ショファイユの幼きイエズス修道会

ショファイユの幼きイエズス修道会(略語、EJ)は、カトリック教会の女子修道会

1859年、レーヌ・アンティエによってフランスブルゴーニュ地域圏ソーヌ=エ=ロワール県ショファイユで創立されて、フランスを中心にカナダ日本ドミニカ共和国チャド共和国カンボジア王国ハイチ共和国など世界各国で福祉、教育で活動している。

日本での活躍編集

1877年ベルナール・プティジャン司教の招聘によって4名の修道女が来日し、神戸京都大阪長崎熊本の各都市を拠点にして、主に女性の教育、孤児や老人、ハンセン病患者の世話に従事してきた。第二次世界大戦、長崎の原爆の戦災で邦人修道女らが犠牲になった。現在、兵庫県宝塚市仁川を拠点に、上記各都市のほか東京和歌山久留米鹿児島県奄美大島を含む)、沖縄県、さらに海外ではカンボジアシェムリアップやカンポートに会員を派遣し、女子教育や幼児教育(幼稚園)、福祉などで活躍をしている。

教育編集

福祉編集

逸話編集

  • 大浦天主堂での「隠れキリシタンの発見」(信徒発見)の歴史的瞬間に立ち会ったことで有名なベルナール・プティジャン司教は、ショファイユの幼きイエズス修道会の創立時期の1858年から1859年まで、フランス・ショファイユの修道院付司祭であった。その後も、創立者レーヌ・アンティエと修道会との関わりを持ち続けた。
  • 大阪信愛女子短期大学(現在の大阪信愛学院短期大学)が開学した1959年はショファイユの幼きイエズス修道会の創立100周年にあたる。

参考文献編集

  • 幼きイエズス修道会日本管区本部編『レーヌとその王国』幼きイエズス修道会管区本部、1970年、185頁。
  • 大阪信愛女学院『90年史 1884〜1974』大阪信愛女学院、1974年、188頁。
  • 幼きイエズス修道会日本管区編『途杖100年』幼きイエズス修道会日本管区、1977年。
  • 『レーヌ・アンティエ ショファイユの幼きイエズス修道会創立者』ショファイユの幼きイエズス修道会、1983年、72頁。(駒沢喜代美 シナリオ/作画 アンドレ・バール マリー・ジョゼフ・デノワイエ資料提供 安田久雄大阪大司教認可)
  • 村田初子『選びの器 : ショファイユの幼きイエズス修道会創立者レーヌ・アンティエ小伝』幼きイエズス修道会、1983年、108頁。
  • 大阪信愛女学院『信愛百年 遙かなる光への道 1884〜1984』大阪信愛女学院、1984年、208頁。
  • 久留米信愛女学院『25年の歩み』久留米信愛女学院、1984年、111頁。
  • 熊本信愛女学院『100年のあゆみ』熊本信愛女学院、2000年、293頁。
  • 学校法人久留米信愛女学院『学校法人久留米信愛女学院創立50周年記念誌』学校法人久留米信愛女学院、2010年、167頁。
  • 村田初子『無償の愛に生きて 130年前のシスタ-の挑戦』講談社、2010年、205頁。
  • 令和2年10月末申請の大学等の設置認可の諮問について』文部科学省(平成2年12月12日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集