メインメニューを開く

ヘルタ・ベルリナー・シュポルト・クルプドイツ語: Hertha Berliner Sport Club)は、ドイツの首都ベルリンに本拠地を置くサッカークラブ。「ヘルタ」とは船の名前が由来で、クラブのエンブレムもその船が掲げていた旗がモチーフになっている。

ヘルタ・ベルリン
原語表記 Hertha Berliner Sport Club
愛称 Die Alte Dame
Blau-weiss
クラブカラー 青と白
創設年 1892年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ベルリン
ホームスタジアム オリンピアシュタディオン
収容人数 76,065
代表者 ドイツの旗 ミヒャエル・プレーツ
監督 クロアチアの旗 アンテ・チョヴィッチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

戦前編集

1927-1928シーズンでドイツサッカー選手権で決勝に進出したがハンブルガーSVに2-5で敗れ、準優勝に終わっている。がその翌シーズンから2連覇を達成している。

しかし、1945年からの2+4によりベルリンは占領地となり、クラブは長く雌伏の期間を過ごす。

ディーター・ヘーネス副会長時代編集

かつての名選手で、VfBシュトゥットガルトゼネラルマネージャーだったディーター・ヘーネス1996年に副会長に就任するとチームは躍進を遂げる。就任当時はスタッフは数人しか在籍していなかった。

1996-97シーズンにブンデスリーガ2部で3位となり、1990-91シーズン以来となる1部昇格を果たした。1998-99シーズンにはリーグ3位となりUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に成功する。

1999-2000シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグに予備予選から参戦。アノルトシス・ファマグスタ(キプロス)を破って予備予選を突破し、1次リーグはチェルシー(イングランド)、ACミラン(イタリア)、ガラタサライ(トルコ)と同じグループとなった。ホームでチェルシー、ミランを撃破するなどの結果を残し、1次リーグを2位通過。しかし、2次リーグではFCバルセロナ(スペイン)、FCポルト(ポルトガル)、スパルタ・プラハ(チェコ)と同じグループとなり、6試合を戦って2分4敗の成績で2次リーグ敗退となった。

その後は、優勝を目指すため大物選手を補強していったが、2003-04シーズンにはこれが裏目に出てしまい、結局は12位でリーグを終える。翌シーズン以降は汚名返上して上位に食い込むものの、2006-07シーズンは終盤戦に失速し、10位に終わった。

2007年夏にはFWアシュカン・デヤガーやMFケヴィン=プリンス・ボアテングなど若手の主力を放出したが、苦しい台所事情から積極的な補強はできなかった。FCチューリッヒで2連覇を達成したルシアン・ファヴレ監督と3年契約を結び、ユース出身者や若手を重視してシーズンに臨んだ。この頃から補強も堅実路線に変更しており、後に2008-09シーズンの躍進に繋がった。

2007-08シーズンは若手MFパトリック・エベルトが順調な成長を見せ、2008年1月に獲得したMFゴイコ・カチャルが後半戦の全ての試合に出場するなど、若手主体の強化方針は一定の成功を収めた。

2008-09シーズン、フェアプレー枠により出場したUEFAカップのグループリーグは2分2敗で敗退した。UEFAカップ参戦によるリーグ戦への悪影響が心配されたが、22節から約1カ月の間首位に立つなど、大きなサプライズを残した。しかし、この頃からヘーネスとフロント上層部との対立、ファヴレの不可解な采配が大きく影響し、終盤に失速して結局4位でシーズンを終えて、UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得することになった。シーズン終了後には、クラブ上層部との対立によって、長年チームの強化に携わってきたヘーネスがクラブを去っていった。

ディーター・ヘーネス退任以降編集

2009年夏、FWアンドリー・ヴォロニンとFWマルコ・パンテリッチの両エース、守備の要であるDFヨシプ・シムニッチが退団し、前シーズンのゴタゴタがチームに少なからず影響したこともあり、2009-10シーズンは最下位で2部降格となった。2010-11シーズンはキャプテンのアルネ・フリードリヒの移籍もあったが、マルクス・バッベル監督が早期にチームを掌握し、2部で優勝を成し遂げ、1年での1部復帰を果たした。しかし契約上の問題から2011年12月18日付でバッベルを解任[1]。後任にはミヒャエル・スキッベが就任した[2]が、就任後5試合で1勝も上げることが出来ず2012年2月12日に解任された[3]。その後オットー・レーハーゲルを監督に迎えたがこのシーズンは16位に終わり、2部3位のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの入替戦に敗れ、1シーズンで2部に再び降格した。[4]ヨス・ルフカイを新監督に迎えた2012-13シーズンは2部で優勝を成し遂げ、1年で1部復帰を果たした[5]。2013年夏の移籍期間には細貝萌[6]、2014年の夏の移籍期間に原口元気が加入した。

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

過去の成績編集

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
1963-64 ブンデスリーガ1部 14位 30 9 6 15 45 65 −20 24 ベスト4
1964-65 ブンデスリーガ1部 14位 30 7 11 12 40 62 −22 25 1回戦敗退
1965-66 レギオナルリーガ ベルリン 1位 30 29 0 1 136 25 +111 58
1966-67 レギオナルリーガ ベルリン 1位 30 28 1 1 114 28 +86 57 1回戦敗退
1967-68 レギオナルリーガ ベルリン 1位 30 26 3 1 104 11 +93 55 ベスト8
1968-69 ブンデスリーガ1部 14位 34 12 8 14 31 39 −8 32 1回戦敗退
1969-70 ブンデスリーガ1部 3位 34 20 5 9 67 41 +26 45 ベスト8
1970-71 ブンデスリーガ1部 3位 34 16 9 9 61 43 +18 41 ベスト16
1971-72 ブンデスリーガ1部 6位 34 14 9 11 46 55 +9 37 1回戦敗退
1972-73 ブンデスリーガ1部 13位 34 11 8 15 53 64 −11 30 ベスト8
1973-74 ブンデスリーガ1部 8位 34 11 11 12 56 60 −4 33 ベスト16
1974-75 ブンデスリーガ1部 2位 34 19 6 9 61 43 +18 44 1回戦敗退
1975-76 ブンデスリーガ1部 11位 34 11 10 13 59 61 −2 32 ベスト4
1976-77 ブンデスリーガ1部 10位 34 13 8 13 55 54 +1 34 準優勝
1977-78 ブンデスリーガ1部 3位 34 15 10 9 59 48 +11 40 ベスト8
1978-79 ブンデスリーガ1部 14位 34 9 11 14 40 50 −10 39 準優勝
1979-80 ブンデスリーガ1部 16位 34 11 7 16 41 61 −20 29 3回戦敗退
1980-81 ブンデスリーガ2部北部 3位 42 31 2 9 123 42 +81 64 ベスト4
1981-82 ブンデスリーガ2部 2位 38 20 8 10 84 47 +37 48 3回戦敗退
1982-83 ブンデスリーガ1部 18位 34 5 10 19 43 67 −24 20 ベスト8
1983-84 ブンデスリーガ2部 11位 38 13 11 14 64 57 +7 37 ベスト8
1984-85 ブンデスリーガ2部 14位 38 10 15 13 50 59 −9 35 ベスト16
1985-86 ブンデスリーガ2部 17位 38 8 15 15 50 62 −12 31 1回戦敗退
1986-87 オーバーリーガ・ベルリン 1位 30 24 5 1 102 25 +77 53 1回戦敗退
1987-88 オーバーリーガ・ベルリン 1位 30 22 4 4 75 22 +53 48 2回戦敗退
1988-89 ブンデスリーガ2部 13位 38 11 14 13 45 44 +1 36
1989-90 ブンデスリーガ2部 1位 38 22 9 7 65 39 +26 33 1回戦敗退
1990-91 ブンデスリーガ1部 18位 34 3 8 23 37 84 −47 14 2回戦敗退
1991-92 ブンデスリーガ2部北部 3位 32 13 9 10 46 41 +5 35 1回戦敗退
1992-93 ブンデスリーガ2部 5位 46 19 15 12 82 55 +27 53 ベスト16
1993-94 ブンデスリーガ2部 11位 38 11 15 12 48 42 +6 37 2回戦敗退
1994-95 ブンデスリーガ2部 11位 34 10 12 12 41 45 −4 32 1回戦敗退
1995-96 ブンデスリーガ2部 14位 34 11 12 11 37 35 +2 34 2回戦敗退
1996-97 ブンデスリーガ2部 3位 34 17 7 10 57 38 +19 58 2回戦敗退
1997-98 ブンデスリーガ1部 11位 34 12 7 15 41 53 -12 43 2回戦敗退
1998-99 ブンデスリーガ1部 3位 34 18 8 8 59 32 +27 62 ベスト16
1999-00 ブンデスリーガ1部 6位 34 13 11 10 39 46 -7 50 ベスト16
2000-01 ブンデスリーガ1部 5位 34 18 2 14 58 52 +6 56 2回戦敗退
2001-02 ブンデスリーガ1部 4位 34 18 7 9 61 38 +23 61 ベスト8
2002-03 ブンデスリーガ1部 5位 34 16 6 12 52 43 +9 54 1回戦敗退
2003-04 ブンデスリーガ1部 12位 34 9 12 13 42 59 -17 39 ベスト16
2004-05 ブンデスリーガ1部 4位 34 15 13 6 59 31 +28 58 2回戦敗退
2005-06 ブンデスリーガ1部 6位 34 12 12 10 52 48 +4 48 3回戦敗退
2006-07 ブンデスリーガ1部 10位 34 12 8 14 50 55 -5 44 ベスト8
2007-08 ブンデスリーガ1部 10位 34 12 8 14 39 44 -5 44 2回戦敗退
2008-09 ブンデスリーガ1部 4位 34 19 9 6 48 41 +7 63 2回戦敗退
2009-10 ブンデスリーガ1部 18位 34 5 9 20 34 56 -22 24 2回戦敗退
2010-11 ブンデスリーガ2部 1位 34 23 5 6 69 28 +41 74 2回戦敗退
2011-12 ブンデスリーガ1部 16位 34 7 10 17 38 64 -26 31 ベスト8
2012-13 ブンデスリーガ2部 1位 34 22 10 2 65 28 +37 76 1回戦敗退
2013-14 ブンデスリーガ1部 11位 34 11 8 15 40 48 -8 41 2回戦敗退
2014-15 ブンデスリーガ1部 15位 34 9 8 17 36 52 -16 35 2回戦敗退
2015-16 ブンデスリーガ1部 7位 34 14 8 12 42 46 -4 50 ベスト4
2016-17 ブンデスリーガ1部 6位 34 15 4 15 43 47 −4 49 3回戦敗退
2017-18 ブンデスリーガ1部 10位 34 10 13 11 43 46 −3 43 2回戦敗退
2018-19 ブンデスリーガ1部 11位 34 11 10 13 49 57 −8 43 3回戦敗退

記録編集

2017年12月8日現在

欧州での記録編集

大会 勝率
UEFAチャンピオンズカップ / UEFAチャンピオンズリーグ 14 3 5 6 11 19 −8 021.43
UEFAカップ / UEFAヨーロッパリーグ 80 37 21 22 102 73 +29 046.25
UEFAインタートトカップ 2 1 1 0 2 0 +2 050.00
総通算 96 41 27 28 115 92 +23 42.71

欧州の成績編集

現所属メンバー編集

2018-19シーズン 基本フォーメーション
2019年7月1日現在[7]
No. Pos. 選手名
1   GK トーマス・クラフト
2   DF ペテル・ペカリーク (副主将)
3   MF ペア・シェルブレット
4   DF カリム・レキク ( )
5   DF ニクラス・シュタルク
6   MF ヴラディミール・ダリダ
7   MF エドゥアルド・レーヴェン
8   MF サロモン・カルー
9   MF アレクサンダー・エッスヴァイン
10   MF オンドレイ・ドゥダ
11   MF マシュー・レッキー
12   GK デニス・スマルシュ
13   DF ルーカス・クリュンター
14   FW パスカル・ケプケ
15   MF マルコ・グルイッチ
16   MF ジャバイロ・ディルロスン
No. Pos. 選手名
17   DF マクシミリアン・ミッテルシュテット
19   FW ヴェダド・イビシェヴィッチ ( )( ) ★
20   DF デドリック・ボヤタ ( )
21   DF マルヴィン・プラッテンハルト
22   GK ルネ・ヤーステイン
23   MF アルネ・マイアー
24   FW パルコ・ダルダイ
25   DF ジョーダン・トルナリガ ( )
26   MF シドニー・フリーデ
27   FW ダヴィー・ゼルケ
29   DF フロリアン・バーク
32   FW デニス・ヤストルゼンブスキ
34   MF モーリス・コヴィッチ
36   FW ムハンメド・キプリト ( )
39   MF ユリアン・アルブレヒト

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍編集

in
No. Pos. 選手名
15   MF マルコ・グルイッチ (リヴァプール)
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
--   GK ニルス・ケアバー (オスナブリュック)
No. Pos. 選手名
--   FW マクシミリアン・プロニチェフ (ハレシャー)

2019-20シーズン移籍編集

歴代監督編集

氏名 国籍 期間
デットマール・クラマー   西ドイツ 1974
ユルゲン・レーバー   ドイツ 1996.01.01 - 2002.02.06
ファルコ・ゲッツ   ドイツ 2002.02.07 - 2002.06.30
フーブ・ステフェンス   オランダ 2002.07.01 - 2003.12.04
アンドレアス・トーム   ドイツ 2003.12.04 - 2003.12.17
ハンス・マイアー   ドイツ 2003.12.20 - 2004.06.30
ファルコ・ゲッツ   ドイツ 2004.07.01 - 2007.04.10
カルステン・ハイネ   ドイツ 2007.04.10 - 2007.06.30
ルシアン・ファヴレ   スイス 2007.07.01 - 2009.09.28
カルステン・ハイネ   ドイツ 2009.09.28 - 2009.10.02
フリートヘルム・フンケル   ドイツ 2009.10.03 - 2010.06.30
マルクス・バッベル   ドイツ 2010.07.01 - 2011.12.18
ミヒャエル・スキッベ   ドイツ 2011.12.21 - 2012.02.12
オットー・レーハーゲル   ドイツ 2012.02.18 - 2012.06.30
ヨス・ルフカイ   オランダ 2012.07.01 - 2015.02.05
ダールダイ・パール   ハンガリー 2015.02.05 - 2019.06.30
アンテ・チョヴィッチ   クロアチア 2019.07.01 -

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

脚注編集

  1. ^ ヘルタ・ベルリンが監督解任Goal.com 2011年12月19日(12月22日閲覧)
  2. ^ ヘルタ・ベルリン スキッベ氏が新監督にスポーツニッポン電子版 2011年12月22日(12月22日閲覧)
  3. ^ ヘルタがスキッベ監督を解任UEFA公式HP 2012年2月12日(2月13日閲覧)
  4. ^ デュッセルドルフ 16季ぶり1部復帰スポーツニッポン電子版 2012年5月16日(5月16日閲覧)
  5. ^ ヘルタ・ベルリンがブンデスリーガ1部昇格決めるAPF BBニュース 2013年4月22日(4月27日閲覧)
  6. ^ 細貝が加入 ヘルタが発表ブンデスリーガ公式HP、2013年5月21日
  7. ^ [1]ヘルタ・ベルリン公式サイト 2019年7月22日閲覧

外部リンク編集