メインメニューを開く

松尾 銀三(まつお ぎんぞう、1951年12月26日[1] - 2001年8月25日)は、日本男性俳優声優ナレーター銀プロダクション初代社長。以前は劇団櫂青二プロダクションに所属していた。

まつお ぎんぞう
松尾銀三
プロフィール
本名 松尾 広一
(まつお こういち)
出生地 日本の旗日本大分県中津市
生年月日 (1951-12-26) 1951年12月26日
没年月日 (2001-08-25) 2001年8月25日(49歳没)
血液型 O型
身長 163cm
活動
活動期間 1984年[要出典] - 2001年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

大分県中津市出身。本名は松尾 広一(まつお こういち)[1]

来歴・人物編集

立正大学文学部。血液型はO型

人望も厚く、特に若手声優の面倒見が良かったと評判であった。

主に中年男性や老人を多く演じ、シリアスからギャグ、善人から悪人まで多彩なキャラを演じた。『おジャ魔女どれみ』や『忍たま乱太郎』など多くのアニメにも出演した。『デジモンアドベンチャー』などをはじめ、東映が製作した作品に出演することが多かった。

2001年8月25日、急性クモ膜下出血に倒れ急逝。49歳没。松尾自身が代表を務める事務所や劇団の運営、更に外部への客演、アフレコなどを含め、寝る間も無く働き詰めだったのが寿命を縮めた原因とされる。『犬夜叉』の放映中に訃報のテロップが流れた。

2001年夏、東映アニメフェアで上映された『デジモンテイマーズ』と『キン肉マンII世』が両方事実上最後の作品となった。なお、『も〜っと! おジャ魔女どれみ』で持ち役だったオヤジーデは、ラスト出演となった第30話(2001年9月2日 放送)の後『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』第1話(2002年2月3日 放送)で金光宣明出演で復活するまで登場しなくなった。

後任編集

松尾の没後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ編集

舞台編集

  • 三軒茶屋物語
  • ひまわり繁盛記
  • 開け!!ゴマ
  • 世田谷線物語

テレビアニメ編集

1987年

  • エスパー魔美(古本屋、国語の先生、老人、応援団幹部A、刑事B、アナウンサー、老人ランナー、先生、作業員、客、男、パパの同窓生C、警官B、宇野目、小杉亮太、魔美の祖父、記者、漫才師A、ソバ屋、魚源)
  • ゲゲゲの鬼太郎(第3作)(工場長)
  • シティーハンター(1987年 - 1988年、工藤、看守、客B、魚屋、執事、社長、中国人、長老A、ラーメン屋)
  • ビックリマン(魔井DO、IDO弁慶、地念魔、魔縮小)

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

  • スクライドビフ〈初代〉、P.P.)
  • 超GALS!寿蘭寿泰三〈初代〉)
  • も〜っと!おジャ魔女どれみ(アレクサンドル・T・オヤジーデ

劇場アニメ編集

1989年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

2000年

2001年

OVA編集

1988年

1990年

1991年

1993年

1994年

1998年

1999年

2000年

ゲーム編集

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

CD編集

吹き替え編集

映画編集

アニメ編集

その他編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『声優名鑑』、631頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ 緊急発進セイバーキッズ”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  3. ^ キューティーハニーF”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。

関連項目編集