メインメニューを開く

キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワン

キャンディーズ ファイナルカーニバル プラス・ワン』 (CANDIES FINAL CARNIVAL Plus One) は、1978年5月21日にリリースされた、キャンディーズの3作目で最後のライブ・アルバム。そしてすべての活動に終止符を打った作品である。

CANDIES FINAL CARNIVAL
Plus One
キャンディーズライブ・アルバム
リリース
録音 1978年4月4日
後楽園球場(Disk 1&2)
1977年 - 1978年(Disk 3)
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー(LP)
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 大里洋吉
松崎澄夫
酒井政利
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1978年度年間35位(オリコン)
キャンディーズ アルバム 年表
早春譜
(1978年)
CANDIES FINAL CARNIVAL
Plus One

(1978年)
THE BEST / 微笑がえし
(1978年)
特記事項:全3枚組。Disk 3はスタジオ録音盤
『CANDIES FINAL CARNIVAL Plus One』収録のシングル
  1. わな
    リリース: 1977年12月5日
  2. 微笑がえし
    リリース: 1978年2月25日
テンプレートを表示

目次

内容編集

  • LP帯コピー:'78/4/4後楽園球場ライブ 涙の微笑がえし! 55,000人の熱狂!
  • キャンディーズの解散コンサート「ファイナルカーニバル」の模様を収録したライブ・アルバム。
  • LP・音楽テープCDとも全3枚(本)組で、Disk 3はスタジオ録音盤である。「Plus One」とはこのスタジオ録音盤を意味している。
  • 1週だけだが、オリコンアルバムチャートで初登場1位を獲得した。
  • LPでの発売(すなわち解散)から約7年後、1985年3月21日にCD化された。全3枚のライブ盤中、初CD化された作品であることのみならず、オリジナル・アルバムを含めた全LPリリース作品でも、最初にCD化されたタイトルが当アルバムである[1]。また、CD化されたキャンディーズのアルバムの中では最古の作品である。なお、オリジナル・アルバムのCD化が開始されるのは、さらに6年後となる1991年。この1991年は、元メンバーのスーこと田中好子が結婚した年であった。
  • 2008年9月3日にリリースされたCD-BOXキャンディーズ・タイムカプセル』に収納された紙ジャケット盤には、アポロン音楽工業からリリースされた本作の音楽テープのスタジオ録音盤収録曲「かーてん・こーる」(ラスト・シングル「微笑がえし」のB面曲)の別MIXボーナス・トラックとして収録され、その音楽テープに特典として添付されたブックレット「ミニ・スケッチ&さよならメッセージ」がボックス内のブックレットに復刻掲載された。
  • 1980年前後は、1970年代を旋風したアイドルスター歌手たちの引退・解散コンサートを実況録音したライブ盤が多くリリースされている。例としてキャンディーズ以降では、フォーリーブスの『GOOD BYE』(1978.10.21)、南沙織の『Good-by Cynthia』(1978.12.5)、山口百恵の『伝説から神話へ -BUDOKAN…AT LAST-』(1980.11.19)、ピンク・レディーの『さよならピンク・レディー』(1981.6.25)、石野真子の『BYE BYE MAKO LIVE 〜8月の太陽より燃えて〜』(1981.10.5)がある。

ライブ詳細編集

収録曲編集

オリジナル盤編集

  • Disk 1・2とも全編曲:渡辺茂樹、演奏:MMP(ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)

Disk 1 / Side-A編集

  1. OPEN SESAMETape SE
    • 作詞・作曲:R. Bell・Kool & The Gang、歌唱:MMP
    • オリジナル歌唱:Kool & The Gang
  2. JUPITER
  3. DO IT (USE YOUR MIND)
  4. PLAY THAT FUNKY MUSIC
    • 作詞・作曲:R. Parissi
    • オリジナル歌唱:Wild Cherry
  5. FANTASY
    • 作詞・作曲:M. White・E. del Barrio・V. White
    • オリジナル歌唱:Earth, Wind & Fire
  6. GOING IN CIRCLES
    • 作詞・作曲:T. Myers・Jaiananda
    • オリジナル歌唱:Three Dog Night

Disk 1 / Side-B編集

  1. ラン・スー・ミキMC
  2. キャンディーズ
  3. 恋のあやつり人形
  4. ハート泥棒
  5. キャンディ・ツイスト
  6. IT'S VAIN TRY TO LOVE YOU AGAIN
  7. 買い物ブギ
  8. アンティック ドール
  9. 午前零時の湘南道路

Disk 2 / Side-A編集

  1. さようならの言葉(MC)
  2. SUPER CANDIES
  3. ハートのエースが出てこない
  4. その気にさせないで
  5. 危い土曜日
  6. アン・ドゥ・トロワ
  7. わな
  8. 哀愁のシンフォニー
  9. 悲しきためいき

Disk 2 / Side-B編集

  1. 微笑がえし
  2. 年下の男の子
  3. 春一番
  4. ダンシィング・ジャンピング・ラブ
  5. つばさ

Disk 3 / Side-A編集

  1. 微笑がえし(シングル・ヴァージョン)
    • ラスト・シングル。
  2. インスピレーション・ゲーム
  3. 100%ピュア・レディ
    • 作詞:島武実、作曲・編曲:穂口雄右
    • 16thシングル「わな」のB面曲
  4. わな(シングル・ヴァージョン)
    • 16thシングル。
  5. かーてん・こーる
    • 作詞:阿木燿子、作曲・編曲:穂口雄右
    • ラスト・シングル「微笑がえし」のB面曲。
  6. グッド・バイ・タイムス
    • 作詞・阿木燿子、作曲・編曲:穂口雄右
    • 後に「つばさ」のB面としてリカットされた。

Disk 3 / Side-B編集

  1. さよならキャンディーズ
    • 作詞:松兼功、作曲・編曲:渡辺茂樹、歌唱:MMP
  2. STOP!
  3. いけない人
    • 作詞:田中好子、作曲:田中好子・渡辺茂樹、編曲:渡辺茂樹
  4. へそ曲がり
    • 作詞:伊藤蘭、作曲:伊藤蘭・渡辺茂樹、編曲:渡辺茂樹
  5. SEXY
    • 作詞:藤村美樹、作曲:藤村美樹・渡辺直樹、編曲:渡辺直樹
  6. 土曜日の夜
    • 作詞:田中好子、作曲:田中好子・西慎嗣、編曲:穂口雄右
  • M-2〜6はラスト・アルバム『早春譜』(1978.3.21)から外れた作品である。
  • 特記以外の作詞・作曲編曲者はリンク先を参照されたい。

※ LP盤・音楽テープではMCはクレジット(カウント)されていなかったが、CD化の際には独立してカウントされている。

キャンディーズ・タイムカプセル盤編集

Disc 1編集

  1. OPEN SESAME
  2. JUPITER
  3. DO IT (USE YOUR MIND)
  4. PLAY THAT FUNKY MUSIC
  5. FANTASY
  6. GOING IN CIRCLES
  7. ラン・スー・ミキ
  8. キャンディーズ
  9. 恋のあやつり人形
  10. ハート泥棒
  11. キャンディ・ツイスト
  12. IT'S VAIN TRY TO LOVE YOU AGAIN
  13. 買い物ブギ
  14. アンティック ドール
  15. 午前零時の湘南道路

Disc 2編集

  1. さようならの言葉
  2. SUPER CANDIES
  3. ハートのエースが出てこない
  4. その気にさせないで
  5. 危い土曜日
  6. アン・ドゥ・トロワ
  7. わな
  8. 哀愁のシンフォニー
  9. 悲しきためいき
  10. 微笑がえし
  11. 年下の男の子
  12. 春一番
  13. ダンシィング・ジャンピング・ラブ
  14. つばさ

Disc 3編集

  1. 微笑がえし(シングル・ヴァージョン)
  2. インスピレーション・ゲーム
  3. 100%ピュア・レディ
  4. わな(シングル・ヴァージョン)
  5. かーてん・こーる
  6. グッド・バイ・タイムス
  7. さよならキャンディーズ
  8. STOP!
  9. いけない人
  10. へそ曲がり
  11. SEXY
  12. 土曜日の夜
  13. かーてん・こーる(ミュージック・テープ・ミックス)ボーナス・トラック、初CD化。アウトロフェード・アウトでなくカット・アウト(ブツ切り)である)
  14. わな(オリジナル・カラオケ/メロディー&コーラス入り)(ボーナス・トラック、初CD化)
  15. わな(オリジナル・カラオケ/純カラオケ)(ボーナス・トラック、初CD化)
  16. 微笑がえし(オリジナル・カラオケ/メロディー&コーラス入り)(ボーナス・トラック、初CD化)
  17. 微笑がえし(オリジナル・カラオケ/コーラス入り)(ボーナス・トラック)
  18. 微笑がえし(オリジナル・カラオケ/純カラオケ)(ボーナス・トラック、初CD化)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 同日に『Good-by Cynthia』と『伝説から神話へ -BUDOKAN…AT LAST-』もCD化された。
  2. ^ この日は公演終了後、広島ナタリーに移動して『ザ・ベストテン』の生放送に中継出演し、ナタリー号の船上から「微笑がえし」を歌唱した。