フランク・デ・ウィット

フランク・デ・ウィット(Frank De Wit、1996年2月13日 - )はオランダヘームスケルク出身の柔道選手。階級は81kg級。得意技は内股すかし。身長184cm[1][2]

獲得メダル
オランダの旗 オランダ
柔道
世界選手権
2021 ブダペスト 81kg級
ワールドマスターズ
2018 サンクトペテルブルグ 90kg級
2018 広州 90kg級
世界ジュニア
2015 アブダビ 81kg級
世界カデ
2013 マイアミ 81kg級

人物編集

2013年のヨーロッパカデで2位になると、ヨーロッパユースオリンピックフェスティバルでは3位、世界カデでは2位となった[2]。2014年のユースオリンピックでは3位だった[2]。2015年にはグランドスラム・パリで3位になった。また、ヨーロッパジュニアで優勝すると、世界ジュニアでも決勝で藤原崇太郎を破って優勝した[2]。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは初戦でブルガリアのイヴァイロ・イワノフに腕挫十字固で敗れた[1]。2017年にはグランドスラム・パリで優勝するも、世界選手権では7位だった[2]。その後グランドスラム・アブダビで優勝すると、グランドスラム・東京ワールドマスターズでは3位になった[2][3]。2018年のグランドスラム・パリでは3位だったが、大会後に世界ランキングで1位になった[2]ワールドマスターズでも3位だった[2]。2021年の世界選手権では準決勝でジョージアのタト・グリガラシビリに敗れるが、3位決定戦で藤原に反則勝ちして3位になった[4]

IJF世界ランキングは5240ポイント獲得で2位(21/5/24現在)[5]

主な戦績編集

(出典[2]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集