メインメニューを開く

バンブルビー (映画)

アメリカのSFアクション映画

バンブルビー』(原題: Bumblebee)は、アメリカ2018年12月21日に、日本2019年3月22日に公開されたアメリカSFアクション映画である。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公に据えたスピンオフ作品。

バンブルビー
Bumblebee
Yellow Beetle (14250691582).jpg
バンブルビーの変身する
黄色のビートル
監督 トラヴィス・ナイト
脚本 クリスティーナ・ハドソン
原作 タカラトミーハズブロトランスフォーマー
製作 マイケル・ベイ
スティーヴン・スピルバーグ
出演者 ヘイリー・スタインフェルド
ジョン・シナ
ジョージ・レンデボーグ・Jr英語版
ジョン・オーティス
ジェイソン・ドラッカー英語版
パメラ・アドロン
音楽 ダリオ・マリアネッリ
主題歌 ヘイリー・スタインフェルド
『Back to Life』
製作会社 オールスパーク・ピクチャーズ英語版
ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
テンセント・ピクチャーズ
ベイ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年12月21日
日本の旗 2019年3月22日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $102,000,000[1] -
$135,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $467,989,645[2]
アメリカ合衆国の旗 $127,195,589[2]
前作 トランスフォーマー/最後の騎士王
テンプレートを表示

概要編集

舞台は映画シリーズの第1作である『トランスフォーマー』の出来事から20年前となる1987年カリフォルニアで、18歳の誕生日を迎えた少女チャーリー・ワトソンが主人公[3][4]

2019年3月8日に、本作の公開と『トランスフォーマー』シリーズ生誕35周年を記念したコラボカフェ「バンブルビーカフェ」が池袋パルコの「カフェ・アドレス」にオープンした[5]

ストーリー編集

惑星サイバトロンではオートボットディセプティコンが戦争をしていた。劣勢の状況を立て直す為、オプティマスプライムはB-127(=バンブルビー)に地球へ行きオートボット勢立直しの根拠地として守る様に命じる。

B-127は米軍が訓練している森に落下し米軍に追われ、坑道入り口で軍と対峙、そこに追手であるディセプティコンの1体ブリッツウィングが現れる。ブリッツウィングの襲撃を受けたB-127は音声機能を失ったが、戦闘機に変身したブリッツウィングのミサイルを使い撃破。トランスフォーマー同士の戦いに巻き込まれた米軍部隊は全滅、隊長であるバーンズは破壊された車の中からトランスフォーマーの爆発を見る。B-127は近くの川辺のキャンプ場まで逃げ、意識が朦朧とする中、ビートルをスキャンして活動停止する。

遊園地の売店でアルバイトをするチャーリーは18歳の誕生日に、普段、自動車の中古パーツ探しで出入りしているボート修理工場から、誕生日プレゼントとして無料で廃品置き場にあった黄色のフォルクスワーゲン・ビートル[注 1]を手に入れる。自宅のガレージに入れたところ一部の部品が落下したのでビートルの底部を覗くとロボットの顔が見え、ビートルはロボットに変身した[注 2]。チャーリーはこのロボットに『バンブルビー』の名を与える。

チャーリーの隣家に住むメモはチャーリーに気がある。そしてある日、意を決してデートに誘いにチャーリーのいるガレージを訪れ、バンブルビーと対面し、チャーリーから「バンブルビーのことは誰にも内緒に」と約束させられる。

セクター7は飛来する2体の非生命体を察知する。バーンズはその2体シャッターとドロップキックと対面する。パウエル博士はシャッターの言う「自分たちディセプティコンは平和維持軍で、戦争犯罪者であるバンブルビーを捕らえに来た」との話を信じセクター7本部の研究所へ連れて行く。

シャッターとドロップキックはセクター7のコンピュータと通信衛星や電話を利用してバンブルビーを探索し、チャーリーの家でコンセントにプローブを突っ込み感電してトランスフォーマー特有の信号を発したバンブルビーを察知する。セクター7はその情報をもとにチャーリーとメモの乗る黄色のフォルクスワーゲンを包囲し、バンブルビーは感電銃で撃たれ意識不明となり捕らえられる。

シャッターとドロップキックは捕らえたバンブルビーを拷問し、オプティマスプライムのホログラム映像を見てオートボットの集合地が地球であると知る。シャッターは、米軍の設備を使用して応援のディセプティコンを呼ぶことをドロップキックに話す。その会話を聞いていたパウエル博士はバーンズにそのことを知らせるもドロップキックのブラストで消滅する。

シャッターとドロップキックはブラストでバンブルビーを射殺し軍のアンテナ施設へ行く。その様子を隠れて見ていたチャーリーとメモは倒れたバンブルビーの蘇生を試み成功、そこにバーンズの率いる部隊が到着、チャーリーを乱暴に扱うバーンズに怒ったバンブルビーは部隊を無力化しチャーリーを連れシャッターとドロップキックを追う。

アンテナ施設でシャッターは送信準備に取り掛かり、ドロップキックはバンブルビーと戦う。バーンズもヘリでシャッターの動きを邪魔しようと試みるもブラストで撃墜されてしまうが、鎖でドロップキックを破壊したバンブルビーがヘリを受け止め地上への激突は免れる。チャーリーは分電盤に取り付けられたディセプコンのエネルギー装置を取り外すべくアンテナタワーに登りこれの取り外しに成功するも、怒ったシャッターが変身した戦闘機の機関砲の射線上に捉えられるが、ヘリを抱えたままのバンブルビーの放つブラストによって助かる。

シャッターはバンブルビーを襲うが、バンブルビーはブラストによってドックの壁を壊し、ドック内に係留されていた大型船がシャッターを押しつぶす。タワー上からその様子を見ていたチャーリーはバンブルビーを助けるべくドックに飛び込む。そしてチャーリーとバンブルビーは岸壁に戻って来る。バーンズは「米軍に追われる。逃げろ。」「地球を救ってくれてありがとう」と言って見逃す。

ゴールデン・ゲート・ブリッジの見える丘でチャーリーとバンブルビーは別れる。別れる直前にバンブルビーはカマロをスキャンし変身する。

自宅に帰って来たチャーリーは迎え出た家族に感謝する。運転で追っ手をまいてくれたロン、抜け出す協力をしてくれたオーティス、そしてメモが来る。2人でゴールデン・ゲート・ブリッジの見える丘[注 3]に行き話をする。メモがそっと手をつなごうとするとチャーリーは「それはまだ早い!」と言う。

その頃、オプティマスと合流したバンブルビーは、自分を「B-127」と呼ぶオプティマスに、チャーリーから貰ったラジオを通して「私の名前は『バンブルビー』」と応える。

登場人物編集

人間編集

チャーリー・ワトソン
演 - ヘイリー・スタインフェルド / 吹き替え - 土屋太鳳[6][7][8][9][10]
本作の主人公でヒロイン。飛込競技の元選手だったが、父親の死がきっかけで引退。現在は遊園地のホットドック売りのアルバイトをして働いている。母親達家族となかなか打ち解けられず、廃品屋で回収した部品でシボレー・コルベットC1型を修理して家を出る事を夢見ており、パーツを探してる際に、活動停止していたバンブルビーを見つける。彼と接していくうちに、次第に明るさを取り戻していく。
演じたスタインフェルドは本作の主題歌「Back to Life」も担当している。
ジャック・バーンズ
演 - ジョン・シナ / 吹き替え - 楠大典
「セクター7」に配属されている少佐。演習で仲間とふざけている最中にバンブルビーが墜落してきて、更に彼を狙ったブリッツウィングとの戦闘に巻き込まれ、仲間から多数の死傷者が出る。初めてのトランスフォーマー達との接触で見境なしにバンブルビーを捕まえようとつけ狙う。
ギレルモ・“メモ”・グティエレス
演 - ジョージ・レンデボーグ・Jr英語版 / 吹き替え - 志尊淳[6][7][8][9][10]
チャーリーの近所に住んでいる黒人の青年。アルバイト先はチャーリーの向かいの綿飴屋。チャーリーに気があるも奥手な性格でなかなかアプローチできないでいる。
パウエル博士
演 - ジョン・オーティス / 吹き替え - 後藤敦
「セクター7」に配属されている科学者。同盟を組んだシャッター達が電話通信を大規模なネットワーク探知機に改良した事で科学力の凄さに心酔していく。
オーティス・ワトソン
演 - ジェイソン・ドラッカー英語版 / 吹き替え - 藤原夏海
チャーリーの弟。空手を習っている。姉と違ってロンとも早々に打ち解けている。
サリー・ワトソン
演 - パメラ・アドロン / 吹き替え - 津田真澄
チャーリーとオーティスの母親。夜勤の看護師。能天気で明るい性格だが、チャーリーの訴えを理解しない。
ロン
演 - スティーヴン・シュナイダー英語版 / 吹き替え - 河本邦弘
サリーが夫亡き直後から付き合い始めたボーイフレンド。そのためチャーリーからは軽蔑気味だが、彼なりに彼女に心を開いてもらおうと努力している。
ウォーレン将軍[注 4]
演 - グリン・ターマン / 吹き替え - 玉野井直樹
「セクター7」の当時の長官。バンブルビー捜索の協力を求めてきたシャッターとドロップキックを危険視しながらも、その技術を手にするようバーンズ達に指示する。
ハンク
演 - レン・キャリオー / 吹き替え - 宝亀克寿
廃品屋の店主。チャーリーに誕生日プレゼントとして敷地で燻っていたバンブルビーを譲り渡す。
ティナ
演 - グレイシー・ドジーニー / 吹き替え - 渡辺広子
チャーリーやメモと同い年の少女。裕福な家の子で容姿端麗。貧困層のチャーリーをバカにして嫌味を言ってきたが、夜に彼女たちと仕返しに来たバンブルビーに愛車のBMW・3シリーズを叩き壊されてしまった。
トリップ・サマーズ
演 - リカルド・ホヨス英語版 / 吹き替え - 土屋神葉

トランスフォーマー編集

今作ではオプティマスをはじめ、前シリーズから登場するキャラクターのデザインが変更され、有機的な風貌と異なり、初代アニメシリーズに酷似した風貌となり、隕石に変形するプロトフォーム(エントリーモード)は登場せず、スキャン前の状態もカラーリングは同じで、カラーが違うマシンをスキャンしても自身のカラーが反映される描写がある。シャッター、ドロップキックといった3種の形態を使い分けるトリプルチェンジャーが登場するが[11][12]、実写1作目での基本設定時点でトランスフォーマーは元々過去にスキャンしたもののデータを任意に引き出して使用できる能力があるため、やろうと思えば一応複数の形態を使うことは可能とされる。

オートボット編集

バンブルビー
声 - ディラン・オブライエン[13] / 吹き替え - 木村良平[14][15][16][17][18][19]
本作のトランスフォーマーサイドの主人公で、正式名称『B-127』。惑星サイバトロンの激戦から脱出して地球に飛来するが、たまたま軍事演習中のセクター7の特殊部隊のど真ん中に墜落した為にのっけから狙われる羽目になる。飛来直後はセクター7が演習に使っていたジープをスキャンするが、ブリッツウィングとの激戦で身体を損傷した為、近くのキャンプ場にとまっていた黄色いビートルをスキャンして活動停止していた。
その後ハンクの廃品屋に回収されたところをチャーリーに引き取られ、彼女と出会うことになる。ブリッツウィングとの戦いの後遺症で記憶喪失にも陥っていたが、チャーリーのおかげでラジオを介して会話するようになる。
オプティマス・プライム
声 - ピーター・カレン[20][21] / 吹き替え - 玄田哲章[22][23][24]
オートボットのリーダー。戦争が激化したサイバトロンから部下たちを脱出させ、自分は皆が逃げるための時間稼ぎとして独り殿を務めた。その後無事サイバトロンから脱出するも、ディセプティコン達に付け狙われている。終盤では既に地球に到着しており、フレイトライナーCOEをスキャンしてバンブルビーを迎えに来ている。
クリフジャンパー英語版
声 - Andrew Morgado[25] / 吹き替え - 中村和正
オートボットの戦士。バンブルビーと同様にサイバトロンから脱出するも、土星の衛星でシャッターとドロップキックに捕まり手酷い尋問を受ける。それでも仲間たちの情報を吐かなかったが、尋問中に運悪くバンブルビーからの通信が入ってしまい彼の居場所を突き止められ、用済みとしてドロップキックに左右真っ二つに両断され殺害された。
アイアンハイド
声 - なし
ラチェット
声 - Dennis Singletary[25] / 吹き替え - 阿部竜一
アーシー
声 - グレイ・デリスル[25]
ホイルジャック
声 - スティーヴン・ブルーム / 吹き替え - 綿貫竜之介
ブローン英語版
声 - カーク・ベイリ英語版[25]

ディセプティコン編集

ブリッツウィング
声 - デイビット・ソボロブ英語版[26] / 吹き替え - 山岸治雄
ディセプティコンの航空兵でファントムIIに変形する[27][28]。腕から展開するナルレイとエレクトロンソーブレード、ミサイルなどを武器とする。
本編劇中にてバンブルビーが地球で最初に対決するディセプティコンで、バーンズ達に追われていたバンブルビーに襲い掛かり、彼の発声回路を抉るなどの重傷を負わせるが、一瞬の隙を突かれて腕のミサイルを胸部に突き刺され、そのままブラスターで狙撃され爆死した。
予告公開当時はカラーリングからスタースクリームとされていたが、現地時間の7月20日に開催された「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ」にて監督のナイトがブリッツウィングであると明言した[29][30]
シャッター
声 - アンジェラ・バセット[31] / 吹き替え - 悠木碧[32][33][34][35][36]
赤のプリムス・GTXハリアーに変形する女性ディセプティコン[37]。腕から展開するブラスターと格闘術を得意とする。残忍だが、状況に応じた臨機応変な行動がとれるなど冷静沈着な性格の持ち主でもある。
オプティマスを狙っており、捕らえたクリフジャンパーを拷問中にバンブルビーが地球にいることを突き止め地球へと飛来する。その際に接触した「セクター7」に対して、自分たちディセプティコンは平和維持軍で、戦争犯罪者であるバンブルビーを捕らえに来たと嘘をついて同盟を結ぶ。
ドロップキック
声 - ジャスティン・セロー[31] / 吹き替え - 濱野大輝[32][33][34][35][36]
青のAMC・ジャヴェリンAH-1W スーパーコブラに変形するディセプティコン[31]。腕から展開するブラスターとブレードを武器とする。残忍な性格で、他の惑星の生物に対する差別意識も強い。
シャッターと同じく、オプティマスの情報を知っているバンブルビーを探して地球へ飛来する。「セクター7」接触時にシャッターの提案で協力を仰ぐため彼らに跪いた際は嫌悪感を露わにしていた。
ショックウェーブ
声 - ジョン・ベイリー[38] / 吹き替え - 拝真之介
軍事作戦司令官。初代アニメシリーズに酷似した風貌となり、武器のブラスターも左腕に装備されている。
サウンドウェーブ
声 - ジョン・ベイリー[38] / 吹き替え - 大泊貴揮
情報参謀。初代アニメシリーズに酷似した風貌となり、声も初代アニメシリーズを思わせるエフェクトがかけられている。
ラヴィッジ英語版
声 - ジョン・ベイリー[38]
サウンドウェーブの部下。初代アニメシリーズに酷似した風貌となり、武器も彼の胸部から射出される。
スタースクリームサンダークラッカースカイワープ
声 - なし
航空兵たち。ショックウェーブの指示でオートボットを攻撃する。ブリッツウィングと同型だが、口などに差異がある。

マーティン・ショートが声優として出演することが発表されている[39]

製作編集

ナイキの創業者の息子で『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の監督を務めたトラヴィス・ナイトが本作の監督を務める[40][41]。主演は『スウィート17モンスター』や『トゥルー・グリット』、『ピッチ・パーフェクト2』などで知られるヘイリー・スタインフェルド[42][43]。作品の舞台は1980年代のアメリカとなる[44][45][46]。全米公開日は当初2018年6月8日を予定していたが、同年12月21日へと変更された[47]。2018年6月5日には、予告編が公開され[27][48]、2018年7月21日には、日本での公開が2019年春になることが発表された[49][50][51][52]。また、2018年8月3日には、アニメ版『トランスフォーマー』シリーズでバンブルビーの声を担当する木村良平ナレーションから始まる日本版特報が公開され[53][54][55][56][57]、2018年9月24日には、海外版最新予告編が公開された[58][59]。さらに、2018年11月16日には、日本での公開日が2019年3月22日に決定したことが発表され[60][61][62]、2018年11月20日には日本版の予告が公開された[63][64][65][66][67]他、2018年12月13日には、新たな予告編が公開された[68][69][70][71]。2018年12月1日幕張メッセにて行われた「東京コミコン2018」内で行われたスペシャルトークショーで、玄田哲章オプティマス・プライム吹き替えを続投することが発表された[22][23][24]。新年となる2019年1月1日には、バンブルビーが新年の挨拶をする特別映像が公開され[72][73][74][75]、2019年1月18日には、木村がバンブルビーの日本語版吹き替えを担当することが発表されたほか[14][15][16][17][18][19]、2019年2月1日には、土屋太鳳志尊淳が主役2人の吹き替えを担当することが発表された[6][7][8][9][10]。また、2019年2月7日には、かねてから『トランスフォーマー』シリーズのファンを公言していた悠木碧がシャッターの吹き替えを、アニメ『トランスフォーマー アドベンチャー』シリーズでサイドスワイプの吹き替えを務めた濱野大輝がドロップキックの吹き替えをそれぞれ担当することが発表された[32][33][34][35][36]。2019年2月13日には、監督のトラヴィス・ナイトやキャスト・スタッフが本作について語る特別映像が公開され[76][77][78][79]、2019年2月21日には、日本語吹替版の予告編が公開された[80]

興行成績編集

アメリカ国内での公開初週の成績は2,165万4,047ドル(約23億円)で3位となった[81][82]

日本での公開初週の成績は観客動員数12万人、興行収入1億7,300万円で4位となった[83]

Webアニメ編集

『バンブルビー 初めての地球生活』
YouTubeでパラマウント・ピクチャーズ(日本版)が配信しているFlashアニメ[84][85]
  • 監督、脚本、絵コンテ、アニメーション製作 - 山本雄三
  • キャラクターデザイン、作画設定、背景 - ガしガし
  • イラスト原画、仕上げ - 山本周司
  • 制作ディレクター - 平井和徳
  • バンブルビーの心の声、ナレーション、チャーリーの声 - 木村良平
話数 サブタイトル 配信日
#1 廃品置き場で拾われて 2019年
3月20日
#2 公園で隠れて! 4月5日
#3 クッキング! 4月11日

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 変身したB-127である。
  2. ^ ロボットが本来の姿なので変身を解いたことになる。
  3. ^ バンブルビーと別れた丘とは別のもの。
  4. ^ 日本語吹替版エンドクレジットの表記。公式サイトでの表記はウェーレン司令官。

出典編集

  1. ^ Bumblebee (2018)”. The Numbers. IMDb. 2018年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c Bumblebee (2018)”. Box Office Mojo. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ D'Alessandro, Anthony (2017年7月31日). “‘Transformers’ Spinoff ‘Bumblebee’ Flies To December 2018”. Deadline. http://deadline.com/2017/07/transformers-spinoff-bumblebee-flies-to-december-2018-1202139401/ 2017年8月1日閲覧。 
  4. ^ Silver Optimus (2017年9月9日). “Hascon 2011: The Bumblebee Movie Tidbits”. Transformers News. TFW2005. 2018年6月12日閲覧。
  5. ^ 稲元徹也 (2019年3月9日). “映画公開記念「バンブルビーカフェ」が池袋パルコにオープン”. GAME Watch (インプレス). https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1173822.html 2019年5月21日閲覧。 
  6. ^ a b c 大内啓輔 (2019年2月1日). “土屋太鳳&志尊淳『バンブルビー』吹替キャストに決定!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106552 2019年2月6日閲覧。 
  7. ^ a b c “土屋太鳳&志尊淳「バンブルビー」吹き替え声優挑戦!監督からもお墨付き”. 映画.com (カカクコム). (2019年2月1日). https://eiga.com/news/20190201/2/ 2019年2月6日閲覧。 
  8. ^ a b c “土屋太鳳と志尊淳が「バンブルビー」で吹替担当、監督もお気に入り”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月1日). https://natalie.mu/eiga/news/318164 2019年2月1日閲覧。 
  9. ^ a b c “映画『バンブルビー』土屋太鳳さん&志尊淳さんが日本語吹替版声優に決定! 可愛さMAXなバンブルビーと絆で結ばれた少年少女を熱演!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年2月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1548983576 2019年2月6日閲覧。 
  10. ^ a b c “志尊淳:「バンブルビー」で吹き替え声優初挑戦 土屋太鳳も”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年2月1日). https://mantan-web.jp/article/20190131dog00m200076000c.html 2019年2月13日閲覧。 
  11. ^ Bumblebee (2018) - People of Earth Clip - Paramount Pictures - YouTube
  12. ^ 入倉功一 (2018年12月7日). “『バンブルビー』トリプルチェンジャー登場!3段変形映像が公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105452 2019年1月9日閲覧。 
  13. ^ Vejvoda, Jim (2018年12月4日). “『トランスフォーマー』前日譚でバンブルビーが喋る!バンブルビーを演じる役者が明らかに”. IGN. 2018年12月4日閲覧。
  14. ^ a b 倉本拓弥 (2019年1月18日). “木村良平『バンブルビー』吹替キャストに決定 映画でもバンブルビー声優に”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106221 2019年1月21日閲覧。 
  15. ^ a b “バンブルビーが“地声”初披露!木村良平が参戦「不思議な親近感を感じている」”. 映画.com (カカクコム). (2019年1月18日). https://eiga.com/news/20190118/8/ 2019年1月21日閲覧。 
  16. ^ a b “バンブルビー役は実写映画でも木村良平、「彼の新たな作品に参加できて嬉しい」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年1月18日). https://natalie.mu/eiga/news/316422 2019年1月18日閲覧。 
  17. ^ a b “映画『バンブルビー』主人公・バンブルビーの吹替え声優に木村良平さん決定! 木村さんのボイスメッセージ特典付きムビチケオンライン券も発売”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年1月18日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1547717840 2019年1月21日閲覧。 
  18. ^ a b “映画『バンブルビー』バンブルビー役を声優・木村良平さんが担当! 木村さんからのコメントも到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年1月18日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1547782449 2019年1月21日閲覧。 
  19. ^ a b “トランスフォーマー:木村良平が実写版「バンブルビー」吹き替え 役以上に「不思議な親近感」”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年1月18日). https://mantan-web.jp/article/20190117dog00m200048000c.html 2019年2月13日閲覧。 
  20. ^ Black Convoy (2017年10月2日). “Peter Cullen Confirmed In The Bumblebee Movie”. Transformers News. TFW2005. 2017年10月2日閲覧。
  21. ^ Ryan Scott (2018年7月23日). “Optimus Prime Is Definitely in Bumblebee Movie”. MovieWeb. 2018年7月24日閲覧。
  22. ^ a b 倉本拓弥 (2018年12月1日). “玄田哲章、再びオプティマス・プライムに!『バンブルビー』吹替えキャストに決定”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105221 2018年12月6日閲覧。 
  23. ^ a b “声優・玄田哲章「バンブルビー」でもオプティマス・プライム吹き替えを続投!”. 映画.com (カカクコム). (2018年12月1日). https://eiga.com/news/20181201/13/ 2018年12月6日閲覧。 
  24. ^ a b “玄田哲章、バンブルビーと対面し笑顔に「相変わらずかわいい」「黄色が似合う」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/310395 2018年12月6日閲覧。 
  25. ^ a b c d DeLisle, Grey [@GreyDeLisle] (2018年12月10日). "Go watch the @transformers @bumblebeemovie !!! It's SO GOOD! #arcee #BumblebeeMovie #Transformers" (ツイート). Retrieved 2019年1月9日 – via Twitter.
  26. ^ J.D. Jr. (2018年9月2日). “David Sobolov To Voice Blitzwing In Bumblebee”. Infinite Earths. http://iearths.blogspot.com/2018/09/david-sobolov-to-voice-blitzwing-in.html 2018年9月29日閲覧。 
  27. ^ a b Bumblebee (2018) - Official Teaser Trailer - Paramount Pictures - YouTube
  28. ^ Silver Optimus (2018年6月20日). “Paramount Reveals The Possible Identity Of The Mysterious Seeker From Transformers: Bumblebee Movie”. Transformers News (TFW2005). http://news.tfw2005.com/2018/06/20/paramount-reveals-the-possible-identity-of-the-mysterious-seeker-from-transformers-bumblebee-movie-366024 2018年7月16日閲覧。 
  29. ^ onslaught24 (2018年7月20日). “San Diego Comic Con 2018 - Bumblebee The Movie Panel”. Transformers News (TFW2005). http://news.tfw2005.com/2018/07/20/san-diego-comic-con-2018-bumblebee-the-movie-panel-368692 2018年7月23日閲覧。 
  30. ^ 入倉功一 (2017年7月21日). “バンブルビー映画は80年代テイスト満載!特別映像がコミコンで上映”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102392 2018年7月23日閲覧。 
  31. ^ a b c Anthony Breznican (2018年7月13日). “First Look: Bumblebee unveils two new Decepticon muscle cars”. Entertainment Weekly. ISSN 1049-0434. OCLC 21114137. http://ew.com/movies/2018/07/13/bumblebee-decepticon-trackers-first-look/ 2018年7月16日閲覧。 
  32. ^ a b c 入倉功一 (2019年2月7日). “声優・悠木碧がトランスフォーマー参戦!濱野大輝と『バンブルビー』吹替キャストに決定〈コメント全文〉”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106690 2019年2月13日閲覧。 
  33. ^ a b c “ガチすぎる“バンブルビー愛”が話題に!熱狂ファンの悠木碧、濱野大輝と吹き替え声優に抜てき”. 映画.com (カカクコム). (2019年2月7日). https://eiga.com/news/20190207/15/ 2019年2月13日閲覧。 
  34. ^ a b c “バンブルビー愛あふれる悠木碧、吹替版に出演!濱野大輝と“最凶の敵”に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月7日). https://natalie.mu/eiga/news/319068 2019年2月7日閲覧。 
  35. ^ a b c “映画『バンブルビー』に登場する“ディセプティコン”・シャッター役の吹き替え声優に悠木碧さんが決定! 「お芝居で少しでも恩返しが出来たら」と語った熱いコメントも到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年2月7日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1549437468 2019年2月13日閲覧。 
  36. ^ a b c “悠木碧:敵役で「バンブルビー」日本語吹き替え版出演 濱野大輝とともに”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年2月7日). https://mantan-web.jp/article/20190207dog00m200012000c.html 2019年2月13日閲覧。 
  37. ^ MV95 (2017年9月20日). “Decepticon Vehicle Revealed on Transformers Universe: Bumblebee Set”. Transformers News. TFW2005. 2018年6月7日閲覧。
  38. ^ a b c Bailey, Jon [@EpicVoiceGuy] (2018年12月10日). "I'm just gonna go ahead & claim these for the @bumblebeemovie toys of the characters I voiced. @transformers #JoinTheBuzz #TransformersSeige" (ツイート). Retrieved 2019年1月9日 – via Twitter.
  39. ^ Silver Optimus (2018年4月14日). “Martin Short Working On Voice-over For Transformers: Bumblebee”. Transformers News. TFW2005. 2018年6月7日閲覧。
  40. ^ 鯨岡孝子 (2017年3月8日). “バンブルビー主役の『トランスフォーマー』スピンオフ、ナイキ創業者の息子が監督”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0090122 2018年6月7日閲覧。 
  41. ^ “ナイキ創業者の息子「トランスフォーマー」スピンオフ映画を監督”. 映画.com (カカクコム). (2017年3月22日). https://eiga.com/news/20170322/29/ 2018年6月7日閲覧。 
  42. ^ 石神恵美子 (2017年6月1日). “バンブルビー主役の『トランスフォーマー』初スピンオフ、注目の若手女優が主演か”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0091946 2018年6月7日閲覧。 
  43. ^ “「トランスフォーマー」スピンオフ映画にヘイリー・スタインフェルド”. 映画.com (カカクコム). (2017年6月8日). https://eiga.com/news/20170608/9/ 2018年6月7日閲覧。 
  44. ^ 石神恵美子 (2017年6月16日). “『トランスフォーマー』バンブルビーのスピンオフ、1980年代が舞台に!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0092245 2018年6月7日閲覧。 
  45. ^ 入倉功一 (2017年12月30日). “『トランスフォーマー』80年代のバンブルビー!スピンオフのビジュアル公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0097358 2018年6月7日閲覧。 
  46. ^ “バンブルビーがVWビートルに、「トランスフォーマー」スピンオフの場面写真公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年12月30日). https://natalie.mu/eiga/news/263393 2018年7月26日閲覧。 
  47. ^ 市川遥 (2017年8月2日). “『トランスフォーマー』スピンオフ、来年12月公開!居場所を見つけられない少女とバンブルビーが出会い…”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0093344 2018年6月7日閲覧。 
  48. ^ 倉本拓弥 (2018年6月5日). “トランスフォーマースピンオフ『バンブルビー』予告編が公開!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0101349 2018年6月7日閲覧。 
  49. ^ 倉本拓弥 (2018年7月21日). “トランスフォーマー初のスピンオフ『バンブルビー』2019年春に日本公開!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102343 2018年7月23日閲覧。 
  50. ^ “「トランスフォーマー」初のスピンオフ「バンブルビー」19年春、日本公開決定!”. 映画.com (カカクコム). (2018年7月21日). https://eiga.com/news/20180721/2/ 2018年7月23日閲覧。 
  51. ^ “「トランスフォーマー」スピンオフ「バンブルビー」の公開決定、本日TVで映像解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年7月21日). https://natalie.mu/eiga/news/291990 2018年7月26日閲覧。 
  52. ^ “映画『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』が、2019年春に日本公開決定​!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年7月22日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1532253872 2018年7月26日閲覧。 
  53. ^ 『バンブルビー』特報 - YouTube
  54. ^ 倉本拓弥 (2018年8月3日). “トランスフォーマースピンオフ『バンブルビー』日本版特報&ティーザービジュアル公開!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0102630 2018年8月8日閲覧。 
  55. ^ “「トランスフォーマー」初のスピンオフ「バンブルビー」日本版特報が披露!”. 映画.com (カカクコム). (2018年8月3日). https://eiga.com/news/20180803/10/ 2018年8月8日閲覧。 
  56. ^ “初めての相棒は少女、バンブルビーの変形収めたスピンオフ特報解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年8月3日). https://natalie.mu/eiga/news/293861 2018年8月8日閲覧。 
  57. ^ “声優・木村良平さんのナレーションから始まる『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』の日本版特報映像&ティザービジュアルが公開!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年8月3日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1533259287 2018年8月8日閲覧。 
  58. ^ Bumblebee (2018) - New Official Trailer - Paramount Pictures - YouTube
  59. ^ 倉本拓弥 (2018年9月25日). “オプティマス・プライムも登場!『バンブルビー』新予告編”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0103786 2018年9月26日閲覧。 
  60. ^ 小松芙未 (2018年11月17日). “『バンブルビー』来年3月公開!キューピーがバンブルビー化した特典!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0104989 2018年11月28日閲覧。 
  61. ^ “「バンブルビー」前売り特典はキューピーとのコラボキーホルダー、公開日も決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月16日). https://natalie.mu/eiga/news/308248 2018年11月28日閲覧。 
  62. ^ “『トランスフォーマー』シリーズ最新作『バンブルビー』日本公開日は2019年3月22日に! 前売り特典は、キューピーとのコラボキーホルダー”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年11月16日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1542343513 2018年11月28日閲覧。 
  63. ^ 『バンブルビー』日本版予告 - YouTube
  64. ^ 倉本拓弥 (2018年11月20日). “トランスフォーマーと少女の強い絆…『バンブルビー』心温まる日本版予告”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105042 2018年11月28日閲覧。 
  65. ^ “「トランスフォーマー」シリーズ最新作「バンブルビー」日本版予告&場面写真公開!”. 映画.com (カカクコム). (2018年11月20日). https://eiga.com/news/20181120/9/ 2018年11月28日閲覧。 
  66. ^ “「バンブルビー」予告公開、犬との2ショット捉えた新たな場面写真も到着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月20日). https://natalie.mu/eiga/news/308578 2018年11月28日閲覧。 
  67. ^ “『バンブルビー』日本版予告&新着場面写真が到着! ドジだけど心優しいビーの姿をチェックしよう!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年11月20日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1542677359 2018年11月28日閲覧。 
  68. ^ 『バンブルビー』日本版新予告 - YouTube
  69. ^ 入倉功一 (2018年12月13日). “ドジで優しいバンブルビーがかわいすぎ!日本版予告&ビジュアル公開”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105565 2019年1月9日閲覧。 
  70. ^ “海外から使用希望が殺到!「バンブルビー」日本版ポスター&新予告公開”. 映画.com (カカクコム). (2018年12月13日). https://eiga.com/news/20181213/10/ 2019年1月9日閲覧。 
  71. ^ “何があってもあなたを守る、「バンブルビー」のポスターと新予告解禁”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月13日). https://natalie.mu/eiga/news/311993 2019年1月9日閲覧。 
  72. ^ 『バンブルビー』可愛すぎる謹賀新年特別映像 & "感動の出会い"本編映像! - YouTube
  73. ^ “バンブルビーからかわいすぎる新年の挨拶!名前の秘密も明かされる特別映像公開”. 映画.com (カカクコム). (2019年1月1日). https://eiga.com/news/20190101/1/ 2019年1月9日閲覧。 
  74. ^ “バンブルビーからお年賀到着、初日の出バックに「謹賀新年」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年1月1日). https://natalie.mu/eiga/news/314276 2019年1月9日閲覧。 
  75. ^ “トランスフォーマー:バンブルビーから新年のあいさつ 最新映画の特別映像公開 本編映像も”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年1月1日). https://mantan-web.jp/article/20181228dog00m200071000c.html 2019年2月13日閲覧。 
  76. ^ 『バンブルビー』特別映像 | ORIGINS - YouTube
  77. ^ 入倉功一 (2019年2月13日). “『バンブルビー』が描くのは人との絆 『KUBO』監督の確固たるビジョン”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0106797 2019年2月26日閲覧。 
  78. ^ “「バンブルビー」監督、「トランスフォーマー」シリーズとの違いは?”. 映画.com (カカクコム). (2019年2月13日). https://eiga.com/news/20190213/3/ 2019年2月26日閲覧。 
  79. ^ “「バンブルビー」の見どころは?監督トラヴィス・ナイトが明かす”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月13日). https://natalie.mu/eiga/news/319632 2019年2月26日閲覧。 
  80. ^ 『バンブルビー』吹替版予告 - YouTube
  81. ^ 市川遥 (2018年12月27日). “『アクアマン』初登場1位!『メリー・ポピンズ』『バンブルビー』が続く”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0105887 2019年1月9日閲覧。 
  82. ^ “【全米映画ランキング】「アクアマン」が大ヒットデビュー 「バンブルビー」は3位に”. 映画.com (カカクコム). (2018年12月26日). https://eiga.com/news/20181226/9/ 2019年1月9日閲覧。 
  83. ^ “【国内映画ランキング】「ドラえもん」V4、「バンブルビー」は4位、「PRINCE OF LEGEND」8位スタート”. 映画.com (カカクコム). (2019年3月25日). https://eiga.com/news/20190325/21/ 2019年3月26日閲覧。 
  84. ^ “映画『バンブルビー』より、キュート&ポップな連続アニメ第1弾完成! 声優・木村良平さんが、1人3役の大熱演”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2019年3月21日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1553097138 2019年4月2日閲覧。 
  85. ^ “バンブルビー:「ケロロ軍曹」の山本雄三が手がけるアニメ公開 木村良平が1人3役を熱演”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2019年3月20日). https://mantan-web.jp/article/20190320dog00m200024000c.html 2019年4月2日閲覧。 

外部リンク編集