 53
レスター・シティ 2016–17 プレミアリーグ 21 2 4 2 1 0 5 0 - 1e 0 32 4
2017–18 0 0 0 0 1 1 - - - 1 1
合計 21 2 4 2 2 1 5 0 - 1 0 33 5
CSKAモスクワ(loan) 2017–18 プレミアリーグ 10 6 0 0 - - 6 1 - 16 7
アル・ナスル 2018-19 プロフェッショナルリーグ 24 7 3 2 - - - 4 1 31 10
2019-20 24 2 4 2 - - - 1 0 29 4
2020-21 2 0 0 0 - - - - 2 0
合計 50 9 7 4 - - - 5 1 62 14
合計 244 67 27 12 2 1 29 6 8 1 12 3 322 90
  1. ^ 予選、プレーオフも含む。
  2. ^ 予選、プレーオフも含む。

a試合:入れ替え戦(4) 得点:入れ替え戦(2)

bロシア・スーパーカップ(1)

cロシア・スーパーカップ(1)

dロシア・スーパーカップ(0)

eFAコミュニティ・シールド(1)

代表編集

2018年10月16日現在 出典:national-football-teams.com


ナイジェリア代表国際Aマッチ
出場得点
2010 2 0
2011 10 1
2012 6 2
2013 16 2
2014 12 4
2015 10 2
2016 5 0
2017 5 0
2018 13 4
2019 12 0
2020 4 0
通算 95 15

代表での得点編集

 #  日時 会場 対戦相手 スコア 最終結果[* 1] 大会
1. 2011年4月29日  アブジャ・スタジアムアブジャ   ケニア
1–0
○3–0
親善試合
2. 2012年6月16日  U. J. エスエネ・スタジアム(キャラバー)   ルワンダ
1–0
○2–0
アフリカネイションズカップ2013予選
3. 2012年10月13日   リベリア
2–0
○6–1
4. 2013年2月6日  モーゼス・マヒダ・スタジアム(ダーバン)   マリ
4–0
○4–1
アフリカネイションズカップ2013
5. 2013年6月5日  モイ国際スポーツセンター(カサラニ)   ケニア
1–0
○1–0
2014 FIFAワールドカップ・アフリカ2次予選
6. 2014年6月25日   エスタジオ・ベイラ=リオ(プライア・デ・ベラス)   アルゼンチン
1–1
●2–3
2014 FIFAワールドカップ
7.
2–2
8. 2014年10月15日  アブジャ・スタジアムアブジャ   スーダン
1–0
○3–1
アフリカネイションズカップ2015予選
9.
3–1
10. 2015年3月28日  ムボンベラ・スタジアム(ネルスプロイト)   南アフリカ共和国
1–0
▲1–1
親善試合
11. 2015年9月8日  アドキエ・エミエシマカ・スタジアム (ポートハーコート   ニジェール
1–0
○2–0
2017年6月1日  Stade Municipal (パリ)   トーゴ
1-0
○3-0
親善試合(FIFA 非公式)
2–0
12. 2018年6月33日  ヴォルゴグラード・アリーナ (ヴォルゴグラード州)   アイスランド
1-0
○2-0
2018 FIFAワールドカップ
13.
2–0
14. 2018年9月8日  Stade Linité(ヴィクトリア)   セーシェル
0–1
○0–3
アフリカネイションズカップ2019予選
15. 2018年10月16日  Stade Taïeb Mhiri(スファックス)   リビア
2–0
○3–2
  1. ^ 勝(○)、分(▲)、負(●)

タイトル編集

代表編集

ナイジェリア代表

クラブ編集

PFC CSKAモスクワ
アル・ナスル

個人編集

脚注編集

  1. ^ Муса стал армейцемPFC CSAKモスクワ公式サイト、2012年1月14日閲覧。
  2. ^ マドリー、土壇場の失点でドローuefa.com、2012年2月24日閲覧。
  3. ^ UEFAチャンピオンズリーグ 2014 - プルゼニュ-CSKAモスクワ レポート”. UEFA.com (jp) (2013年12月10日). 2013年12月17日閲覧。
  4. ^ Leicester City Agree Deal For Ahmed Musa:レスター・シティFC公式サイト 2016年7月8日
  5. ^ Ahmed Musa fires first Premier League goal:africanfootball.com 2016年10月22日
  6. ^ Leicester's new signings failing to make impact for champions:skysports 2017年1月17日
  7. ^ Ahmed Musa returns to Moscow:CSKA Moscow Official Website 2018年1月30日
  8. ^ Leicester City Confirm Ahmed Musa Will Join Saudi Side Al-Nassr Permanently This Summer” (英語). www.msn.com. 2018年8月28日閲覧。
  9. ^ Ahmed Musa leaves Saudi club”. 2021年1月3日閲覧。
  10. ^ Robbers raid Ahmed Musa’s Jos home OsunDefender (英語)
  11. ^ Official: Ahmed Musa confirmed Nigeria captain, Onazi his deputygoal.com 2015年10月9日
  12. ^ Mikel Obi named new Nigeria captaingoal.com 2016年3月24日


外部リンク編集