メインメニューを開く

バーミンガム・シティ・フットボール・クラブBirmingham City Football Clubイギリス英語発音[ˈbəːmiŋəm ˈsiti ˈfutˌbɔːl klʌb])は、イギリスウェスト・ミッドランズ州バーミンガムに本拠地を置くサッカークラブ。同じバーミンガムを本拠地とするアストン・ヴィラFCとの対決はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せる。

バーミンガム・シティFC
原語表記 Birmingham City Football Club
愛称 Blues
クラブカラー
創設年 1875年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン チャンピオンシップ
ホームタウン バーミンガム
ホームスタジアム セント・アンドルーズ・スタジアム
収容人数 29,409[1]
代表者 トリリオン・トロフィー・アジア
監督 スペインの旗 ペップ・クロテート(暫定)
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

 
セント・アンドルーズ・スタジアム

1875年、スモールヒース・アライアンス(Small Heath Alliance)として創設し、1945年に現在の呼称となる。タイトルはリーグカップを2回制したのみで、リーグ戦ではまだない。2002年、プレーオフの末プレミアリーグへの昇格を果たした。アストン・ヴィラFCとの対戦はバーミンガム・ダービーとして盛り上がりを見せるが、2005-06シーズンは18位に終わり、4シーズンぶりに降格した。しかし、2006-07シーズンは2位に入り、プレミアリーグ昇格を決めた。2007-08シーズンは19位で終え、翌シーズンはチャンピオンシップでプレミアリーグ復帰を目指すこととなった。そして、2008-09シーズンはチャンピオンシップで2位となり、1シーズンでプレミアリーグ復帰が決まった。2010-11シーズンには48年ぶりとなるフットボールリーグカップ優勝を果たしたが、カップ戦優勝以降成績が上向かず、2シーズンぶりに降格が決定した。

2007年7月17日、香港の実業家カーソン・ヨンが所有する投資会社グランドトップ・インターナショナル・ホールディングスがクラブ株式の29.9%を取得した[2]。2009年9月30日、クラブの株式の86%を取得し、実質的に経営権を握った[3]

一時期、ユニホームサプライヤーには中華人民共和国のスポーツ用品メーカーXtep(特歩)が務めていた。

2016年3月には、新たにadidasと2016-17シーズンから2020年まで4年にわたる、ユニフォームサプライヤーの契約を締結した[4]

名称変更編集

  • 1875-1888 スモール・ヒース・アライアンスFC
  • 1888-1905 スモール・ヒースFC
  • 1905-1945 バーミンガムFC
  • 1945-現在 バーミンガム・シティFC

タイトル編集

国内タイトル編集

1962-63, 2010-11

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FAカップ リーグカップ 欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点数
2000-01 ディヴィジョン1 46 23 9 14 59 48 78 5位 3回戦敗退 準優勝 ジョフ・ホースフィールド 12
2001-02 ディヴィジョン1 46 21 13 12 70 49 76 5位 3回戦敗退 3回戦敗退 トミー・ムーニー 15
2002-03 プレミアリーグ 38 13 9 16 41 49 48 13位 3回戦敗退 3回戦敗退 スターン・ジョン 9
2003-04 プレミアリーグ 38 12 14 12 43 48 50 10位 5回戦敗退 2回戦敗退 ミカエル・フォルセル 19
2004-05 プレミアリーグ 38 11 12 15 40 46 45 12位 4回戦敗退 3回戦敗退 エミール・ヘスキー 11
2005-06 プレミアリーグ 38 8 10 20 28 50 34 18位 準々決勝敗退 準々決勝敗退 ミカエル・フォルセル
イジー・ヤロシーク
8
2006-07 チャンピオンシップ 46 26 8 12 67 42 86 2位 4回戦敗退 4回戦敗退 ギャリー・マクシェフリー 16
2007-08 プレミアリーグ 38 8 11 19 46 62 35 19位 3回戦敗退 3回戦敗退 ミカエル・フォルセル 9
2008-09 チャンピオンシップ 46 23 14 9 54 37 83 2位 3回戦敗退 2回戦敗退 ケヴィン・フィリップス 14
2009-10 プレミアリーグ 38 13 11 14 38 47 50 9位 準々決勝敗退 3回戦敗退 キャメロン・ジェローム 11
2010-11 プレミアリーグ 38 8 15 15 37 58 39 18位 準々決勝敗退 優勝 クレイグ・ガードナー 10
2011-12 チャンピオンシップ 46 20 16 10 78 51 76 4位 5回戦敗退 3回戦敗退 EL グループリーグ敗退 マーロン・キング 18
2012-13 チャンピオンシップ 46 15 16 15 63 69 61 12位 3回戦敗退 2回戦敗退 マーロン・キング 14
2013-14 チャンピオンシップ 46 11 11 24 58 74 44 21位 4回戦敗退 4回戦敗退 リー・ノヴァク 11
2014-15 チャンピオンシップ 46 16 15 15 54 64 63 10位 4回戦敗退 2回戦敗退 クレイトン・ドナルドソン 16
2015-16 チャンピオンシップ 46 16 15 15 53 49 63 10位 3回戦敗退 3回戦敗退 クレイトン・ドナルドソン 11
2016-17 チャンピオンシップ 46 13 14 19 45 64 53 19位 3回戦敗退 1回戦敗退 ルーカス・ユトキエヴィッツ 12
2017-18 チャンピオンシップ 46 13 7 26 38 68 46 19位 4回戦敗退 2回戦敗退 チェ・アダムス 9
2018-19 チャンピオンシップ 46 14 19 13 64 58 52 17位 3回戦敗退 1回戦敗退 チェ・アダムス 22
2019-20 チャンピオンシップ 46

現所属メンバー編集

フォーメーション編集

2018-2019シーズン フォーメーション

現所属メンバー編集

2019年8月19日現在[5]
No. Pos. 選手名
1   GK リー・キャンプ
2   DF ウェス・ハーディング
3   DF クリスチャン・ペデルセン
4   DF マーク・ロバーツ
5   DF マクシム・コラン
6   MF マイケル・キーフテンベルト
7   MF ダン・クローリー
8   MF クレイグ・ガードナー
10   FW ルーカス・ユトキエヴィッツ
12   DF ハーリー・ディーン
13   GK デイヴィッド・ストックデイル
14   DF ジェイク・クラーク=ソルター
15   MF ジェフェルソン・モンテーロ
16   MF ジョシュ・マクイクラン
17   MF フラン・ビジャルバ
18   MF ケリム・ムラブティ
19   MF ジャック・マゴマ
20   MF ゲイリー・ガードナー
No. Pos. 選手名
21   MF アグス・メディナ
22   MF ジュード・ベリンガム
23   GK モハ・ラモス
24   FW アルバロ・ヒメネス
26   MF デイビッド・デイビス
27   GK コンナル・トゥルーマン
29   DF ジョナサン・グラウンズ
33   DF シェイク・ケイタ
34   MF イバン・シュニッチ
37   MF オーディン・ベイリー
42   DF スティーブ・セダン
43   DF ジェラルド・バイラミ
44   FW コーラン・ボイド=マンス
45   DF ライアン・バーク
46   DF ジョー・レドモンド
47   MF ライアン・スターク
監督

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
14   DF ジェイク・クラーク=ソルター (チェルシー)
15   MF ジェフェルソン・モンテーロ (スウォンジー・シティ)
No. Pos. 選手名
23   GK モハ・ラモス (レアル・マドリード)
out
No. Pos. 選手名
25   DF ジョシュア・ダーケレス=コグニー (クローリー・タウン)
No. Pos. 選手名
32   DF コーリー・オキーフ (マクルズフィールド・タウン)

歴代監督編集

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ New to St. Andrew's?”. Birmingham City F.C.. 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ BBC SPORT (2007年7月16日). “Yeung takes stake in Birmingham”. 2009年10月1日閲覧。
  3. ^ スポーツナビ (2009年9月30日). “香港の実業家がバーミンガムの株式を86%取得し、新オーナーに”. 2009年10月1日閲覧。
  4. ^ FOOTY HEADLINES (2016年3月4日). “Birmingham City Announce Adidas Kit Deal”. 2016年12月9日閲覧。
  5. ^ First Team”. バーミンガム・シティFC. 2019年8月19日閲覧。

外部リンク編集

公式
ニュース
その他