メインメニューを開く

ウイングベイ小樽

北海道小樽市にあるショッピングセンター

ウイングベイ小樽(ウイングベイおたる、WING BAY OTARU)は、北海道小樽市にある複合商業施設ショッピングセンター)。

ウイングベイ小樽
WING BAY OTARU
施設外観(2012年6月)
施設外観(2012年6月)
地図
店舗概要
所在地 047-0008
北海道小樽市築港11
座標 北緯43度11分00秒 東経141度01分26秒 / 北緯43.18333度 東経141.02389度 / 43.18333; 141.02389座標: 北緯43度11分00秒 東経141度01分26秒 / 北緯43.18333度 東経141.02389度 / 43.18333; 141.02389
開業日 1999年3月11日(マイカル小樽)
2003年3月21日(ウイングベイ小樽)[1]
土地所有者 小樽ベイシティ開発
施設所有者 小樽ベイシティ開発
施設管理者 小樽ベイシティ開発
設計者 大成建設観光企画設計社日産建設鹿島建設[2]五洋建設、マイカル総合開発(コンストラクション・マネジメント)、ザ・ジャーディ・パートナーシップ(コンセプト設計・総合デザイン監修)
施工者 大成建設[3]、日産建設、鹿島建設、五洋建設[4]地崎工業岩田建設熊谷組三井建設
延床面積 340,180 m²
商業施設面積 98,000 m²
中核店舗 イオン小樽店
営業時間 10:00 - 21:00
駐車台数 5,000台
前身 マイカル小樽
最寄駅 小樽築港駅
最寄IC 札樽自動車道 小樽IC
外部リンク ウイングベイ小樽
テンプレートを表示

概要編集

小樽築港駅の貨物ヤード跡地の土地区画整理事業「小樽築港駅周辺地区土地区画整理事業」に伴う再開発によりマイカル(当時)が総工費約600億円をかけて建設した大型商業施設[5]。日本国内でいち早くコジェネレーションを取り入れており、小樽築港地区へ地域エネルギー供給を行っている[6]

周辺には小樽港マリーナ、小樽シーポートマーケット、新倉屋総本舗プレイランドハッピー新南樽市場北海道済生会小樽病院公園マンション「ベイシティガーデン」などが立地しており、新たな市街地を形成している。

小樽ベイシティ開発編集

株式会社 小樽ベイシティ開発
種類 株式会社
略称 OBC
本社所在地   日本
047-0008
北海道小樽市築港11-5
設立 1991年11月11日
法人番号 4430001049790
事業内容 商業施設「ウイングベイ小樽」の管理運営
代表者 橋本茂樹(代表取締役社長)
資本金 1億2,700万円
従業員数 20名[7]
テンプレートを表示

小樽ベイシティ開発(おたるベイシティかいはつ)は、北海道小樽市にある企業マイカルグループ北海道旅客鉄道(JR北海道)などの出資によって設立した[8]

会社沿革編集

小樽市は、1985年昭和60年)策定の『小樽港港湾計画』において小樽築港駅周辺地区の土地利用の見直しを決定し[8]ウォーターフロント開発に民間活力を導入する計画を立てた[8]1990年平成2年)に小樽市がマイカルグループと再開発について協議し、小樽ベイシティ開発は会社設立後に国鉄清算事業団から18.3 haの土地を取得した[8]。再開発地区の基盤整備は小樽市による土地区画整理事業「小樽築港駅周辺地区土地区画整理事業」(ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業)として1994年(平成6年)に区域が決定し、1996年(平成8年)から事業を着工した[9]複合商業施設1997年平成9年)に着工し[10]1999年(平成11年)に百貨店「小樽ビブレ」をキーテナントに、総合スーパー「小樽サティ」、シネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ小樽」、専門店テーマパークスポーツクラブホテル「ヒルトン小樽」(同年7月オープン)などを併設した日本国内最大級(当時)となる大型商業施設「マイカル小樽」として開業した。

開業1周年の頃までは概ね順調に推移している様子が伺えたが[11]、2周年を迎えた頃にはすでに客数が伸び悩んでおり、シャッター通りが出現した[12]2001年(平成13年)、マイカル経営破綻に連鎖して小樽ベイシティ開発も「民事再生法」を申請した[13][14]。負債総額は約492億円であった[15]ポスフール(旧・マイカル北海道)は日本政策投資銀行が持っていた債権133億円を譲り受け、旧・マイカル北海道が持っていた61億円を合わせた別除権の付いた債権約194億円を所有した[16]

2003年(平成15年)に施設名を「ウイングベイ小樽」と改称して再スタートしたが、多額の固定資産税の滞納が続いたことから、小樽市はウイングベイ小樽の土地を差押え[17]2007年(平成19年)に小樽ベイシティ開発はポスフール(現在のイオン北海道)に対する特定調停の申し立てを札幌地方裁判所に起こし[16]2008年(平成20年)に別除権付債権の取扱いについて評価額など約29億円を一括弁済することで中間合意していたが[18][19]、経営再建のスポンサーに名乗り出ていた北武グループとの交渉が難航したため、弁済期限の延長を申し入れた[20]。その後、北武グループは経営再建から撤退し[21]2009年(平成21年)に特定調停を取り下げた[22]。その後は、2回目の特定調停成立後、2012年(平成24年)10月からはイオン北海道がイオン小樽店の賃料を支払わない措置などを取った[23]

2017年(平成29年)に小樽市は特定調停の申し立てによって解除していたウイングベイ小樽の土地を再び差押えた[17]。同年には企業再生ファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)のルネッサンスキャピタルがイオン北海道が保有する債権を買い取って小樽ベイシティ開発のスポンサーとなり[24][25]、債務圧縮を目的とする2度目の「民事再生法」適用を申請した(負債総額は約280億円)[7][26][27][28]。今後は、ルネッサンスキャピタルによって再建を進める[28]

沿革編集

  • 1999年平成11年):「マイカル小樽エネルギー供給」による地域エネルギー供給開始。「マイカル小樽」開業(小樽ビブレ、小樽サティワーナー・マイカル・シネマズ小樽オープン)[29]。「ヒルトン小樽」オープン。
  • 2000年(平成12年):マイカル小樽が『第12回小樽市都市景観賞』受賞[30]観覧車「レインボークルーザー」営業開始(2011年営業停止、2015年台湾へ移設)[31]
  • 2001年(平成13年):アウトレットタウン「ウォール」(WALL)オープン。マイカルの「民事再生法」申請に伴い、小樽ベイシティ開発も「民事再生法」申請。
  • 2002年(平成14年):小樽サティが「ポスフール小樽店」と改称[32]。小樽ビブレ閉店[33]
  • 2003年(平成15年):マイカル小樽が「ウイングベイ小樽」と改称、専門店街「SE-B」(シーヴ)オープン。ホテル運営会社の小樽ヒルトンが「民事再生法」申請[34][35]
  • 2005年(平成17年):マイカル小樽エネルギー供給の事業を「エナジーソリューション」(北ガスグループ)に譲渡[36]
  • 2009年(平成21年):ヒルトン小樽が「グランドパーク小樽」にリブランド[37]。貸しホール「ヲタル座」オープン[38]
  • 2011年(平成23年):イオンへのブランド変更に伴い、ポスフール小樽店が「イオン小樽店」と改称[29][39]
  • 2012年(平成24年):北海道内初となるLIXILビバによる「スーパービバホーム」出店[40]
  • 2013年(平成25年):劇場名変更に伴い、ワーナー・マイカル・シネマズ小樽が「イオンシネマ小樽」と改称[41]
  • 2017年(平成29年):ルネッサンスキャピタルがイオン北海道保有の債権買取[24][25]。小樽ベイシティ開発が2度目の「民事再生法」申請[7][28]

主なテナント編集

施設は小樽築港駅側から1番街、2番街、3番街、5番街、6番街に分かれており、1番街と2番街の間(2階から4階)と5番街と6番街の間(1階から4階)に螺旋階段がある。ホームセンターの「スーパービバホーム」は1番街と2番街の1階に出店している。

1番街編集

「小樽ビブレ」閉店後、専門店街「SE-B」(シーヴ)としてオープンした。4階は空きフロアになっており、かつては長谷川産業による「メガアウトレットおたる」などが出店していた[42]

現在はデイサービス、介護保険施設、カプセルホテルなどを検討中。

2番街編集

イオンシネマ小樽
ÆON CINEMA OTARU
 
情報
旧名称 ワーナー・マイカル・シネマズ小樽
開館 1999年3月11日
客席数 1,517席(7スクリーン合計)
設備 5.1chデジタルサウンド
用途 映画上映
運営 イオンエンターテイメント
所在地 047-0008
北海道小樽市築港11-2 ウイングベイ小樽2番街4F
外部リンク 小樽 | イオンシネマ

かつて3階には長谷川産業による「スイートデコレーション」、「ファイテンショップ」が出店していたが[43]、現在はニトリが出店している。4階にはテラス「ベイテラス」があり、小樽港を一望することができる。

イオンシネマ小樽 スクリーン詳細
スクリーンNo. 座席数 車椅子用スペース 備考
1 201 2
2 122 2
3 205 2
4 233 2 3D対応
5 111 2
6 165 2 3D対応
7 480 3 THX・3D対応

3番街編集

4階には回廊「ウェーブストリート」があり、窓際に椅子を設置している。かつては3階に「ベスト電器」が出店していたが[44]、現在はザ・ダイソーが出店している。

5番街編集

ヲタル座
情報
旧名称 よしもと劇場

小樽超魔術館
開館 2009年2月14日
収容人員 176人
客席数 126席
用途 ライヴ、演劇落語、発表会、講習会など
運営 小樽ベイシティ開発[45]
所在地 047-0008
北海道小樽市築港11 ウイングベイ小樽5番街3F
外部リンク 市民劇場ヲタル座

5番街の前には屋外広場「ネイチャープラザ」や1階から4階までがアトリウムになっている「ネイチャチャンバー」がある。かつて3階には石原プロモーションによる「石原プロワールド・西部警察」、吉本興業による「小樽よしもと」やMr.マリックのマジック体験ができる「小樽超魔術館」などのテーマパークがあったが[46]、いずれも閉館している[47]。2011年(平成23年)4月からナムコに代わって小樽ベイシティ開発がボウリング場を直営している[48]

  • 総合インフォメーション
  • ウイングベイ小樽内郵便局
  • 喜久屋書店
  • ナムコランド
  • ヲタル座
  • ドリームランド イカロスの城(キッズランド)
  • プラボ
  • 場外馬券発売所 Aiba小樽(J-PLACE小樽)
  • オタルボウル
  • ホープ・ワン(人材派遣・人材紹介)
  • ジョブポートおたる(就業支援センター)

6番街編集

イオン小樽店
ÆON OTARU
店舗概要
所在地 047-0008
北海道小樽市築港11-6
開業日 1999年3月11日
建物名称 ウイングベイ小樽
営業時間 8:00 - 21:45(1階食品売場)
9:00 - 21:00(その他売場)
駐車台数 屋外駐車場:586台
地下駐車場:480台
立体駐車場:679台
前身 小樽サティ

ポスフール小樽店
最寄駅 小樽築港駅
最寄IC 札樽自動車道 小樽IC
外部リンク イオン小樽店
  Hokkaido
テンプレートを表示

「小樽サティ」→「ポスフール小樽店」→「イオン小樽店」と変遷しながら空きテナントもなく比較的順調に推移しているが、2010年(平成22年)に4階を閉鎖して店舗改善を図った[49]

  • 1階:食の街・飲食街
  • 2階:婦人の街
  • 3階:子供の街

アクセス・駐車場編集

  • 北海道旅客鉄道(JR北海道)小樽築港駅直結(マリンロード利用徒歩約1分)
  • 北海道中央バス「ウイングベイ小樽」「グランドパーク小樽」「ぱるて築港」「小樽港マリーナ」バス停降車すぐ、「小樽築港駅」バス停徒歩3分(マリンロード利用)
  • 札樽自動車道小樽ICから右折してすぐ
  • 札幌から国道5号利用し車で約45分
  • 駐車場:5,000台
    • イオン小樽店側平面駐車場
    • イオン小樽店側地下駐車場
    • イオン小樽店側立体駐車場
    • グランドパーク小樽地下駐車場
    • 1番街/2番街立体駐車場
    • 1番街/2番街地下駐車場
    • スーパービバホーム駐車場

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 消えた“マイカル小樽”が“ウイングベイ小樽”に!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2003年3月22日). 2017年5月24日閲覧。
  2. ^ 小樽ベイシティ”. 鹿島建設. 2017年5月24日閲覧。
  3. ^ 実績紹介 マイカル小樽”. 大成建設. 2013年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月24日閲覧。
  4. ^ 小樽ベイシティ”. 五洋建設. 2017年5月25日閲覧。
  5. ^ ウィングベイ小樽開業7周年!前途多難の大型商業施設!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2006年3月18日). 2017年5月25日閲覧。
  6. ^ 地域エネルギーサービス(小樽エネルギーセンター)”. エナジーソリューション. 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ a b c TSR速報 (株)小樽ベイシティ開発”. 東京商工リサーチ (2017年12月7日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ a b c d 金田孝之、近藤健雄、桜井慎一、宇於崎泰寛 2014, pp. 3-4.
  9. ^ 小樽市のあゆみ”. 小樽市. 2017年5月25日閲覧。
  10. ^ 複合商業施設を着工*34万平方メートル、99年開業*小樽”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1997年10月15日). 2017年5月25日閲覧。
  11. ^ マイカル小樽1周年*集客好調、1300万人に迫る*売り上げは目標の8割 来場者の36%市内から”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2000年3月8日). 2017年5月25日閲覧。
  12. ^ 改装にかけるマイカル小樽*きょう開業2年*強烈な個性放てるか*客の好みとズレ/遠かった札幌圏…/独自の魅力不十分”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2001年3月11日). 2017年5月25日閲覧。
  13. ^ <解説>マイカル破たん*「マイカル小樽」連鎖の危機*拡大路線が裏目*再建策なく銀行見放す”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2001年9月15日). 2017年5月25日閲覧。
  14. ^ 「小樽ベイシティ開発」再生法申請*“巨艦”覆う苦悩と挫折*「この先どうすれば…」”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2001年9月28日). 2017年5月25日閲覧。
  15. ^ 昨年の管内企業倒産*負債総額は過去最高*531億円、前年の4倍以上*全体の93%がOBC破たん”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2002年1月22日). 2017年5月25日閲覧。
  16. ^ a b 小樽ベイシティ開発 「特定調停」申し立て!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2007年8月10日). 2017年5月24日閲覧。
  17. ^ a b 「ウイングベイ小樽」小樽市が差押え”. リアルエコノミー (2017年3月1日). 2017年5月24日閲覧。
  18. ^ “小樽ベイシティ開発に対する別除権付債権に関する中間合意について” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道, (2008年4月1日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_120.pdf 2017年5月24日閲覧。 
  19. ^ OBCの借金棒引きに!イオンと特定調停 中間合意”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2008年4月1日). 2017年5月24日閲覧。
  20. ^ “小樽ベイシティ開発に対する別除権付債権の弁済期限延長について” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道, (2008年7月18日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_142.pdf 2017年5月24日閲覧。 
  21. ^ ウイングベイ小樽の再建振り出しに スポンサーが撤退”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2008年9月18日). 2017年5月24日閲覧。
  22. ^ OBC特定調停取り下げ イオン北海道21億円の赤字”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2009年1月29日). 2017年5月24日閲覧。
  23. ^ 最新号のさわりを読む 2012年12月号”. 財界さっぽろ. 2017年5月25日閲覧。
  24. ^ a b “債権譲渡に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道, (2017年12月4日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_20171204.pdf 2018年7月2日閲覧。 
  25. ^ a b イオン北海道、小樽ベイシティの債権を再生ファンドに売却”. リアルエコノミー (2017年12月5日). 2018年7月2日閲覧。
  26. ^ “小樽ベイ、民事再生法申請 負債額280億円”. 日本経済新聞. (2017年12月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2437095007122017000000/ 2017年12月7日閲覧。 
  27. ^ “大型商業施設「ウイングベイ小樽」が再生法申請”. 毎日新聞. (2017年12月7日). https://mainichi.jp/articles/20171208/k00/00m/020/022000c 2017年12月7日閲覧。 
  28. ^ a b c 小樽ベイシティ開発、2度目の民事再生”. リアルエコノミー (2017年12月8日). 2018年7月2日閲覧。
  29. ^ a b 沿革”. イオン北海道. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月24日閲覧。
  30. ^ 第12回 小樽市都市景観賞作品”. 小樽市. 2017年5月24日閲覧。
  31. ^ 間もなく見納め!小樽の大観覧車「レインボークルーザー」撤去へ”. 北海道ファンマガジン (2015年8月17日). 2017年5月24日閲覧。
  32. ^ 小樽サティが『ポスフール小樽』に店名変更!!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2002年1月14日). 2017年5月24日閲覧。
  33. ^ 小樽ビブレ8月31日閉店へ!!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2002年3月19日). 2017年5月24日閲覧。
  34. ^ 小樽ヒルトン*再生法 午後に申請*負債80億円*ホテル営業継続”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年1月16日). 2017年5月25日閲覧。
  35. ^ “ヒルトン小樽”も民事再生法!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2003年1月17日). 2017年5月24日閲覧。
  36. ^ “エネルギーサービス事業会社設立、および小樽築港地区エネルギー供給事業の営業譲受けについて” (プレスリリース), 北海道ガス, (2005年9月14日), https://www.hokkaido-gas.co.jp/news_release/2005_0914.html 2017年5月24日閲覧。 
  37. ^ 「ヒルトン小樽」は「グランドパーク小樽」へ”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2008年12月1日). 2017年5月24日閲覧。
  38. ^ 旧よしもとに「ヲタル座」 2/14オープン”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2009年2月10日). 2017年5月25日閲覧。
  39. ^ “「新生イオン」が誕生!北海道の「ジャスコ」と「ポスフール」が『イオン』に生まれ変わります” (PDF) (プレスリリース), イオン北海道, (2011年2月18日), http://www.aeon-hokkaido.jp/news/news_pdf/news_268.pdf 2017年5月24日閲覧。 
  40. ^ 店舗面積1万6000m²の大型ホームセンター「スーパービバホーム」が初出店、ウイングベイ小樽起死回生の切り札なるか”. リアルエコノミー (2012年6月21日). 2017年5月24日閲覧。
  41. ^ “新社名及び劇場名のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ワーナー・マイカル・シネマズイオンシネマズ, (2013年6月11日), http://www.aeoncinema.com/company/press/13/06/0611.pdf 2017年5月24日閲覧。 
  42. ^ ウィングベイ小樽・1番街4階が“シャッター街”に!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2006年10月2日). 2017年5月24日閲覧。
  43. ^ ウィングベイ小樽の空洞化さらに!大型テナント撤退”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2008年2月21日). 2017年5月24日閲覧。
  44. ^ ウイングベイ小樽 相次ぐテナント撤退 ベスト電器 8月末閉店”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2010年7月8日). 2017年5月25日閲覧。
  45. ^ 旧よしもと劇場「ヲタル座(仮称)」 2月中旬オープン”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2009年1月29日). 2017年5月25日閲覧。
  46. ^ ウイングベイ小樽“お笑い吉本”消え、“Mr.マリック魔術”咲く?!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2004年7月16日). 2017年5月24日閲覧。
  47. ^ Mr.マリックのハンドパワーも効果なし!小樽超魔術館が閉館!”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2006年2月18日). 2017年5月24日閲覧。
  48. ^ ナムコがワンダーボウル営業終了 4月からOBC直営に”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2011年3月17日). 2017年5月24日閲覧。
  49. ^ 「ポスフール小樽店」にも空洞化の波 !19日から4階を閉鎖”. 小樽ジャーナル. 小樽ジャーナル社 (2010年11月8日). 2017年5月24日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集