メインメニューを開く

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

日本のテレビドラマ番組

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』(にっぽんのわーる けいじワイのはんらん)は、日本テレビ系「日曜ドラマ」で2019年10月13日から放送されている日本テレビドラマである[1]。主演は賀来賢人[1]

ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
ジャンル 連続ドラマ
脚本 武藤将吾
演出 猪股隆一
小室直子
西村了
監修 石坂隆昌(警察)
出演者 賀来賢人
広末涼子
井浦新
夏帆
工藤阿須加
佐久間由衣
立花恵理
入山法子
田野井健
細田善彦
篠井英介
杉本哲太
笹野高史
北村一輝
音楽 松本晃彦
オープニング ヴィヴァルディ 「協奏曲第4番 RV 297「冬」第1楽章 」[注釈 1]
エンディング サザンオールスターズ愛はスローにちょっとずつ
チーフ・
プロデューサー
西憲彦
プロデューサー 福井雄太
柳内久仁子
制作 AX-ON(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル 日本テレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ2音声
副音声による解説放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年10月13日 -
放送時間 日曜 22:30 - 23:25
放送枠 日曜ドラマ
放送分 55分
公式サイト

特記事項:
第3話は「ラグビーワールドカップ2019日本大会・準決勝『ウェールズ×南アフリカ』」中継(17:45 - 20:03)延長のため5分繰り下げ(22:35 - 23:30)。
テンプレートを表示

同ドラマは、2019年1月期に同枠で放送された『3年A組-今から皆さんは、人質です-』と世界観を共有しており、「魁皇高校立てこもり事件」の半年後と言う設定となっている。

なお、本作を以て、日本テレビ制作による「日曜ドラマ」最後の作品となる[注釈 2]

あらすじ編集

ある日、警視庁刑事の遊佐清春は森小屋で目を覚ますと横に上司だった女性刑事・碓氷薫が血を流して死んでいて、自らの右手には拳銃が握られていた。このままだと、容疑者として追われてしまうことを察した遊佐は、現場に残された足跡や指紋など、自分にとって不利な証拠を消して立ち去るが不思議なことにここ3か月の記憶を失っていた。生前の碓氷が犯人死亡で解決になったはずの「東堂銀行10億円強奪事件」の再捜査を行っており、南武修介一課長に警察関係者が関わっていると示唆していた事を知った清春は「碓氷警部殺害事件」と共に10億円強奪事件についても調べ始める。

そんな中清春は、南武から碓氷の遺児である碓氷克喜を、しばらく預かってほしいと頼まれる。最初は面倒だと拒んでいたが、母親を失って涙を見せる克喜に対し「母親が死んだ真相を知りたければ、俺についてこい」といって面倒を見ることになる。

やがて本城理事官が容疑者として浮かぶが射殺され、公安部によって両事件の犯人に仕立て上げられてしまう。その解決に納得のいかない南武と清春たち旧碓氷班は捜査一課の一部と共に独自の捜査本部を組織し、真相の究明に当たろうとする。謎が深まる中、才門要警部の恋人で碓氷の親友だった深水星良が関わった極秘プロジェクトや半グレ集団ベルムズが関係している地下組織が警察内部に存在し、「ニッポンノワール」と名乗っている事が判明する。すると清春はガスマスクをつけた謎の男に襲撃され、男が見せた画像を目にした途端、記憶の断片が戻ってきた。

キャスト編集

警視庁捜査一課碓氷班編集

遊佐清春(ゆさ きよはる)
演 - 賀来賢人(幼少期:宮本琉成)
警視庁捜査一課碓氷班の刑事で、階級は巡査部長。
粗暴な性格なうえに反社会的勢力との繋がり、暴行や恐喝、情報の隠蔽などを平然と行うことから、同僚には「警視庁の癌」「日本一の悪徳刑事」と煙たがられている。
とある小屋の中で目を覚ました際、班長である碓氷が傍らで亡くなっているのを見つけるが、目覚めるまでの3か月の間の記憶を失っており、自分が禁煙していたことや「東堂銀行十億円強奪事件」を捜査していたことを忘れていた。遺体になって発見される碓氷警部と度々衝突していたことや前日に無断欠勤をしていたことなどから最重要容疑者として疑われる。
窮地に陥った際は「面白くなって来たじゃねぇか」と呟いた上で不敵な笑みを浮かべ、喜一の作った栄養ドリンクを飲む。
南武の命令で碓氷の息子・克喜を預かることになる。当初は面倒くさがっていたが、やがて共同生活を始める。
第5話の終盤で、喜志が何者かに殺害された直後に壁に映った文字を見て気を失う。目覚めると複数の警察官に囲まれ「喜志を殺害した犯人」として逮捕されるが、才門の手助けを受けて逃走する。この時、亡くなる前の碓氷から『東堂銀行十億円強奪事件』の真犯人」を告げられた時の記憶が戻る。
周りのほとんどの者から何故か下の名で呼ばれている。
碓氷薫(うすい かおる)〈39〉
演 - 広末涼子[2]
「警視庁捜査一課のマドンナ」と称される女性刑事。碓氷班の班長で、階級は警部。シングルマザーで9歳になる息子・克喜を育てている。
記憶を失った清春の横で射殺された状態で発見される。清春の捜査で犯人死亡で解決した「東堂銀行十億円強奪事件」を極秘裏に再捜査していることがわかり、それを知った人間に殺された可能性が判明する。星良とは親友であった。
清春と宮城が警察学校在学中に講師をしていた。
名越時生(なごし ときお)
演 - 工藤阿須加[3]
碓氷班の刑事。清春の後輩。ノリの軽いお調子者だが、格闘に強く暴力的で、感情が高ぶると大声で「パーリィーピーポーォー!!☆☆」と叫び、片っ端から暴れまわる。そのため清春をはじめ、ほとんどの人間から手酷い扱いをされている。
碓氷薫に恋心を抱いており、彼女をスマホで盗撮しまくっていたほど。碓氷が殺されたことを憎んでおり、本城の吹込みもあって清春を犯人だと思い碓氷の復讐のため清春を襲撃するが逆に半殺しにされ、襲撃を見逃す代わりに「十億円強奪事件」と「碓氷警部殺害事件」の協力者になる。
高砂明海(たかさご あけみ)
演 - 立花恵理[4]
碓氷班の女性刑事。クールな美貌をもつが内面は超ドS。名越曰く、株に失敗し多額の借金があり「十億円強奪事件」の犯人ではないかと疑われる。実は、過去に年下の婚約者がいて彼との子供を中絶し、借金もその婚約者から押し付けられたものであった。才門警部と密かに男女の関係を持っているが、お互いに過去の傷を埋めるためと自覚している。
江國光成(えくに こうせい)
演 - 杉本哲太[5]
碓氷班のベテラン刑事。聞き込み捜査などでは、強引なやり方を貫き通していて、他の刑事の注意を無視してしまっている。ライフルから拳銃のみを狙うなどスナイパーとしての腕も高い。
臓器移植が必要な妻がおり、多額の手術費が必要なため、一時は「十億円強奪事件」の犯人ではないかと疑われる。しかし清春が喜志のベルムズ時代の違法なつてを利用して妻を移植が可能な病院に入院させたため、以降は清春に協力的になっている。

警視庁捜査一課編集

南武修介(なんぶ しゅうすけ)
演 - 北村一輝[6]
警視庁捜査一課長。階級は警視正。
捜査一課のトップであり、捜査本部の責任者。碓氷から「十億円強奪事件」の再捜査について相談を受けていたことから碓氷の死は「十億円強奪事件」と関連性があると判断し二つの事件の捜査を同時に行うよう指示する。
警視庁上層部が「十億円強奪事件」と「碓氷警部殺害事件」の犯人を本城であるとし幕引きを図ろうとすることに異を唱え捜査本部を解散させた後、碓氷班や一部の捜査一課の有志を集め、引き続き捜査を行うことにする。
何故か克喜に優しく、海外出張とごまかして克喜を病院に連れて行った証拠があり、何か秘密を抱えている。
伊上龍治(いがみ りゅうじ)
演 - 水上剣星
捜査一課の刑事。碓氷班を疎ましく思っているが、才門と上層部が犯人が本城であると強引な結論をしたことにも納得できず、再捜査に加わる。
香月安彦(こうづき やすひこ)
演 - 駒木根隆介
捜査一課の刑事。再捜査に加わる。
前園孝(まえぞの たかし)
演 - 横山涼
捜査一課の刑事。再捜査に加わる。
宮城遼一(みやぎ りょういち)
演 - 細田善彦[7]
警視庁捜査一課の刑事で、階級は巡査部長。清春とは警察学校の同期。清春に手柄を横取りされた過去があり、彼を恨んでいる。
半年前の「魁皇高校立てこもり事件」での功績が認められ、本城の推薦もあり第1話で瀬ヶ山署生活安全課から捜査一課に異動する。
当初から清春が犯人であると決めつけ喰ってかかったが、本城の犯行であることにも納得できず、再捜査に加わる。
本城諭(ほんじょう ゆずる)〈54〉
演 - 篠井英介[7]
警視庁捜査一課理事官。階級は警視。芹奈の父。
宮城を捜査一課に推薦した。事件の捜査に当たっていたが、娘の芹奈が「十億円強奪事件」の犯行車両を自宅の駐車場に隠していたため、娘と自分の保身のために犯行車両を秘密裏に解体してしまうが碓氷には気付かれていた。そのことで才門に弱みを握られ脅迫されており、清春の自宅に「十億円強奪事件」の犯行計画書と凶器を仕込んでいた。
2話終盤で清春に見抜かれたが、娘を守ろうと証拠との交換取引のため克喜を拉致。清春に拳銃を向けて相撃ちとなった末、左胸を撃たれ殉職した。亡くなる直前、「君のおかげで人として死ねる。ありがとう。」と清春に礼を述べ、芹奈の手を握っていた。
しかし、死後に才門の策略により「十億円強奪事件」の首謀者と「碓氷警部殺害事件」の犯人として罪を被せられてしまう。

警視庁公安部編集

才門要(さいもん かなめ)
演 - 井浦新[8]
警視庁公安部の刑事で、階級は警部。
新人時代の清春に刑事のイロハを叩きこむ。掴みどころのない性格。「Look at me」というセリフを使う。
自ら名乗り出て碓氷亡き後の碓氷班の班長に就任するが、その裏で本城に(ヘリウムガスで声を変えて)「十億円強奪事件」に関する指示をしていた。
実は恋人だった深水星良の死の真相を碓氷と共に追っていて、星良が警察のあるプロジェクトに参加していた事や彼女がプロジェクトの実態を公表しようとしたため警察から消されたと知り、犯人を突き止めるために公安上層部の懐に入っていた。清春たちに自分の真意を知られたため一時行方をくらまし、以降は自由気ままに独自の捜査をしつつ、清春を陰から援護する。第6話で清春とともに追われる立場となり、警察病院に潜入したところでガスマスクの男と格闘になり、血だらけで倒れる。
仁平(にひら)
演 - 相島一之
警視庁公安部の課長。
喜志が殺害された事件では、清春を犯人と決めつけて「被疑者死亡」という形で幕引きを図ろうとしており、また「逃亡の手助けをする可能性がある」として清春の動向についての情報を捜査一課に伝えようとせず、南武たちと衝突する。
「ニッポンノワール」からの指示で、放来撮影所に「十億円強奪事件」に関するフェイク動画の撮影を依頼していた。
宇野(うの)
演 ‐ 長谷川公彦
眞木光流(まき みつる)
演 ‐ 矢本悠馬(第6話 - )
警視庁公安部の刑事で、清春と同期。猟奇的かつ残忍な性格で、第6話で逃亡犯となった清春を執拗に追う。

深水家編集

深水咲良(ふかみ さら)
演 - 夏帆[9]
フリーライター。深水の次女。清春の捜査に協力し、克喜の面倒もよく見ている。
深水星良(ふかみ せいら)
演 - 入山法子
喫茶店「bonnaro」の写真に飾られている女性。深水の長女で、才門の恋人だった。
3年前にカウンセリングを担当していた宝生順平というベルムズの構成員に刺されて死亡しているが、宝生は顔を整形し「風間岳人」と名前を変えて「十億円強奪事件」に実行犯として加わっていたと判明する。
深水喜一(ふかみ きいち)
演 - 笹野高史[5]
喫茶店「bonnaro」のマスター。元刑事。

その他編集

本城芹奈(ほんじょう せりな)
演 - 佐久間由衣[注釈 3]
本城の次女。父・諭が亡くなった後、喜一の計らいで、喫茶店「bonnaro」で働き始める。
喜志正臣(きし まさおみ)
演 - 栄信[7]
半グレ集団ベルムズの元リーダーK。警察に逮捕されたのち服役していた。刑務所を出所した現在は心を入れ替えていて、古巣のベルムズとは関わらず真面目に生活し、2話以降は、清春の捜査協力もしている。
しかし実際は南武が極秘で手を回し、半年も経たずに取り調べを済ませ出所しており、出所後は南武に利用されていて、碓氷が殺害された事件でアリバイの偽装にも協力させられていた。また自分のいなくなった後にベルムズが「十億円強奪事件」に関与していることも薄々感づいていた。
第5話でかつて恋人だった諏訪唯月に再会して彼女から励まされ、自分の信じる道を進むためにベルムズ時代の部下たちを率いて警察を襲撃、陣内を人質に取り、清春と交渉して部下たちを守る事と引き換えに事件についての告白をしようとした矢先に、ガスマスクの男に射殺されてしまう。
碓氷克喜(うすい かつき)〈9〉
演 - 田野井健
碓氷の息子。1話にて、清春と行動を共にすることを決意する。特撮ヒーローのガルムフェニックスのファン。普段は大人びていて物分かりが良いが、何らかの薬を服用しており、急に我を忘れて暴れ出す事がある。
当初は南武が父親ではないかと才門が推測していて、清春もその説を信じていたが、徐々に清春の中で自らが父親であるような記憶が戻りつつある。
第6話の終盤で清春が取り戻した記憶によると、本来の克喜は母親の碓氷でさえ手がつけられないほど気性が激しい性格だったが、「ニッポンノワール」による人体実験を施されたことで現在の大人しい性格に変わったという。また、克喜が服用している薬は正式な認可を得ていない「劇薬に近い精神安定剤」であり、服用し続けると死に至る危険性が高いものであることが判明した。
碓氷政明(うすい まさあき)
演 ‐ 大和田伸也(第4話 - )
碓氷の父で、克喜の祖父。元警察庁長官。
陣内凪人(じんない なぎと)
演 - 落合モトキ(第5話 - )
半グレ集団ベルムズの現在のリーダー。喜志の後を継いでフロント企業を経営し、オフィスを構えている。清春たちを襲ったガスマスクの男と何らかの繋がりがある。
ガスマスクの男
警察内部の地下組織・ニッポンノワールに属する謎の男。

ゲスト編集

第1話
遊佐健作(ゆさ けんさく)
演 - 増田修一朗
清春の父親。清春の出産後に妻が死亡したのが彼のせいだと思い込む。幼少期の清春に暴行を加え、のちに彼に殺害される。
第2話
石倉光多(いしくら こうた)
演 - 佐久本宝(第6話)
魁皇高校3年A組卒業生。現在はカラオケルームの店員。6話では甲斐とともにダンスグループの練習中に清春から聞き込み捜査を受け、克喜にダンスを教えた。
第3話
照井施設長
演 ‐ 桜井聖
ファイター田中
演 - 前川泰之(第6話)
3年A組-今から皆さんは、人質です-」に登場した特撮ヒーロー番組のスーツアクター。現在は特撮スタジオ放来の所長代理も務める。南武の高校時代の同級生。
警察から依頼されて「十億円強奪事件」の犯人たちの映像を製作していた。
第4話
魚住華(うおずみ はな)
演 - 富田望生
魁皇高校3年A組卒業生。須永を遊園地に誘ったが休園日だったため、急遽デートを山登りに変更した。
須永賢(すなが けん)
演 - 古川毅SUPER★DRAGON
魁皇高校3年A組卒業生。魚住に誘われ遊園地に来ていたカップル。
江國園子(えくに そのこ)
演 ‐ 加藤貴子
江國の妻。
権藤(ごんどう)
演 ‐ 緋田康人(第6話)
闇医者。
第5話
佐久間現
演 - バッファロー吾郎A
元魁皇高校教師で3年学年主任だった。魁皇高校立てこもり事件ののち、4月からは小学校に転勤となり、克喜のクラスを受け持つ。
諏訪唯月(すわ ゆづき)
演 - 今田美桜
魁皇高校3年A組卒業生。モデル。かつて交際していたベルムズの喜志正臣に、高校時代に恩師から言われた言葉を伝えて信じる道を進むように諭す。
第6話
甲斐隼人(かい はやと)
演 - 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE
魁皇高校3年A組卒業生。石倉達とダンスの練習中に清春から聞き込み捜査を受ける。その際、清春と克喜が警察から逃亡している事を察し、咄嗟の機転で彼らを匿う。
3か月前に、ベルムズのメンバーである仁科からアルバイトの誘われたのを断ったが、その職場が警察病院であることに疑問を感じていた。仁科を含めたベルムズのメンバー数名が警察病院で消息を絶っていることを清春から聞き、彼の頼みでアルバイトの面接を受けて合格し、清春に案内書と仁科への伝言を託した。
西崎颯真(にしざき そうま)
演 - 今井悠貴
魁皇高校3年A組卒業生。ファイター田中の下でスーツアクターの修行中。かつてのファイターの弟子に似て筋がいいと褒められている。警察病院でヒーローショーを行い清春達が潜入するのに協力した。

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[15] 演出 視聴率
HP[16] EPG欄[17]
第1話 10月13日 笑えねぇ日々の始まり 超規格外刑事ドラマ、ここに開幕! 超衝撃ミステリー開幕 猪股隆一 7.8%[18]
第2話 10月20日 2つの事件 暴かれる一つの罪! 偽る者は誰だ!? 十億円強奪事件の闇、暴く 6.5%[19]
第3話 10月27日 容疑者才門 直接対決! 最も怪しきあの男…!! 衝撃真実発覚! 動機は恋!? 小室直子 6.4%[20]
第4話 11月03日 捜査一課長の嘘 核心、判明す!?……蘇る記憶! 蘇る記憶! 衝撃真実判明! 6.5%[21]
第5話 11月10日 ベルムズ 十億円強奪犯判明! 第1部、完結―。 第1部! 10億強奪犯判明 猪股隆一
第6話 11月17日 逃亡 第2部カク※※編開幕! 逆襲、始まる 2部カク××編開幕! 逆襲開始 西村了
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ この楽曲の使用に関して、公式ホームページなどでの記載はない。使用している楽曲が判明したため、記載した。
  2. ^ 次作となる2020年1月期の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』より読売テレビ制作に移管されるため。
  3. ^ 当初は高橋ひかるの出演が予定されていたが[10]、体調不良で休業することになり降板[11]。放送開始6日前の10月7日に佐久間の代役起用が公表された[12][13]
  4. ^ この楽曲の使用に関して、公式ホームページなどでの記載はない。使用している楽曲が判明したため、記載した。

出典編集

  1. ^ a b “賀来賢人、1年ぶり日テレ連ドラ主演 『3年A組』制作チームとタッグ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2141605/full/ 2019年8月28日閲覧。 
  2. ^ “広末涼子、遺体で登場のヒロインに起用「死ぬ役が多い気が…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2143182/full/ 2019年8月28日閲覧。 
  3. ^ 工藤阿須加が“スーパーファンキー”な刑事に、「ニッポンノワール」出演決定”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ “ViViモデル・立花恵理、『ニッポンノワール』でドSな美人刑事に”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年9月18日). https://www.crank-in.net/news/68932/1 2019年9月18日閲覧。 
  5. ^ a b “ニッポンノワール:賀来賢人主演ドラマに杉本哲太、笹野高史が出演 超肉体派刑事&喫茶店マスター役”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年9月25日). https://mantan-web.jp/article/20190925dog00m200023000c.html 2019年9月25日閲覧。 
  6. ^ “北村一輝、賀来賢人主演『ニッポンノワール』で謎めく捜査一課長役「脚本読んでわくわく」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2143841/full/ 2019年9月6日閲覧。 
  7. ^ a b c “ニッポンノワール:賀来賢人主演ドラマ、「3年A組」の半年後が舞台だった 細田善彦、篠井英介、栄信が同役で出演”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年9月22日). https://mantan-web.jp/article/20190921dog00m200027000c.html 2019年9月22日閲覧。 
  8. ^ 井浦新が賀来賢人主演の新ドラマに参加「大好物のヤバい香りがプンプンしました」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。
  9. ^ “夏帆、フリーライター役で賀来賢人と2度目共演 『ニッポンノワール』出演「胸が高鳴りました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2144054/full/ 2019年9月10日閲覧。 
  10. ^ “高橋ひかる『ニッポンノワール』でワケアリ女子高生「全力で生きたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2144460/full/ 2019年9月17日閲覧。 
  11. ^ “高橋ひかるが体調不良で年内休業、連ドラは降板へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2019年10月4日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201910040000624_m.html 2019年10月4日閲覧。 
  12. ^ “佐久間由衣“ニッポンノワール”で高橋ひかるの代役「嘘なく演じ切りたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年10月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20191007/geo19100716120018-n1.html 2019年10月7日閲覧。 
  13. ^ 10月13日スタート新日曜ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」でワケアリ女子に佐久間由衣が決定!!”. ニッポンノワール-刑事Yの反乱-. 日本テレビ (2019年10月7日). 2019年10月7日閲覧。
  14. ^ “サザン「ニッポンノワール」主題歌を担当、東京ドーム公演や過去の映像映したMVも公開”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年10月3日). https://natalie.mu/music/news/350012 2019年10月3日閲覧。 
  15. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  16. ^ ニッポンノワール-刑事Yの反乱- あらすじ
  17. ^ Yahoo!テレビ番組表
  18. ^ “ニッポンノワール:初回視聴率は7.8% 賀来賢人主演のミステリードラマ 「3年A組」の半年後が舞台”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年10月15日). https://mantan-web.jp/article/20191015dog00m200016000c.html 2019年10月15日閲覧。 
  19. ^ ニッポンノワール:第2話視聴率は6.5% 賀来賢人、「十億円強奪事件」の証拠を追うが…”. まんたんウェブ. 2019年10月21日閲覧。
  20. ^ ニッポンノワール:第3話視聴率は6.4% 賀来賢人、「十億円強奪事件」の証拠を追うが…”. まんたんウェブ. 2019年10月28日閲覧。
  21. ^ “賀来賢人主演「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」第4話視聴率は6.5%”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年11月5日). https://hochi.news/articles/20191105-OHT1T50037.html 2019年11月5日閲覧。 

関連項目 編集

外部リンク編集


日本テレビ系列 日曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
あなたの番です
(2019年4月14日 - 9月8日)
ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
(2019年10月13日 - 12月予定)
【ここまで日本テレビ制作