サブサハラアフリカ

国際連合の定義によるサブサハラ[1]
  サブサハラのうち北アフリカ。
  サブサハラのうち北アフリカ以外。

サブサハラアフリカSub-Saharan Africa)は、アフリカアフリカ大陸に限られず島嶼を含む)のうち、サハラ砂漠より南の地域。言い換えると、アフリカのうち北アフリカ以外。ただし国際連合の定義では、北アフリカとも一部重複する。略してサブサハラ、訳してサハラ以南のアフリカともいう。

目次

地理編集

北縁をサハラ砂漠で限られ、東西南の3方で大西洋インド洋に面す。

気候・植生編集

 
アフリカの気候帯

気候・植生は、赤道直下に熱帯雨林が位置し、南北に向かって乾燥化する。おおよそ北から、次のような地帯が分布する。

生物地理編集

動物地理区ではエチオピア区に相当する。ただしエチオピア区はアラビア半島にまで広がる。

住民編集

人口編集

人口8億5632万7157人 (2010)[2]。アフリカ全人口の83.8%である。

言語編集

サブサハラの言語を語族で分類すると、以下のようになる。

サブサハラに話者数が多い言語はなく(ハウサ語で2400万母語話者)、話者数が少ない小規模な言語が多数分布する。そのため多くの国では、全土で通用する単一の民族言語が存在せず、旧宗主国の言語が共通語になっており、高等教育ビジネスマスメディアなどで主に使われる。サブサハラの多くの国は、複数の民族言語と、宗主国の言語、場合によっては加えてスワヒリ語など民族言語系の共通語が話される、多言語社会である。このことは、北アフリカの多くの国がアラビア語のほぼ単一言語社会であるのとは対照的である。

宗教編集

 
アフリカの宗教。

主にキリスト教が信仰され、主にイスラム教が信仰される北アフリカと対照的である。

若干のイスラム教や、アニミズムなどの伝統宗教も信仰される。

人種編集

ほぼ全域でネグロイド(黒人)が多数派であり、そのためブラックアフリカとも呼ばれる。ただし、マダガスカルにはモンゴロイド南部アフリカナミビアなどにはカポイド南アフリカ共和国にはコーカソイドも住む。

国々編集

出典編集