メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルマグロ第二姓(母方の)はサンチェスです。

ニコラス・アルマグロ・サンチェスNicolás Almagro Sánchez, 1985年8月21日 - )は、スペインムルシア出身の元男子プロテニス選手。身長183cm、体重81kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。最高ランキングはシングルス9位、ダブルス48位。これまでにATPツアーシングルスで13勝、ダブルス1勝を挙げている。デビスカップスペイン代表としてデビスカップ2008の優勝に貢献。

ニコラス・アルマグロ
Nicolás Almagro
Tennis pictogram.svg
Almagro RG16 (1) (27127316850).jpg
ニコラス・アルマグロ
基本情報
フルネーム Nicolás Almagro Sánchez
愛称 Nico
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・ムルシア
生年月日 (1985-08-21) 1985年8月21日(34歳)
身長 183cm
体重 81kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
引退年 2019年
ツアー通算 14勝
シングルス 13勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 474勝398敗
シングルス 397勝278敗
ダブルス 77勝120敗
生涯獲得賞金 10,751,807 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2013)
全仏 ベスト8(2008・10・12)
全英 3回戦(2009・11-13)
全米 4回戦(2012)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2008)
全仏 3回戦(2010)
全英 1回戦(2006・07・10・15・16)
全米 3回戦(2016)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2008)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2011年5月2日)
ダブルス 48位(2011年3月21日)
2019年7月15日現在

来歴編集

教師である両親の間に生まれたアルマグロは8歳からテニスを始め、2003年にプロ入り。同年末には早くもランキングを年初の737位から156位まで上昇させる活躍を見せる。2006年には故郷のバレンシア・オープンで初優勝を遂げ、トップ100に定着したアルマグロは翌2007年の同大会でも優勝し連覇を果たす。2008年には1月のブラジル・オープンで同郷のカルロス・モヤを、2月のメキシコ・オープンアルゼンチンダビド・ナルバンディアンをそれぞれ下し、シングルス優勝を「4」とした。 また2008年全仏オープン男子シングルスにおいても、3回戦で第10シードイギリスアンディ・マリーを破る等の活躍で4大大会自己最高のベスト8進出を果たす。準々決勝では同郷の全仏王者ラファエル・ナダルに敗れたものの、シングルス最高位を更新。同年8月には北京五輪にスペイン代表として単複両部門でオリンピック初出場。シングルス1回戦ではガエル・モンフィスに敗退、ダブルスではダビド・フェレールと組みアスペリン/ヨハンソン組との2回戦まで進出した。

2010年はマドリード・オープンでベスト4、全仏オープン4回戦でフェルナンド・ベルダスコを6-1, 4-6, 6-1, 6-4で破り2年ぶりにベスト8に進出した。準々決勝では優勝したラファエル・ナダルに6-7(2), 6-7(3), 4-6のストレートで敗れている。7月のスウェーデン・オープンスイス・オープン・グシュタードで優勝し通算7勝となった。

2011年は2月の中南米のクレーコート大会で3週連続で決勝に進出した。ブラジル・オープンではアレクサンドル・ドルゴポロフを6–3, 7–6(3)、アルゼンチン・オープンではフアン・イグナシオ・チェラを6–3, 3–6, 6–4で破り優勝した。メキシコ・オープンではダビド・フェレールに6–7(4), 7–6(2), 2–6で敗れ3週連続優勝を逃した。4月25日付のランキングで10位となりトップ10入りを果たす。

2012年は2月のブラジル・オープンで連覇を果たしたが、アルゼンチン・オープンではダビド・フェレールに6–4, 3–6, 2–6で敗れ連覇を逃した。

2014年4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルでは準々決勝でラファエル・ナダルを2–6, 7–6(5), 6–4で破った。アルマグロはこれまでナダルには10戦全敗であったが、初勝利を挙げるとともに初めて世界ランキング1位に勝利した。

2014年7月に左足の手術を受ける。以後ウィンブルドン、全米オープンを欠場。

2016年のアルゼンチン・オープンの準々決勝で世界ランク9位のジョー=ウィルフリード・ツォンガを、準決勝で世界ランク6位のダビド・フェレールを破り、2年ぶりのツアー決勝進出。決勝でドミニク・ティエムに破れる。 同年5月には全仏オープンまでのクレーコートシーズンで、ミレニアム・エストリル・オープンの決勝で同郷のパブロ・カレーニョ・ブスタにフルセットで勝利し、実に4年ぶりのツアー優勝を果たした。

2017年12月、諫早市のあきやま病院との契約を発表。

2019年4月に引退。

アルマグロのシングルス23回、ダブルス2回の決勝進出は全てクレーコートの大会である。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 23回 (13勝10敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (2-3)
ATPワールドツアー・250シリーズ (11–7)
サーフェス別タイトル
ハード (0–0)
クレー (13-10)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2006年4月16日   バレンシア クレー   ジル・シモン 6–2, 6–3
優勝 2. 2007年4月15日   バレンシア クレー   ポティート・スタラーチェ 4–6, 6–2, 6–1
準優勝 1. 2007年7月15日   ボースタード クレー   ダビド・フェレール 2–6, 1–6
優勝 3. 2008年2月17日   コスタ・ド・サイペ クレー   カルロス・モヤ 7–6(4), 3–6, 7–5
優勝 4. 2008年3月1日   アカプルコ クレー   ダビド・ナルバンディアン 6–1, 7–6(1)
準優勝 2. 2008年4月20日   バレンシア クレー   ダビド・フェレール 6–4, 2–6, 6–7(2)
優勝 5. 2009年2月28日   アカプルコ クレー   ガエル・モンフィス 6–4, 6–4
優勝 6. 2010年7月18日   ボースタード クレー   ロビン・セーデリング 7–5, 3–6, 6–2
優勝 7. 2010年8月1日   グシュタード クレー   リシャール・ガスケ 7–5, 6–1
優勝 8. 2011年2月12日   コスタ・ド・サイペ クレー   アレクサンドル・ドルゴポロフ 6–3, 7–6(3)
優勝 9. 2011年2月20日   ブエノスアイレス クレー   フアン・イグナシオ・チェラ 6–3, 3–6, 6–4
準優勝 3. 2011年2月26日   アカプルコ クレー   ダビド・フェレール 6–7(4), 7–6(2), 2–6
優勝 10. 2011年5月21日   ニース クレー   ビクトル・ハネスク 6–7(5), 6–3, 6–3
準優勝 4. 2011年7月24日   ハンブルク クレー   ジル・シモン 4–6, 6–4, 4–6
優勝 11. 2012年2月19日   サンパウロ クレー   フィリッポ・ボランドリ 6–3, 4–6, 6–4
準優勝 5. 2012年2月26日   ブエノスアイレス クレー   ダビド・フェレール 6–4, 3–6, 2–6
優勝 12. 2012年5月26日   ニース クレー   ブライアン・ベイカー 6–3, 6–2
準優勝 6. 2012年7月15日   ボースタード クレー   ダビド・フェレール 2–6, 2–6
準優勝 7. 2013年4月14日   ヒューストン クレー   ジョン・イスナー 3–6, 5–7
準優勝 8. 2013年4月28日   バルセロナ クレー   ラファエル・ナダル 4–6, 3–6
準優勝 9. 2014年4月13日   ヒューストン クレー   フェルナンド・ベルダスコ 3–6, 6–7(4)
準優勝 10. 2016年2月14日   ブエノスアイレス クレー   ドミニク・ティエム 6-7(2), 6-3, 6-7(4)
優勝 13. 2016年5月1日   エストリル クレー   パブロ・カレーニョ・ブスタ 6–7(6), 7–6(5), 6–3

ダブルス: 2回 (1勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2009年2月22日   ブエノスアイレス クレー   サンティアゴ・ベントゥーラ   マルセル・グラノリェルス
  アルベルト・マルティン
3–6, 7–5, [8–10]
優勝 1. 2015年8月8日   キッツビュール クレー   カルロス・ベルロク   ロビン・ハーセ
  ヘンリ・コンティネン
5–7, 6–3, [11–9]

成績編集

4大大会シングルス編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 1R 1R 3R 4R 4R 4R QF A 1R 2R 1R 16–12
全仏オープン 1R 2R 2R 2R QF 3R QF 1R QF 4R 1R 2R 3R 2R 24–14
ウィンブルドン A 1R 1R 1R 2R 3R 1R 3R 3R 3R A 1R 2R A 10–11
全米オープン A 2R 1R 3R 3R 3R 3R 1R 4R 1R A LQ 3R 1R 14–11

大会最高成績編集

大会 成績
ツアーファイナル Alt 2011, 2012
インディアンウェルズ QF 2012
マイアミ QF 2010
モンテカルロ 3R 2008, 2011, 2012, 2014
マドリード SF 2010
ローマ QF 2006, 2008
カナダ QF 2011
シンシナティ QF 2007
上海 QF 2013
パリ 3R 2012, 2013
ハンブルク QF 2007
オリンピック QF 2012
デビスカップ W 2008

脚注編集

外部リンク編集