メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

グラスホッパー』 (GRASSHOPPER) は、伊坂幸太郎による日本小説、及びそれを原作としたメディアミックス作品。

グラスホッパー
GRASSHOPPER
著者 伊坂幸太郎
発行日 2004年7月30日
発行元 角川書店
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 322
コード ISBN 978-4-04-873547-6(単行本)
ISBN 978-4-04-384901-7(文庫)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

2004年に角川書店から出版され、著者伊坂が「今まで書いた小説のなかで一番達成感があった」と語っている。サスペンスコメディオフビートなど分類不能の要素を含み、ストーリーは鈴木・鯨・蝉の3人の登場人物が代わる代わる語り手を務めている。第132回直木三十五賞候補作となった。

2008年に井田ヒロトによる作画で漫画化され、『コミックチャージ』(角川書店)で連載された。2015年に映画が公開された。

あらすじ編集

妻を轢き逃げした男、寺原に復讐するために職を辞し、裏社会で寺原の父親が経営する会社「フロイライン」に入社した鈴木。フロイラインの幹部である比与子に命令されカップルを殺害しようとする。ところが、寺原の息子は自分の目の前で車に轢かれてしまった。業界には「押し屋」と呼ばれる殺し屋がいるという。

命じられるままに押し屋を追った鈴木だが、待っていたのは妻と幼い息子のいる家庭だった。温かい家族に戸惑う鈴木だが、会社からは息子の敵を討たんとする電話がかかってくる。

一方、自殺専門の殺し屋・はあるホテルで政治家の秘書を自殺させるときに、殺し屋の犯行を目撃する。鯨は殺し屋に仕事を先取りされたという過去を清算するために、殺し屋を殺害して殺し屋家業から足を洗おうと考える。

また、ナイフ使いの若者、は岩西という男の元で殺し屋をしており、一家を殺害させる。その家でガブリエル・カッソの「抑圧」を見て、主人公で新聞屋の店主に束縛されている青年に同情と嫌悪感を抱く。

鈴木は自分が家庭教師だという嘘をつき、殺し屋一家に近づこうとする。一家の長のような槿(「むくげ」ではなく「あさがお」と読む)に怪しまれながらも、一家と距離が縮まっていく。

鯨は政治家の梶に依頼されホテルに向かい、梶と会うが、梶は慌てた様子をする。鯨は梶が別の殺し屋を雇い、自分を殺害する計画をねっていた事に感づき、梶を自殺に追い込む。

蝉は岩西から言われた仕事に向かおうとするが、ビル街の外れで、二人の男が一人の男をリンチしているところを目撃する。二人の男が話している内容から寺原関係だと分かり、2人に興味を持つ。2人の外見に「柴」と「土佐」とあだ名をつける。土佐がナイフを持って襲いかかって来るが、蝉は返り討ちにした後、仕事のことを思い出しまた場所に急ぐ。

鈴木は槿の子供とサッカーをし、子供の心に帰る。そこで子供に「バカジャナイノー」と言われ、鈴木も真似して「バカジャナイノー」と言ってみる。

鯨は梶が1度反抗しようとするが、いつもの様に梶を死にたがらせる。

蝉は仕事場所のタワーホテルに入るが、依頼者の梶が首を吊っているのを見る。自分が仕事に遅れたから家事は気を落として自殺したのかと考える。

鈴木は槿の家に向かうと、遅い昼食であるパスタを食べる。その後、槿に仕事を聞くが、槿はエンジニアだと答える。そして、槿はバッタが集まると凶暴化するという話をし、人間も同じだと言う。

鯨は公園に戻ると、ホームレスの田中から「過去を清算する方法」を教える。そして、未来は「神様のレシピ」というものに全て書かれており、どう抗っても無駄だと説明する。

蝉は仕事の失敗を岩西にどう説明しようかと考えながら商店街を歩いていると、ポルの写真集店を営む桃に出会う。蝉は桃から寺原の息子が殺害されたという話を聞き、フロイラインの一人の社員が押し屋の居場所をつきとめた(鈴木のこと)というの聞き、殺し屋を殺害することで岩西からの独立を図る。

鈴木は比与子からの電話で、寺原の息子が息を吹き返したという連絡を受ける。

一方、鯨は岩西の事務所に行き、岩西を自殺させる。しかし、突然電話がかかり、岩西は電話を摂る。

蝉は桃から社員(鈴木)が連れていかれるビルを聞き出し、車を盗んで行こうとすると、信号が赤になり、岩西に電話をかける。すると、岩西が「がんばれよ、蝉。」と言って、電話が切れた。

鈴木は槿の家から比与子のところへと向かう。鈴木は喫茶店に行き、比与子と出会う。そして、鈴木は比与子に薬を忍ばせないために、比与子が着く前に水を飲んだ。そして、比与子が着いたあと改めて押し屋のことを尋ねられるが、何も言わないようにする。しかし、突然眠気が鈴木を襲いかかり、疑問を持った後、この店ごと寺原の仲間であることを悟り、自分が馬鹿であると思い、眠った。

 意識が覚めると、拘束され、比与子と見知らぬ二人の男がいることに気づく、そして、自分が運ばれていることを知り、廃ビルの中に入って拷問されると言われ、一人の短髪の男が金槌を振る。

岩西は電話が終わり、鯨に蝉のことを伝え、「戦ってほしい」と伝えると、ビルから飛び降りた。そして、事務所のビルから出ると、蝉を目撃する。

蝉は車を走らせて、桃から聞いたビルを発見する。人がいる階に上がると、部屋に入る。男達と女を見つけ、(鈴木と拷問する男達、比与子のこと)女を殴ると男の一人も同じように殴る。もう1人が襲ってくるところで、二人の男が柴と土佐(梶の仕事に行く途中に会った二人)ということに気づく。

登場人物編集

鈴木(すずき)
27歳の元中学校教師。二年前、妻がひき逃げに遭って亡くなるまでは平凡な生活を送っていた。犯人に復讐するため職を変え、その父親の経営する会社「フロイライン」に入社する。
鯨(くじら)
自殺専門の殺し屋。「鯨」の名に相応しく大柄な体格で、彫の深い陰鬱な目をしている。彼と対面した人間はなぜか死にたくなるという。愛読書はドストエフスキーの『罪と罰』で、それ以外は読んだことがない。自殺させた人間が幻覚のように現れ話しかけてくるため、現実が曖昧になりつつある。新宿区内の公園でホームレス生活をしており、田中というホームレスの男から、過去の清算で悩みから解放されると告げられる。
蝉(せみ)
ナイフを巧みに扱う殺し屋。ナイフの扱いだけでなく格闘術にも優れる。岩西という仲介業者と2人で仕事を受けている。痩身で猫のように機敏な茶髪の青年。哲学的死生観を持ち、口が悪く蝉のように喧しい。政治家筋から鯨の殺害を依頼されるが仕事に失敗し、その後押し屋を追うことになる。殺しの実行役だが依頼内容について知ることはなく、殺害現場で観たガブリエル・カッソの「抑圧」という映画の主人公に自らを重ね、苦悩する。
鈴木の妻
寺原の息子の運転する車に轢き逃げされ死亡する。鈴木とはホテルのバイキングで出会った。明朗な性格で、口癖は「やるしかないじゃない」。
比与子(ひよこ)
非合法的仕事を好むフロイラインの幹部。契約社員として採用された鈴木の教育係で、鈴木の身元を調べ真意を試そうとする。鈴木と同じ歳の女性。短い茶髪に一重瞼で赤い唇。
寺原(てらはら)
フロイライン社長。違法な薬物の売買や臓器売買にも携わっているとされる。社名はドイツ語の「令嬢」を意味し、裏の業界内でも名が通っている。
寺原の長男
遊びで何人もの人間を死に至らしめたことさえある道楽息子。鈴木の妻もその一人で、犯した全ての事件を父親の力でねじ伏せてきた。
岩西(いわにし)
蝉の上司。殺し屋を斡旋する仲介業を営み、依頼人との交渉や身辺調査などの仕事をしている。痩せたカマキリのような男。何を考えているか分からないが、伝説のミュージシャン、ジャック・クリスピンに心酔しており、いつも引用するほど彼の言いたいことは全てその歌詞にある。ただしジャック・クリスピンの存在は非常に曖昧。
梶(かじ)
衆議院議員。自らの不祥事の後始末のため鯨に依頼を出すが、小心者で鯨の裏切りに怯え、岩西に殺害を依頼する。
槿(あさがお)
押し屋と思われる男。妻と2人の息子がおり、システムエンジニアを名乗る。
すみれ
槿の妻を名乗る女性。
田中(たなか)
鯨が暮らす公園のホームレスの一人。元はカウンセラーをしていたらしい片足の悪い男。鯨に幻覚について語り、解放されるにはやり残した仕事を清算することだと説く。
桃(もも)
ポルノ雑誌店の店主。肥満体形に年中下着のような服を着ているが、いやらしさのない年齢不詳の女性。店は裏の業界人がよく出入りする情報交換の場となっている。
スズメバチ
毒殺専門の殺し屋。

書籍情報編集

小説
漫画
  1. 2008年10月、角川書店、ISBN 9784047250499
  2. 2009年3月、角川書店、ISBN 9784047250635
  3. 2009年6月、角川書店、ISBN 9784047250666

参考編集

  • 同著者の作品『魔王』と本作『グラスホッパー』を再構築した漫画シリーズ、『魔王 JUVENILE REMIX』が出版されており、漫画家大須賀めぐみによって文庫本『グラスホッパー』の表紙が描かれた。

映画編集

グラスホッパー
監督 瀧本智行
脚本 青島武
原作 伊坂幸太郎「グラスホッパー」
製作 水上繁雄
杉崎隆行
椿宜和
出演者 生田斗真
浅野忠信
山田涼介
波瑠
麻生久美子
菜々緒
吉岡秀隆
村上淳
宇崎竜童
石橋蓮司
金児憲史
佐津川愛美
山崎ハコ
音楽 稲本響
主題歌 YUKI「tonight」
撮影 阪本善尚
編集 高橋信之
制作会社 角川大映スタジオ
製作会社 「グラスホッパー」製作委員会
配給 KADOKAWA
松竹
公開   2015年11月7日
上映時間 119分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 10.2億円[1]
テンプレートを表示

映画化作品が2015年11月7日に公開された。監督は瀧本智行。主演は生田斗真[2]

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

受賞編集

脚注編集

  1. ^ キネマ旬報』2017年11月上旬特別号、149頁。「2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟」に「10.0億」とあるのは2016年1月時点の途中成績のため。
  2. ^ 生田斗真×伊坂幸太郎『グラスホッパー』公開日が11月7日に決定!”. シネマトゥデイ (2015年3月6日). 2015年3月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 波瑠「グラスホッパー」で生田斗真の恋人に 麻生久美子、菜々緒らも出演”. 映画.com (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  4. ^ 生田斗真主演『グラスホッパー』YUKIが主題歌を描き下ろし!”. シネマトゥデイ (2015年9月2日). 2015年9月4日閲覧。
  5. ^ 「グラスホッパー」挿入歌はジョンスペ、架空のアーティストのため楽曲書き下ろす”. 映画ナタリー (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。
  6. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。

外部リンク編集