メインメニューを開く

ノラ・ジャコヴァ(Nora Gjakova、1992年8月17日 - )はコソボペヤ出身の柔道選手。階級は57kg級。身長165cm[1][2][3][4]。弟は73kg級で活躍しているアキル・ジャコヴァ[5]

獲得メダル
コソボの旗 コソボ
柔道
ヨーロッパ競技大会
2015 バクー 57kg級

人物編集

柔道は10歳の時に弟と一緒に始めた[4]。コソボでは2013年の世界選手権52kg級で優勝したマイリンダ・ケルメンディに続く活躍が期待されている選手[6]。 ケルメンディと同じくIppon Judo Clubに所属して、トレーニングパートナーを長らく務めていた[7]。ジュニア時代からヨーロッパジュニアカップで度々優勝を果たすなどの活躍をして、2011年のプレオリンピック大会では3位となった。2012年にはスイス国際柔道大会でも優勝した。しかし、ロンドンオリンピックには出場資格が得られる世界ランキング14位以内に入っていなかったために出場できなかった。(オリンピックの出場資格を得ていたにしても、IOCがコソボオリンピック委員会を承認していないために、ケルメンディ同様にアルバニアからの出場となるところだった)[8][9]。 その後もグランプリ・アブダビで3位になるなど一定の活躍を見せた。2013年の世界選手権では3回戦で元世界2位であるポルトガルのテルマ・モンテイロ内股の技ありで破るものの、準々決勝で地元ブラジルのラファエラ・シルバに一本負けすると、敗者復活戦でも山本杏に指導3で敗れたものの、7位入賞を果たした[10][11]。2014年10月にIOCはコソボ・オリンピック委員会を仮承認すると、12月には正式に承認した。これにより、2016年リオデジャネイロオリンピックにコソボ代表で出場することが可能となった[12][13]。 2015年6月にはバクーで開催されたヨーロッパ選手権を兼ねたヨーロッパ競技大会において3位となり、コソボの選手として総合競技大会において初めてのメダルを獲得することになった[14]。2016年にロシアのカザニで開催されたヨーロッパ選手権では3位になった。今大会では当初国交のないロシアがコソボの名の下での出場を拒否していたものの、交渉の結果認められることになった(2年前に同じロシアのチェリャビンスク世界選手権が開催された際には認められなかった)[15]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは2回戦で敗れた[1][3]。2017年にはグランプリ・アンタルヤIJFワールド柔道ツアー初優勝を飾った[3]。2018年にはグランプリ・チュニスで優勝すると弟のアキル・ジャコヴァも73kg級で2位となり、IJFワールド柔道ツアーにおいて姉弟でのメダル獲得となった[16][17]ヨーロッパ選手権では優勝した[3]

IJF世界ランキングは6855ポイント獲得で2位(19/4/22現在)[18]

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集