シャディ・エルナハス

シャディ・エル・ナハス(Shady El Nahas 1998年3月27日- )はカナダ柔道選手。エジプトアレクサンドリア出身。階級は100㎏級。身長192㎝。得意技は大腰内股。兄のモハブも90㎏級で活躍している[1][2][3]

獲得メダル
カナダの旗 カナダ
柔道
グランドスラム
2018 大阪 100kg級
2019 エカテリンブルグ 100kg級

人物編集

幼少の時に柔道の元アフリカチャンピオンであるいとこのユセフ一家とともにエジプトからカナダへ移住した。柔道は9歳の時に学校でのいじめから身を守るために始めた[3]。一方で、兄の影響で肥満児だった5歳の時に痩せるために始めたとも語っている[2]。2015年にはエジプト代表としてアフリカカデ選手権の90㎏級で優勝した[2]。その後はカナダ代表になると、2017年からベルギー国際100㎏級で2年連続して3位になった[2]。2018年のパンナムオープン・サントドミンゴで世界ランキング対象大会において初優勝を果たすも、世界ジュニアでは5位にとどまった[2]グランドスラム・大阪では伏兵ながら準決勝で飯田健太郎を合技で破るも、決勝では元世界チャンピオンのウルフ・アロンに合技で敗れたが2位になった。2019年のグランドスラム・エカテリンブルグで3位になると、パンナム選手権では優勝した[2]。カナダで初開催となったIJFワールド柔道ツアーグランプリ・モントリオールでは準々決勝で元世界チャンピオンの羽賀龍之介に反則勝ちするなどして決勝まで進むが、エジプトのラマダン・ダルヴィッシュに一本負けして2位にとどまった[1][4]グランプリ・ザグレブでIJFワールド柔道ツアーの初優勝を飾った[5]

IJF世界ランキングは3308ポイント獲得で6位(21/5/24現在)[6]

主な戦績編集

(出典[1][2])。

脚注編集

外部リンク編集