日曜ドラマ』(にちようドラマ)は、2015年4月19日から日本テレビ系列で毎週日曜日22:30 - 23:25に放送されているテレビドラマの枠である。ステレオ放送字幕放送連動データ放送を実施しており、2017年10月からは解説放送も実施している。

概要編集

2015年4月期の改編にて新設されたドラマ枠。主に男性層や女性層をメインターゲットにしている『水曜ドラマ』、ファミリー層を対象にした『土曜ドラマ』に対して、「映画ファンも楽しめるエンターテインメント」をコンセプトに上げている。このため、アクション系、サスペンス系、ミステリー系の作品が主で、主演者もほとんどが人気俳優である。 日本テレビでは、2015年2月6日に行われた改編説明会で本ドラマ枠の新設を発表した[1]。この背景には「配信や映画、舞台への派生などのストックコンテンツの充実」が上げられている[2]。 本枠の新設により、日本テレビ系列プライムタイムのドラマ枠は2009年3月に『火曜ドラマ』が終了して以来、6年ぶりに3枠体制となった。同局の同時間帯では1991年3月1日 - 10月13日に放送された海外ドラマ新スパイ大作戦』以来23年6か月ぶり、自社制作としては1968年4月21日 - 7月21日に放送された刑事ドラマ特別捜査本部』以来46年9か月ぶりのテレビドラマだった。

2019年4月期・7月期は、2クールで『あなたの番です』を放送。日本テレビ系列でのドラマの2クール放送は25年ぶりとなった。

2020年1月期『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は読売テレビが制作局となり、以降本枠は不定期に読売テレビ制作枠となることがある[注 1]。日本テレビの日曜22:30枠に読売テレビ制作番組が放送されるのは、1970年10月4日から1976年3月28日まで放送され、現在は日曜6:30で継続中の『遠くへ行きたい』(22:30 - 23:00)以来実に43年9ヶ月振り(1時間枠は史上初)となった[注 2]。また、読売テレビ制作の1時間枠の連続ドラマがプライム枠(19:00-23:00)に放送されるのは2004年1月-3月期に月曜22時台枠に放送された『乱歩R』以来16年ぶりである。『木曜ドラマF』(プラチナイト:金曜0時台枠)も引き続き放送されるため、読売テレビは在阪局では数少ない全国ネットの連続ドラマ枠を2枠並列で担当することになる[注 3]

因みに、読売テレビが番組制作・ネット配信をする場合でも、スポンサーセールス・番組送出は日本テレビサイドが担当している[注 4](実質上、共同制作扱い)。

作品リスト編集

2015年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
ワイルド・ヒーローズ 4月19日 - 6月21日 TAKAHIRO[3] 日テレアックスオン 日本テレビ
デスノート 7月5日 - 9月13日 窪田正孝 大場つぐみ
小畑健
エンジェル・ハート 10月11日 - 12月6日 上川隆也 北条司 ケイファクトリー

2016年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
臨床犯罪学者 火村英生の推理 1月17日 - 3月20日 斎藤工 有栖川有栖 トータルメディアコミュニケーション 日本テレビ
ゆとりですがなにか 4月17日 - 6月19日 岡田将生 日テレアックスオン
そして、誰もいなくなった 7月17日 - 9月11日 藤原竜也
レンタル救世主 10月9日 - 12月11日 沢村一樹

2017年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
視覚探偵 日暮旅人 1月22日 - 3月19日 松坂桃李 山口幸三郎 オフィスクレッシェンド 日本テレビ
フランケンシュタインの恋 4月23日 - 6月25日 綾野剛 日テレアックスオン
愛してたって、秘密はある。 7月16日 - 9月17日 福士蒼汰 秋元康(原案)
今からあなたを脅迫します 10月15日 - 12月17日 ディーン・フジオカ
武井咲
藤石波矢

2018年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
トドメの接吻 1月7日 - 3月11日 山﨑賢人 日テレアックスオン 日本テレビ
崖っぷちホテル! 4月15日 - 6月17日 岩田剛典
ゼロ 一獲千金ゲーム 7月15日 - 9月16日 加藤シゲアキ 福本伸行 オフィスクレッシェンド
今日から俺は!! 10月14日 - 12月16日 賀来賢人 西森博之 日テレアックスオン

2019年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
3年A組 -今から皆さんは、人質です- 1月6日 - 3月10日 菅田将暉 日テレアックスオン 日本テレビ
あなたの番です 4月14日 - 9月8日 原田知世[注 5]
田中圭
秋元康(原案) トータルメディアコミュニケーション
ニッポンノワール-刑事Yの反乱- 10月13日 - 12月15日 賀来賢人 日テレアックスオン

2020年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 1月12日 - 3月15日 清野菜名
横浜流星
ケイファクトリー 読売テレビ
美食探偵 明智五郎 4月12日 - 6月28日 中村倫也 東村アキコ 日テレアックスオン 日本テレビ
親バカ青春白書 8月2日 - 9月13日 ムロツヨシ
極主夫道 10月11日 - 12月(予定) 玉木宏 おおのこうすけ ファインエンターテイメント 読売テレビ

2021年編集

タイトル 放送期間 主演 原作 制作協力 制作局
君と世界が終わる日に 1月 - (予定) 竹内涼真 日テレアックスオン 日本テレビ
Hulu

当枠で放送された特別番組編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 日曜 22:30 - 23:25 制作局[注 6]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC)[4]
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
  • 日本テレビ系列局のない沖縄県では、琉球放送(RBC、TBS系列)が、2019年4月 - 9月の間に、『3年A組-今から皆さんは、人質です-』と『今日から俺は!!』ならび、2020年1月 - 3月の間に『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』の3作を遅れネットした。
ネット配信
配信元 更新日時 備考
TVer 日曜 23:30 更新 同時ネット局の最新話限定で無料配信
GYAO!
hulu 更新時間未定 有料会員は全話見放題

備考編集

  • 開設から2019年1月期までは、一部作品で初回がスペシャルとなり、放送枠を30分前拡大する場合は開始時刻を22:00に前倒ししたが、通常時の本番組の前番組『おしゃれイズム』の当該放送日分は、休止となっていた[注 7][注 8]
    また、2018年4月期の『崖っぷちホテル!』ならびに2018年10月期『今日から俺は!!』においては『おしゃれイズム』を通常通り放送し、本枠の初回の拡大放送もなく、通常編成時と同様の放送時間となった。そして、2019年4月以降に放送する作品ならびに読売テレビ制作の作品に関しても『おしゃれイズム』を通常通り放送し、本枠の初回の拡大放送もなく、通常編成時と同様の放送時間に変更されている[注 9]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 交互に制作を担当するドラマはNHK連続テレビ小説(前期・4月 - 9月:東京、後期・10月 - 3月:大阪)がある。また過去にはTBS系列の「木曜座」(TBSテレビ毎日放送)と「ドラマ30→ひるドラ」(毎日放送・CBCテレビ)があった。
  2. ^ 日本テレビ日曜のゴールデンプライム両タイムの読売テレビ制作番組は、1992年10月25日 - 1994年3月20日放送の『おしえて!ガリレオ』(19:00 - 19:30)以来25年9ヶ月振り、ドラマに至っては1987年10月11日 - 1988年3月27日放送の『こんな学園みたことない!』(19:00 - 19:30)以来31年9ヶ月振りとなる。なお、1982年5月から1992年12月までと、1993年6月から2015年3月まで、この時間帯(1992年3月までは前半30分)で読売テレビ制作の地方ローカル番組が放送されていたため、「日曜22:30に読売テレビ制作番組が放送される」こと自体は4年10ヶ月振りである。(1時間枠も1993年6月から継続)
  3. ^ 但し2020年10月期のみ、木曜枠は1クール限定でバラエティ番組『「任意同行」願えますか?』を放送。
  4. ^ 通常はこの枠で読売テレビ制作番組を放送する場合は送出も読売テレビが行う。これは2009年度に読売テレビ制作で放送されていた『サプライズ大阪版(→SUPER SURPRISE大阪版)』と同様である。
  5. ^ 第1章
  6. ^ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(2020年1月 - 3月)及び『極主夫道』(2020年10月 - 12月)は読売テレビ制作、それ以外は日本テレビ制作。番組は制作局に関係せず日本テレビが送出。
  7. ^ この場合は22:00 - 22:30前後の枠のスポンサーは、通常編成時のネットタイムスポンサーではなく、各局別のローカルスポットスポンサーのみとなった。
  8. ^ 本枠作品で初回30分前拡大とならなかった例外として、2016年1月期の『臨床犯罪学者 火村英生の推理』ならびに2017年10月期の『今からあなたを脅迫します』があり、本枠は23:40まで15分拡大して放送し、以降の番組を15分繰り下げた。『おしゃれイズム』は通常通り放送された。
  9. ^ 例外として、2020年4月期の『美食探偵 明智五郎』は、最終回のみ本枠の開始時刻を22:00に前倒しし、30分拡大版として放送された。なお、2020年11月現在で本枠に於ける最終回で放送時間拡大したのは、2020年4月期の『美食探偵 明智五郎』のみとなっている。

出典編集

  1. ^ “日テレ、4月から日曜連ドラ枠 第1弾はTAKAHIRO主演”. スポーツニッポン. (2015年2月7日). オリジナルの2015年2月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150219045838/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/07/kiji/K20150207009764590.html 2015年3月9日閲覧。 
  2. ^ “見たいものがない?日テレ、日曜午後10時半にドラマ枠新設のワケ”. スポーツニッポン. (2015年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/02/07/kiji/K20150207009764540.html 2015年4月17日閲覧。 
  3. ^ “TAKAHIRO日テレ新ドラマ枠主演”. デイリースポーツ. (2015年2月7日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/02/07/0007720934.shtml 2015年3月9日閲覧。 
  4. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局でもあるが、テレビ朝日系列の一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビの公式ウェブサイト上でも単独ネット扱い。

関連項目編集

日本テレビ 日曜22:30 - 23:25枠
前番組 番組名 次番組
有吉反省会
※22:30 - 22:56
【土曜23:30 - 23:55枠に移動して継続】
【ここまでローカルセールス枠】
ダウンタウンの
ガキの使いやあらへんで!!

※22:56 - 23:26
【29分繰り下げて継続】
【ここまでローカルセールス枠】
日曜ドラマ
(2015年4月19日 - )
【ここからネットワークセールス枠】
【日本テレビ・読売テレビ 相互制作枠】
-