シルベスター&トゥイーティー ミステリー

シルベスター&トゥイーティー ミステリー』(The Sylvester and Tweety Mysteries)は、アメリカ合衆国のテレビアニメで、ルーニー・テューンズのスピンオフのひとつにあたる。1995年9月9日[1]から2002年12月18日までKids' WBで放送され、のちにカートゥーン ネットワークで再放送された。日本では1998年12月18日からカートゥーン ネットワークで放送。全34話[2]

概要編集

世界的に有名な名探偵グラニーのペットにして実働チームであるシルベスター、トゥイーティー&ヘクターの活躍を描いたギャグアニメ。

登場人物編集

シルベスター
- ジョー・アラスキー / 日本語版 - 江原正士
グラニーのペットであるネコ。トゥイーティーを食べようとするが、いつも失敗ばかり。またドジで憎めないため、毎回ひどい目にあう。
最終回ではトゥイーティーを食べる夢からさめる結末を迎える[3]。なお、この最終回はKids' WBでは放送されず、カートゥーン ネットワークで放送された[3]
トゥイーティー
声 - ジョー・アラスキー / こおろぎさとみ
グラニーのペットであるカナリヤ。シルベスターに狙われていても、すぐ逃げ出す。大人顔負けの頭脳を持ち、ほとんどの回で事件の解決策を見つけるのは彼であることが多い。
定番の「見た見た猫たん」という口癖は今回ではあまり言わない。
ヘクター
声 - フランク・ウェルカー / 松尾銀三
グラニーのペットである犬。トゥイーティーとは親友かつボディーガードのような関係で、彼をシルベスターから守るようにしつけられており、シルベスターにとっては天敵。
特に理由もなくシルベスターをいじめることもあるが、それがグラニーに見つかって今度は自分が怒られてしまったりもする。言葉はほとんど話さないが、表情は豊か。また話によっては出ないこともある。
グラニー
声 - ジューン・フォーレイ / 京田尚子
世界的に有名な名探偵である老婆。ただし、自らは動くことはなく、実際の事件解決はペットである上記3匹が行うことがほとんどである。本名はエマ。
ナレーション
声 - 梅津秀行
文字を読むだけの日本語オリジナルナレーター。また、喋らないキャラクターの通訳を行うことも。

ゲスト編集

ヨセミテ・サム
声 - ジム・カミングスモーリス・ラマーシュ / 郷里大輔
本家同様、間を伸ばした喋り方をする。
ヒュービー&バート
声 - ジム・カミングス&ジェフ・ベネット / 梅津秀行
ネズミのコンビ。ヒュービーはバートを「ポイット」と呼ぶことが多い。
ペペ・ル・ピュー
声 - ジェフ・ベネット / 中村秀利
スカンク。背中に白いペンキを塗ったシルベスターを雌スカンクと誤解することがある。
サム・ファッド
声 - グレッグ・バルソン / 長島雄一
名前と外見、さらに声口調までエルマー・ファッドに似ているが、性格は少々冷酷。

その他日本語版出演者編集

青山穣(#24)
麻生智久(#2)
安達忍(#11)
荒川太郎(#26)
有本欽隆(#23)
磯辺万沙子(#14)
岩崎ひろし(#15)
梅田貴公美(#18)
大塚芳忠(#10/#11/#12)
緒方賢一(#6/#7/#8/#9)
小形満(#3/#8/#9/#13/#16/#30/#31)
岡野浩介(#16/#22)
岡本章子(#19/#24/#26/#27)
落合弘治(#29)
落合るみ(#1/#2)
小野美幸(#1)
樫井笙人(#14)
川中子雅人(#24)
喜田あゆみ(#29)
玄田哲章(#32)
小桜エツ子(#10/#11/#12)
小島敏彦(#3/#13)
定岡小百合(#3/#6/#7)
佐藤美智子(#18/#23)
塩屋浩三(#6/#7/#20/#28/#30)
島香裕(#10/#11/#12)
鈴木勝美(#4/#5/#16/#17/#25/#28/#29/#32)
龍田直樹(#26)
田原アルノ:スモーキー、スタンレー(#27)
種田文子(#32)
茶風林:コット、プジェリー 他(#19)
辻親八(#32)
納谷六朗(#16)
西川幾雄(#22)
速見圭(#9/#16/#17/#25)
坂東尚樹(#23)
藤本譲(#3/#13/#24)
宝亀克寿(#27)
星野充昭(#4/#5/#18/#30/#31)
堀越真己(#4/#15)
増岡弘(#22)
松尾貴司(#6/#7)
真殿光昭(#18)
水野龍司(#21)
峰恵研(#4/#5)
麦人(#18)
山川亜矢(#21)※山川亜弥のクレジット誤表記の可能性あり
雪乃五月(#9/#22)

スタッフ編集

日本語版制作スタッフ編集

各話リスト編集

話数
(日本)
邦題 原題 放送日
(日本)[4]
1
(S1)
失われたブラーネー石 A Chip Off the Old Castle 1998年
12月18日
2 プラチナのルーレットを追え Platinum Wheel of Fortune 12月26日
3 終わりなき牛追い Bull Running on Empty 12月27日
4 知り過ぎたネコ The Cat Who Knew Too Much 1999年
1月2日
5 オージー・ウール怪事件 Outback Down Under 1月3日
6 ギョギョッ 巨大魚誘拐 Something Fishy Around Here 1月9日
7 犯罪への切符 A Ticket to Crime 1月10日
8 本物はどっちだ? Double Take 1月16日
9 危険なビンゴ大会 B2 or not B2 1月17日
10 チェックなチェックなチェックな世界 It's a Plaid, Plaid, Plaid, Plaid World 1月23日
11 マルタのカナリア The Maltese Canary 1月24日
12 いちじく千金 Go Fig 1月30日
13 クリスマス前夜のなくし物 It Happened One Night Before Christmas 1998年
12月20日
14
(S2)
宇宙からの訪問者/失われた秋の色 Spaced Out/Autumn's Leaving 1999年
6月3日
15 映画祭の怪事件/ヨーデル・リコール Catch as Catch Cannes/Yodel Recall 6月
16 乗るか反るかのポルカ大会/オリエント急行失踪事件 Don't Polka Me/The Granny Vanishes 6月
17 ナイルののろい/ハワイ33と3分の1 Curse of De Nile/Hawaii 33-1/3 6月
18 空の恐怖/オランダ紀行 The Scare Up There/If It's Wednesday, This Must Be Holland 6月
19 神々はいつもガミガミ/ロンドン・ミステリーツアー Keep Your Pantheon/London Broiled 6月
20 ひっくりカエル声の謎/犬ぞりさわぎ One Froggy Throat/Mush Ado About Nothing 6月
21 どこもかしこもリンカーン/カエルの帰る日 They Call Me Mister Lincoln/Froggone It 6月
22
(S3)
ボンベイのスター/感謝祭のハプニング The Star of Bombay/Happy Pranksgiving 6月
23 パリはにおっているか/伯爵の悩み Is Paris Stinking?/Fangs for the Memories 6月
24 モスクワ・サイド・ストーリー/フェアはフェアーに Moscow Side Story/Fair's Fair 6月
25 墓場のアミーゴス/コンドルは逃げていく El dia de los pussygatos/3 Days & 2 Nights of the Condor 6月
26 終わりよければすべてワン!/さまよえるグラニー Yelp/Jeepers Creepers 6月
27 ノミのみぞ知る/ナイナイ・ナイアガラ Fleas Release Me/Niagara's Fallen 6月
28 過去を取り戻せ/そしてカナリヤはいなくなった The Fountain of Funk/Yes, We Have No Canaries 6月
29 とりつかれたホワイトハウス/ファーゴでニャーゴ Spooker of the House/Furgo 6月
30 カメに習えば/プロレス・ラプソディ The Shell Game/Rasslin' Rhapsody 6月
31 氷上の大乱闘/ネコ成金 Ice Cat-Pades/To Catch a Puddy 6月
32 ミステリーサークルの謎/海底庭園の危機 Family Circles/Sea You Later 6月
33 レッド・ニシンを探せ/エリア52の秘密 A Case of Red Herring/Roswell That Ends Well 6月
34 良い甥の見つけ方/幻覚の限界 A Good Nephew is Hard to Find/Mirage Sale 6月24日
35
(S4)
- The Stilted Perch / A Game of Cat and Monster! -
36 - You're Thor!? / I Gopher You -
37 - Hold the Lyin' King, Please / Suite Mystery of Wife - At Last I Found You... -
38 - The San Francisco Beat / The Triangle of Terror -
39 - Casino Evil / Happy Bathday to You -
40 - The Rotha-Khan / Good Bird Hunting -
41 - Feather Christmas / A Fist Full of Lutefisk -
42 - Venice, Anyone? / The Fifty Karat Furball -
43 - Son of Roswell That Ends Well / A Mynah Problem -
44 - Whatever Happened to Shorty Twang / A Big Knight Out -
45 - Brussels Sprouts / The Golden Bird of Shangri-Claw -
46 - When Granny Ruled the Earth / Dutch Tweet -
47 - Bayou on The Half Shell / Seeing Double -
48
(S5)
- This is The Kitty / Eye For An Aye Aye -
49 - When Harry Met Salieri / The Early Woim Gets the Boid -
50 - Blackboard Jumble / What's The Frequency, Kitty? -
51 - Dial V for Veterinarian / California's Crusty Bronze -
52 - The Tail End? / This Is the End -

脚注編集

  1. ^ Mendoza, N.F. (1995年10月22日). “WB Raises the Animation Ante”. The Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1995-10-22/news/tv-59667_1_animation-show 2011年3月23日閲覧。 
  2. ^ 日本での話数(S1~S3)。海外ではS4、S5まで続き全52話が放送された。
  3. ^ a b Sylvester & Tweety Mysteries: The Tail End/ This Is the End - TV.com
  4. ^ アニメージュ』2000年3月号(徳間書店、90頁)

外部リンク編集