メインメニューを開く

ショファイユの幼きイエズス修道会

ショファイユの幼きイエズス修道会(略語、EJ)は、カトリック教会の女子修道会

1859年、レーヌ・アンティエによってフランスのショファイユで創立されて、フランスを中心にカナダチャドドミニカ共和国等世界各国で福祉、教育で活動している。

目次

日本での活躍編集

1877年ベルナール・プティジャン司教の招聘によって4名の修道女が来日し、神戸京都大阪長崎熊本の各都市を拠点にして、主に女性の教育、孤児や老人、ハンセン病患者の世話に従事してきた。第二次世界大戦、長崎の原爆の戦災で邦人修道女らが犠牲になった。現在、宝塚市仁川を拠点に、上記各都市のほか東京和歌山久留米鹿児島県奄美大島を含む)、沖縄県、さらに海外ではカンボジアに会員を派遣し、女子教育や幼児教育(幼稚園)、福祉などで活躍をしている。

教育編集

福祉編集

関連項目編集

外部リンク編集