メインメニューを開く

パルム・ドール・ドヌール

パルム・ドール・ドヌール: Palme d'or d'honneur )は、カンヌ国際映画祭における名誉賞である。名誉パルム・ドール、パルム・ドール名誉賞、パルム・ドヌールとも呼ばれる。

概要編集

審査員ではなく主催者によって発表され、授与される。映画監督に与えられるパルム・ドヌール(Palmes d'honneur)と、俳優に与えられるパルム・ドヌール演技賞(Palmes d'honneur d'interprétation)の二部門がある。前者は多大な功績を残しながらパルム・ドールを受賞したことがない重要な映画監督に授与される。

1997年、それまでパルム・ドールを受賞していなかったイングマール・ベルイマンに対して、特別表彰として「Palme des Palmes」が授与されたのが始まり。2009年には俳優・監督の両方で計5回ノミネートされながら受賞のなかったクリント・イーストウッドに与えられた。

2011年には初めて監督と俳優の両部門で表彰された。これ以降毎年、オープニングセレモニー中に主催者が授与することになると発表されたが、翌年は表彰はなく、定例化はされなかった。

2015年に4年ぶりに復活。「ヌーヴェルヴァーグの母」と呼ばれ、ベルリン・ヴェネツィアで受賞経験はあるがカンヌではなかったアニエス・ヴァルダが受賞した。

受賞記録編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集