ノース・ダラス40

ノース・ダラス40』(ノース・ダラス・フォーティー、原題:North Dallas Forty)は、1979年制作のアメリカ合衆国の映画

ノース・ダラス40
North Dallas Forty
監督 テッド・コッチェフ
脚本 フランク・ヤブランス
テッド・コッチェフ
ピーター・ジェント
原作 ピーター・ジェント
製作 フランク・ヤブランス
製作総指揮 ジャック・B・バーンスタイン
出演者 ニック・ノルティ
音楽 ジョン・スコット
撮影 ポール・ローマン
編集 ジェイ・ケイメン
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 パラマウント映画=CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年8月3日
日本の旗 1980年1月19日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $26,079,312[1]
テンプレートを表示

アメリカンフットボールを題材としたコメディ映画。元ダラス・カウボーイズ選手のピーター・ジェント英語版の自伝的小説の映画化[2]テッド・コッチェフ監督、ニック・ノルティ主演。

あらすじ編集

テキサス州ダラスのプロ・フットボール・チーム“ノース・ダラス・ブルズ”の選手フィル・エリオットは8年のキャリアを持つベテラン選手ながら、B・Aヘッドコーチの方針からはみ出ることが多いことに加え、膝の故障もあって、ベンチを温めることが多かった。

ある年、チームは快進撃を続け、ついに強豪チーム、シカゴ・モロダーズと優勝を賭けて対戦することになった。その試合を間近に控えたパーティーで、フィルはシャーロットという女性と知り合い、やがてシャーロットと愛し合うようになる。

一方、チームのオーナーのハンターは、自分のチームを優勝させることに執念を燃やしており、B・Aやジョンソン・コーチに檄を飛ばす。そこでコーチ陣は機械を使ったジムでの体力づくりや、選手のコンピューター管理を導入するなどしてチームの強力をはかる。それに反抗したフィルは、またしても蚊帳の外に置かれる。

そしていよいよ、試合が始まり、激しい試合展開が繰り広げられるが、試合はシカゴ優勢のまま進む。それでもノース・ダラスは追い上げを見せ、終盤、もう少しで同点に追いつくかというところまで行くが…。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
フィル・エリオット ニック・ノルティ 西沢利明
セス・マクスウェル マック・デイヴィス英語版 樋浦勉
ジョー・ボブ ボー・スヴェンソン 石田太郎
コンラッド・ハンター スティーヴ・フォレスト 小林修
シャーロット デイル・ハドン英語版 弥永和子
エメット ダブニー・コールマン  阪脩
ジョンソン チャールズ・ダーニング
B・A G・D・スプラドリン
O・W ジョン・マトゥザック
ジョアン サヴァンナ・スミス・ボーチャー
アート・ハートマン マーシャル・コルト英語版 納谷六朗
不明
その他
寺島幹夫
山田俊司
野島昭生
幸田直子
笹岡繁蔵
緒方賢一
横尾まり
幹本雄之
西村知道
屋良有作
石森達幸
小滝進
滝沢博子
小早川正昭
谷口節
島田彰
銀河万丈
佐々木優子
佐藤紀代子
演出 河村常平
翻訳 飯嶋永昭
効果 遠藤堯雄
調整 前田仁信
制作 東北新社
解説 淀川長治
初回放送 1984年4月22日
日曜洋画劇場

※テレビ放映時のタイトルは『ノース・ダラス40~管理スポーツをぶっ飛ばせ!アメフト野郎怒りのタッチダウン!!』

脚注編集

外部リンク編集