メインメニューを開く

シンコウウインディとは日本競走馬種牡馬である。第14回フェブラリーステークスの優勝馬。主戦騎手岡部幸雄

シンコウウインディ[1]
欧字表記 Shinko Windy[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 栗毛[1]
生誕 1993年4月14日(26歳)[1]
登録日 1995年11月16日
抹消日 1999年10月20日
デュラブ[1]
ローズコマンダー[1]
母の父 ダストコマンダー[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産 酒井源市[1]
馬主 安田修[1]
調教師 田中清隆美浦[1]
競走成績
生涯成績 中央競馬13戦5勝
地方競馬4戦0勝
[1]
獲得賞金 2億2744万6000円
 
勝ち鞍
GI フェブラリーS 1997年
GIII ユニコーンS 1996年
GIII 平安S 1996年
テンプレートを表示

馬齢は、旧表記(数え年)で統一する。

生い立ち編集

1993年4月14日、ローズコマンダーの12頭目の産駒として誕生。父は新種牡馬のデュラブ。配合については「たまたまデュラブのシンジケートの会員だったから」とのことで深い意図はなかったという。生まれたころから脚長の好馬体だったが、いたずら好きでよく人に噛みつくという気性だった。

牧場で大過なく成長したあと、1994年6月に2歳馬のセリ市に出される。丈夫そうな馬体が評価され、調教師田中清隆の勧めを受けた安田修によって890万円で落札された。

馬名もシンコウウインディと決まり、ノーザンファームに育成に出されることとなった。ここでじっくり乗り込まれたあと、3歳の11月に田中厩舎に入厩。調教でもまずまずの動きを見せ、中堅クラスにはなれると見込まれていた。

戦績編集

4歳編集

1996年1月中山競馬場ダート1800メートルの新馬戦でデビュー。岡部幸雄を背に先行抜け出しの競馬で快勝した。このあとはのレースを3戦使われるも勝ちきれないレースが続く。その次に出走した中山のダートの500万下特別戦を初戦と同じく岡部騎乗で快勝した。ダート適性に確信がついたことから以降はダート戦のみ使われることとなる。

夏は休養に充て、秋初戦となったのは900万下条件戦の館山特別。道中は中団から進み、直線で抜け出したものの、内のダイワオーシャンを噛みつきに行き失速。同馬にクビ差の2着に敗れた。他馬を噛みつきに行って敗れるというのはまさに珍事で、シンコウウインディの名は一躍全国区となり、多数のファンを獲得した。

次走は、当時の4歳ダート三冠路線の1戦目と位置づけられたユニコーンステークス。2戦目以降につなげるためにも、2着以内に入って賞金を積み重ねることを狙いとしていた。 レースはバトルラインから大きく離された2位に入線という結果だったが、同馬の降着により繰り上がりで重賞初制覇を達成した。しかし、二冠を狙った大井スーパーダートダービーは、逃げるサンライフテイオーにまたも噛みつきに行ったため、スピードが鈍り1馬身届かず2着。続く三冠最終戦、盛岡ダービーグランプリでは1番人気に推されるも、勝ったイシノサンデーから5馬身半差と大きく離れた3着に終わる。この当時は、長距離輸送で食欲が落ちるなど神経質な体質だったことも影響していた。

5歳編集

明けて1997年の初戦は、京都競馬場に遠征しての平安ステークス。鞍上は四位洋文に乗り替わっていた。このレースからブリンカーを着用したことで、レースにも集中できるようになった。スタートで少し出遅れたが、直線で外から猛然と追い込み、内で粘るトーヨーシアトルと並んでゴール。結果は1着同着だったものの、体質や気性面に進境を見せ、この年からGIに昇格したフェブラリーステークスに臨んだ。単勝1番人気から4番人気までを同世代の5歳馬が占めるなか、シンコウウインディは6番人気という評価。馬場状態は不良で、泥田のような馬場だった。レースは、中団外めで折り合いを付け、第4コーナーで間隙をついて最内に入ると、粘る1番人気のストーンステッパーとの長い叩き合いとなった。「噛みつきに行くかと思った」という岡部の心配は杞憂に終わり、旺盛な闘争心はレースにのみ向けられ、激しい競り合いをクビ差制した。中央競馬のダートGIの最初の覇者という栄誉を手にし、この時点ではポストホクトベガのダート界を引っ張っていく存在と期待されていた。

フェブラリーステークスのあとはしばらく休養し、アンタレスステークスから始動。負担重量58.5キログラムのトップハンデを課されながら1番人気に推されたが、直線で伸びず、エムアイブランの5着に敗れる。続く帝王賞も勝ったコンサートボーイから大きく離された7着に終わった。レース後ノーザンホースパークに放牧に出されたが、脚部不安が発見されたこともあり、休養は2年の長期に及んだ。

なお、当時のJRA唯一のダートGIを制したにもかかわらず、JRA賞最優秀ダートホースには選出されなかった(同年は該当馬なし)。

7歳編集

1999年安田記念でようやく復帰を果たしたが、芝のGIではいかんせん厳しく、ブービーの13着と大敗。このあとダートで3戦するも入着が精一杯とかつての脚は戻らず、日本テレビ盃で4着となったあとに脚部不安が再発。関係者の協議の結果、引退することが決定した。

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
(kg)
距離(馬場) タイム 着差 勝ち馬/(2着馬)
1996.01.05 東京 新馬 15 3 4 005.4 0(3人) 01着 岡部幸雄 55 ダ1200m(良) 1:13.8 -0.1 (シンキイッテン)
0000.03.03 中京 ふきのとう特別 500 16 4 7 019.7 0(7人) 04着 小林久晃 55 芝1800m(良) 1:51.0 -0.4 ボストンエンペラー
0000.04.27 新潟 こけもも賞 500 10 8 10 004.1 0(3人) 02着 橋本広喜 55 芝2200m(良) 2:16.7 -0.0 ハッピーウッドマン
0000.06.09 東京 ほうせんか賞 500 15 5 8 009.8 0(4人) 04着 橋本広喜 55 芝2000m(良) 2:01.5 -1.3 ビッグバイアモン
0000.06.29 中山 あさがお賞 500 10 4 4 005.6 0(2人) 01着 岡部幸雄 55 ダ1800m(良) 1:53.4 -0.6 (ヘッドライン)
0000.08.31 中山 館山特別 900 16 5 9 001.9 0(1人) 02着 田中勝春 55 ダ1800m(重) 1:52.2 -0.0 ダイワオーシャン
0000.09.28 中山 ユニコーンS GIII 14 1 1 008.1 0(3人) 01着 岡部幸雄 56 ダ1800m(良) 1:52.8 -0.2 (シルクフェニックス)
0000.11.01 大井 Sダートダービー 重賞 14 4 5 0(3人) 02着 岡部幸雄 57 ダ2000m(重) 2:06.0 -0.2 サンライフテイオー
0000.11.23 盛岡 ダービーGP 重賞 12 1 1 0(1人) 03着 田中勝春 56 ダ2000m(良) 2:07.9 -1.0 イシノサンデー
1997.01.06 京都 平安S GIII 16 7 13 017.1 0(3人) 01着 四位洋文 56 ダ1800m(稍) 1:49.9 -0.0 (トーヨーシアトル)
0000.02.16 東京 フェブラリーS GI 16 4 8 011.9 0(6人) 01着 岡部幸雄 56 ダ1600m(不) 1:36.0 -0.0 (ストーンステッパー)
0000.05.03 京都 アンタレスS GIII 16 5 10 002.9 0(1人) 05着 岡部幸雄 58.5 ダ1800m(良) 1:51.3 -0.6 エムアイブラン
0000.06.24 大井 帝王賞 GI 12 6 8 0(2人) 07着 岡部幸雄 57 ダ2000m(良) 2:07.1 -2.2 コンサートボーイ
1999.06.13 東京 安田記念 GI 14 2 2 273.0 (14人) 13着 後藤浩輝 58 芝1600m(良) 1:36.7 -3.4 エアジハード
0000.07.04 阪神 灘S OP 13 4 5 007.8 0(4人) 05着 武幸四郎 59 ダ1800m(稍) 1:50.8 -1.0 マジックゲーム
0000.08.14 新潟 関越S OP 11 5 5 003.5 0(3人) 06着 菊沢隆徳 59 ダ1700m(良) 1:46.1 -0.7 ゲイリーマグナム
0000.09.15 船橋 日本テレビ盃 GIII 13 1 1 0(4人) 04着 岡部幸雄 55 ダ1800m(良) 1:52.3 -0.7 スノーエンデバー

引退後編集

2000年より、門別町のシンコーファームで種牡馬入りした。しかし、2001年にオーナーの安田が経営する会社の経営不振のためにすべての所有馬を手放し、JRAの馬主登録を抹消するといった事態がおこる。種付けしても買取手の見込みがたたないため種付け頭数は激減。2003年以降の種付けはなく、2006年用途変更となって2007年からは日高町ダーレー・ジャパンで試情馬(アテ馬)兼功労馬として暮らしている[4]。試情馬となってからは気性も丸くなり、往年の噛みつきも「甘噛み」程度になったという[4]

産駒は中央競馬では未勝利であり、また牝系にも残っていない[4]

血統表編集

シンコウウインディ血統ノーザンダンサー系/My Babu4×5=9.38% Nasrullah5×5=6.25%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*デュラブ
Doulab
1982 栗毛
父の父
Topsider
1974 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Drumtop Round Table
Zonah
父の母
Passerine
1977 栗毛
Dr. Fager Rough'n Tumble
Aspidistra
Pashamin My Babu
Tir an Oir

ローズコマンダー
1976 鹿毛
*ダストコマンダー
Dust Commander
1967 栗毛
Bold Commander Bold Ruler
High Voltage
Dust Storm Windy City
Challure
母の母
ハマヒリュウ
1972 黒鹿毛
*パーソロン
Partholon
Milesian
Paleo
ディックミドリ トサミドリ
タカフレーム F-No.7-e
母系(F-No.) 7号族(FN:7-e) [§ 3]
5代内の近親交配 My Babu4×5、Nasrullah5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ シンコウウインディ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com シンコウウインディ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ シンコウウインディ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ シンコウウインディ 5代血統表2017年8月30日閲覧。


脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n シンコウウインディ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  2. ^ シンコウウインディの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年8月21日閲覧。
  3. ^ シンコウウインディ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年8月21日閲覧。
  4. ^ a b c 【純情牧場巡り】「かみつき馬」ウインディ穏やかに当て馬で“第三の馬生””. スポーツニッポン. 2019年8月16日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集