クリスマスマーケット

フランストゥールーズでのクリスマスマーケット
ドイツドレスデンでのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットは、ドイツオーストリアの都市の広場で行われるイベント。ドイツ圏ではほぼ全ての都市、小都市で行われる。夜が長く天気の悪い冬のドイツの呼び物として定着している。さらにはヨーロッパ全体、世界中の多数の国にも広まり、開催されている。通常、期間はアドベント(降臨節、待降節)の4週間である[1]

ドイツ語では、Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)と言うが、日本においては親しみやすい英語の「クリスマスマーケット」がよく用いられる。

大きなクリスマスマーケットでは、広場の中心に巨大なクリスマスピラミッドが設置され、この周囲でホットワインホットチョコレートが売られる。 その周囲には日本の縁日のように、広場や通りに出店が並び、簡単な食事や土産物が売られる。中には台所用品など実用品も売る店もある。出店は日本のそれよりもずっと大きく、木造の家屋のような作りになっている。メリーゴーランド観覧車なども設置される。ドイツの冬場は高緯度であることから、夜が長く天気が悪いので、華やかなライトアップがほどこされる。

起源編集

クリスマスマーケットは、ドイツやオーストリアが発祥である。1393年フランクフルトアムマインにて開催のものが最古と証明されている[2]

のちにはドイツ系の移民たちがこの習慣を、イギリスアメリカ合衆国へもたらした。

国内の主なクリスマスマーケット編集

 
博多駅前のクリスマスマーケット

ギャラリー編集

関連作品編集

  • 見市知 著 『ドイツ クリスマスマーケットめぐり (私のとっておき)』 産業編集センター、2012年、ISBN 978-4-863-11076-2
  • 沖島博美 著 『ドイツクリスマスマーケット案内』 河出書房新社、2015年、ISBN 978-4-309-22641-5

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アドヴェントとはドイツ外務省 2020年2月22日閲覧
  2. ^ ドイツのクリスマス・マーケットドイツ外務省 2020年2月22日閲覧
  3. ^ アスパムで12月に初のクリスマスイベント by 陸奥新報” (日本語). www.mutusinpou.co.jp. 2018年10月17日閲覧。

関連項目編集