メインメニューを開く

ジョー・ビアジーニ

ジョゼフ・カルロ・ビアジーニJoseph Carlo Biagini, 1990年5月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ郡レッドウッドシティ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ所属。愛称はジーニーGenie[1]

ジョー・ビアジーニ
Joe Biagini
トロント・ブルージェイズ #31
Joe Biagini 2016.jpg
2016年8月29日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンマテオ郡レッドウッドシティ
生年月日 (1990-05-29) 1990年5月29日(28歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト26巡目
初出場 2016年4月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとジャイアンツ傘下時代編集

2011年MLBドラフト26巡目(全体807位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、プロ入り。

2012年に傘下のA-級セーラムカイザー・ボルケイノーズ英語版でプロデビュー。A級オーガスタ・グリーンジャケッツ英語版でもプレーし、2球団合計で23試合(先発21試合)に登板して2勝8敗・防御率5.42・99奪三振の成績を残した。

2013年はA級オーガスタでプレーし、20試合(全て先発)に登板して7勝6敗・防御率5.03・79奪三振の成績を残した。

2014年はA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプレーし、23試合(全て先発)に登板して10勝9敗・防御率4.01・103奪三振の成績を残した。

2015年はAA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、23試合(先発22試合)に登板して10勝7敗・防御率2.42・84奪三振の成績を残した。

ブルージェイズ時代編集

2015年12月10日ルール・ファイブ・ドラフトトロント・ブルージェイズから指名され、移籍した[2]

2016年シーズンは開幕25人枠に残り[3]、4月8日のボストン・レッドソックス戦でメジャーデビューを果たした。この試合でメジャー初奪三振をデビッド・オルティーズから記録した[4]。ルーキーイヤーながらチームのリリーフ陣の中心格となり、チーム2位[5]の60試合に登板。防御率3.06・4勝3敗1セーブという成績を記録した。

2017年5月24日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャー初打点を記録した[6]。この年は先発で18試合、リリーフで26試合に登板したが、3勝13敗1セーブ・防御率5.34と振るわなかった。

2018年はブルージェイズが先発5番手としてハイメ・ガルシアと契約したため、オプションでAAA級バッファローで開幕を迎えた[7]。4月17日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦のダブルヘッダーの第2戦で、先発としてメジャーに昇格した[8]。試合後、AAA級バッファローに降格した。メジャーに昇格した後は、ブルージェイズのブルペンに顔を出すことが多かった。レギュラーシーズンでは、50登板(4先発)で72回を投げ、4勝・2敗で防御率は6.00と前年よりさらに悪化した[9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 TOR 60 0 0 0 0 4 3 1 9 .571 295 67.2 69 3 19 1 5 62 3 0 28 23 3.06 1.30
2017 44 18 0 0 0 3 13 1 10 .188 517 119.2 125 15 42 0 2 97 6 0 78 71 5.32 1.40
2018 50 4 0 0 0 4 7 0 5 .364 328 72.0 96 14 24 0 6 53 8 0 50 48 6.00 1.67
MLB:3年 154 22 0 0 0 11 23 2 24 .324 1140 259.1 290 32 85 1 13 212 17 0 156 142 4.93 1.45
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2016 TOR 60 3 11 2 0 .875
2017 44 8 13 2 0 .913
2018 50 1 6 1 0 .875
通算 154 12 30 5 0 .894
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 31(2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Blue Jays Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  2. ^ Gregor Chisholm (2015年12月10日). “Blue Jays take Biagini in Rule 5 Draft” (英語). MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ Shi Davidi (2016年3月30日). “Roberto Osuna named closer as Blue Jays reveal opening day roster” (英語). Sportsnet. 2016年7月25日閲覧。
  4. ^ Ben Nicholson-Smith (2016年4月9日). “Blue Jays Rule 5 pick Biagini has a dry, different sense of humour” (英語). Sportsnet. 2016年7月25日閲覧。
  5. ^ 2016 Toronto Blue Jays Batting, Pitching, & Fielding Statistics - Team Pitching - Baseball-Reference.com (英語) . 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ Morales' 447-foot HR leads Blue Jays to win MLB.com (英語) (2017年5月24日) 2017年5月28日閲覧
  7. ^ Moritz, Amy (2018年4月4日). “Bisons name Joe Biagini their Opening Day starter”. boffalonews.com. 2018年4月25日閲覧。
  8. ^ Jays' Biagini to start Game 2 of doubleheader”. tsn.ca (2018年4月17日). 2018年4月25日閲覧。
  9. ^ Exit Interviews: Blue Jays pitchers assess their own seasons” (2018年10月2日). 2018年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集