メインメニューを開く

ヘンリ・パウリ・トイヴォネンHenri Pauli Toivonen1956年8月25日 - 1986年5月2日)は、フィンランドユヴァスキュラ出身のラリードライバー。世界ラリー選手権(WRC)で通算3勝を挙げ、長年最年少優勝の記録を保持した。

ヘンリ・トイヴォネン
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1956-08-25) 1956年8月25日
死没日 (1986-05-02) 1986年5月2日(29歳没)
WRCでの経歴
活動時期 1975-1986
所属チーム タルボ, オペル, ポルシェ, ランチア
出走回数 40
チャンピオン回数 0
優勝回数 3
表彰台回数 9
ステージ勝利数 185
通算獲得ポイント 194
初戦 19751000湖ラリー
初勝利 1980年ロンバードRACラリー
最終勝利 1986モンテカルロラリー
最終戦 1986ツール・ド・コルス
テンプレートを表示

目次

概略編集

ヘンリ・トイヴォネンは、ラリー・フィンランドを1951年以来開催してきた都市ユヴァスキュラに生まれた。 父のパウリ・トイヴォネン英語版も国際的に成功を収めたラリードライバーであり、1968年のヨーロッパラリー選手権でチャンピオンとなったほか、1000湖ラリーアクロポリス・ラリー、そしてラリー・モンテカルロで優勝した経験があった[1]。弟のハリ・トイヴォネンはのちにプロのサーキット・レーサーになった。トイヴォネンには妻と2人の子供がいた。これといった愛称はなかったが、弟のハリはヘンカと呼んでいた。

トイヴォネンは1980年RACラリーWRC初勝利を挙げた。この時の年齢(24歳86日)は当時の最年少優勝記録であり、この記録は2008年のラリー・スウェーデンで同郷のヤリ=マティ・ラトバラが初勝利を挙げるまで28年にわたり更新されなかった。タルボオペルポルシェ等のワークス・チームに所属した後、トイヴォネンはランチアの契約ドライバーとなった。トイヴォネンは1985年シーズンの最終戦RACラリーで2勝目を挙げ、翌1986年シーズンの開幕戦ラリー・モンテカルロでも優勝した。モンテカルロでの勝利は、父の優勝からちょうど20年後に達成されたものだった。

1986年5月2日、コルシカ島でのツール・ド・コルスをリードしていたトイヴォネンは、ランチア・デルタS4で走行中に崖下に転落する事故を起こし、コ・ドライバーのセルジオ・クレストと共に死亡した。爆発炎上した事故車両はスペースフレームを残して燃え尽くされており、事故現場に目撃者もいなかったため、事故の原因を特定するのは不可能だった。トイヴォネンの死亡事故の直後、当時のFISA会長ジャン=マリー・バレストルは、1987年以降のWRCにグループBのラリーカーが参加することを禁止した。

1988年から毎年開催されている「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」は、ミシェル・ムートンがトイヴォネンの追悼を目的として企画したイベントであり、個人戦の優勝者には「ヘンリ・トイヴォネン・メモリアルトロフィー」が授与されている。

初期の経歴編集

トイヴォネンは5歳の時に車の運転を学び[2]、その後レーシングカートを始めた。1977年にはフォーミュラ・Veeのフィンランド・チャンピオンとなったが、サーキットレースの安全性に対する家族の懸念を受け、トイヴォネンはその後ラリー競技に専念することを決めた[3]。トイヴォネンが使用したレーシングカートは、のちにF1のチャンピオンとなるミカ・ハッキネン(当時6歳)の両親に買い取られた[4]

トイヴォネンは1975年の1000湖ラリー(現在のラリー・フィンランド)で世界ラリー選手権(WRC)に初参戦した。プライベーターとしてシムカ・ラリー2で参戦したトイヴォネンは、オイルパンの故障によりSS36でリタイヤした[5]。いまだサーキットレースを中心に活動する中、トイヴォネンは1977年の1000湖ラリーで2度目のWRC参戦を果たし、クライスラー・アヴェンジャーを操って5位に入った[6]

トイヴォネンにとって1978年シーズン初戦は、WRCのFIAカップ(1979年以降のドライバーズ選手権)の第2戦であるアークティック・ラリー英語版だった。このラリーでトイヴォネンは、優勝者アリ・バタネンから3分41秒遅れの2位に入り、3位のマルク・アレン(この年のFIAカップ優勝者)には7分以上の差をつけた[7][8]。その後トイヴォネンはシトロエンで2つのWRCイベントに参加したが、どちらのラリーでも完走できなかった。続く1000湖ラリーにはプライベーター・チームのポルシェを任されて参戦したが、エンジン故障でリタイアした。RACラリーにはクライスラーで参戦し、9位で完走した[6]

1979年シーズン、トイヴォネンはWRCの2戦に参加したが、いずれもリタイアに終わった。しかし、フィアット・131アバルトで参戦した1979年の1000湖ラリーでは、コースを外れるまでトップの車と同等のペースで走行していた[9]。これらのパフォーマンスが評価され、トイヴォネンは翌1980年シーズンタルボのワークス・チームの契約ドライバーとして参戦することとなった。

ワークス・チームでの経歴編集

タルボ時代 (1980–81)編集

 
1980年のRACラリーでトイヴォネンがWRC初優勝を果たしたタルボのサンビーム・ロータス

1980年シーズン、タルボに加入したトイヴォネンはタルボ・サンビーム・ロータス英語版を操り1月のアークティック・ラリーで優勝したが[9]、WRCイベントには年間4戦のみの参戦にとどまった。トイヴォネンの大胆なドライビングスタイルは多くのクラッシュを招くこととなり、多くのラリーでペースの速さに見合った結果を得ることができなかった[10]。成績を向上させるため、タルボ・チームはトイヴォネンのナビゲーターとして1980年シーズン中に3人の異なるコ・ドライバーを試した[3]。この年の1000湖ラリーではSS11で事故のためリタイアした[11]。続くラリー・サンレモでは5位入賞を果たした[12]。11月のRACラリー、ポール・ホワイトと組んで参戦したトイヴォネンはハンヌ・ミッコラに4分以上の差をつけて勝利し、ファンと専門家の両者を驚かせた[13]。当事者であるトイヴォネンとタルボ・チームにとっても、RACラリーでの優勝は予想外のことだった[14][10]

トイヴォネンの年齢はこの優勝時に24歳と86日であり、当時最年少のWRC優勝者となった。この記録は、2008年のラリー・スウェーデンで22歳のヤリ=マティ・ラトバラが勝利するまで更新されることはなかった[15]1981年シーズン、トイヴォネンは引き続きタルボから参戦したが、グループ2規定の後輪駆動車であるサンビーム・ロータスは、グループ4車両や4輪駆動のアウディ・クワトロに対して競争力を失っていた。トイヴォネンはラリー・ド・ポルトガルとラリー・サンレモで2位に入ったが、4度のリタイアを記録し、ドライバーズ選手権を7位で終えた[16]。この年コンスタントに好成績を残したチームメイトのギ・フレクラン英語版とトイヴォネンの貢献により、タルボ・チームは1981年のマニファクチャラーズ選手権で予想外の優勝を果たした。

オペル時代 (1982–83)編集

 
ロスマンズ・オペル・ラリーチームのオペル・アスコナ400

1982年シーズンに向けて、トイヴォネンはロスマンズがスポンサーするオペルのワークス・チームに加入した[17]。チームメイトは1981年のWRC王者アリ・バタネン、1980年・1982年のWRC王者ヴァルター・ロール、そして1981年の英国ラリー選手権チャンピオンであるジミー・マクレー(1995年WRC王者コリン・マクレーの父)だった。オペル・アスコナ400での初戦となったラリー・ド・ポルトガルで、トイヴォネンは残り5ステージの時点でリタイアするまで首位に立っていた[18]。その後のシーズンでトイヴォネンが参加したWRCイベントは4戦にとどまったが、そのうちアクロポリス・ラリーRACラリーの2戦では表彰台に立った[6]。トイヴォネンはまた、1982年のイギリス・フォーミュラ3選手権の1戦にゲスト選手として参加し、ラルト・RT3を操って10位で完走したほか[3]、この年シルバーストン・サーキットで行われたマーチF1チームのテストにも参加し、F1マシンでレギュラードライバーのラウル・ボーセルを上回るラップタイムを記録した[19]

1983年のWRCシーズンもトイヴォネンはオペル・チームにとどまり、新たにグループBカーであるオペル・マンタ400をドライブしたが、マンタ400のエンジンはランチアやアウディのグループBカーに比べパワーが不足していた。シーズン中、トイヴォネンは3戦でリタイアし、ラリー・モンテカルロで6位、ラリー・サンレモで4位に入賞するにとどまった[6]。10月下旬には、スポーツカーポルシェ・956でヨーロッパ耐久選手権に参戦し、デレック・ベル/ジョナサン・パーマーと組んだムジェロでの6時間レースでは3位に入った[20]

ポルシェ時代 (1984)編集

 
ロスマンズカラーのポルシェ・911 SC RSを操るトイヴォネン(1984年)

1984年シーズンを前にオペル・チームを離れたトイヴォネンは、最終的にロスマンズがスポンサーするポルシェのワークス・チームと契約し、 ポルシェ・911 SC RSで1984年のヨーロッパ・ラリー選手権(ERC)に参戦することとなった。ポルシェのチームはプロドライブによって運営されており、その代表者であるデビッド・リチャーズはトイヴォネンのオペル時代の上司だった[21]。この年のERCでトイヴォネンは5戦連続で優勝するなど成功を収め、ランチアのカルロ・カポネイタリア語版を従えて選手権をリードしていた。しかし、トイヴォネンはシーズン途中に背中を負傷し、回復まで約2カ月の休養を要したためタイトル獲得の望みは絶たれた[22]。数戦を欠場したトイヴォネンはカポネに次ぐ選手権2位でERCシーズンを終えた。

この年のトイヴォネンは、ERCと並行してWRCにもランチアのワークス・チームから5戦に出場する契約を結んでいた。ランチア・ラリー037での初戦となった1984年のラリー・ド・ポルトガルで、トイヴォネンは2年前のオペルでの初戦と同様に、いくども最速タイムを記録して序盤から首位に立ったものの最後にはリタイアを喫した。2年前のリタイアはクラッチの故障が原因であったが、今回はトイヴォネン自身の運転ミスによるクラッシュだった[23]。その後アクロポリス・ラリーでもリタイアに終わったが、地元開催の1000湖ラリーでは3位に入った[24]。前述した背中の負傷により、参加予定だったラリー・サンレモとRACラリーには出場できなかった。ラリー・サンレモの直前、マルク・アレンがランチアとの契約を更新し、ランチア・チームを指揮するチェーザレ・フィオリオは、トイヴォネンとも同様の2年契約を結ぶことを希望していると明らかにした[25]。トイヴォネンは、ランチアのフルタイムの契約ドライバーとして1985年シーズンにのぞむことを決めた。

ランチア時代 (1985–86)編集

1985年シーズンの序盤、ERCの1戦ラリー・コスタ・スメラルダ英語版に出場したトイヴォネンは、ランチア・ラリー037レンガの壁に激突し、再び背中を負傷した上に首の椎骨に3箇所の骨折を負った[3]。5月初旬のツール・ド・コルスでは、チームメイトで友人でもあったアッティリオ・ベッテガがSS4で事故を起こし死亡した[26]。トイヴォネンは8月の1000湖ラリーで負傷からの復帰を果たし、4位で完走した。続くラリー・サンレモでは3位に入り、これがランチア・ラリー037での最後のレースとなった。037はトイヴォネンのドライビングスタイルに合った車ではなく[27]、性能面でも(後輪駆動車であり、エンジン出力も劣っているなど)アウディやプジョーのマシンに大きく後れを取っていた。シーズン最終戦のRACラリーで、ランチアは037に代わる新型車「ランチア・デルタS4」を実戦投入した。デルタS4は037とは異なり4輪駆動車であった上、スーパーチャージャーターボチャージャーの両方を搭載することで、広いエンジン回転速度域で過給機の効果を得ることを可能にしていた[28]。デルタS4はすぐさま高い競争力を発揮し、RACラリーでトイヴォネンは優勝、同じくデルタS4に乗るマルク・アレンも56秒遅れの2位に入った[29]。この年トイヴォネンが参戦したWRCイベントは4戦のみだったが、それでもキャリア最高位となるドライバーズ選手権6位を記録した[30]

1986年のWRC開幕戦であるラリー・モンテカルロ、トイヴォネンは新たにセルジオ・クレストと組んで出場し、2位のティモ・サロネンに大差をつけて優勝した[31]。トイヴォネンの父パウリ・トイヴォネン英語版は、1966年のラリー・モンテカルロで優勝したが、その勝利は1位から4位までの選手がゴール後にヘッドライトの規定違反で失格となり、順位が繰り上がった結果であった。これらの失格は大きな騒動に発展し、モナコ公国レーニエ皇太子が表彰式への出席を拒否する事態となった[32]。息子ヘンリが20年後にモンテカルロで優勝したことを受け、パウリ・トイヴォネンは、「これで『トイヴォネン』という名にかけられた疑いが晴らされた」と語った[33]。モンテカルロでの勝利によりトイヴォネンは有力なチャンピオン候補となったが、第2戦スウェディッシュ・ラリーでは首位走行中にエンジン故障が発生し、リタイアを強いられた[34]。第3戦ポルトガル・ラリーではヨアキム・サントスがフォード・RS200のコントロールを失って観衆に突っ込む事故を起こし、3人の観客が死亡、さらに30人以上が負傷した[35]。トイヴォネンは他のワークス・チームのドライバー全員と共にラリーから撤退したが、ランチアはこのリタイアに反対した[27]。この件についてトイヴォネンは、「ランチア・チームは勝利以外の結果を受け入れられないんだ」と語った[27]

1986年ポルトガル・ラリー期間中の逸話として、トイヴォネンがエストリル・サーキットでデルタS4のテスト走行を行い、同年のF1ポルトガルGPでの予選6位に相当するラップタイムを記録したというものがある[36][37][38]。のちにMTV3ESPNはこの逸話が事実であったのか否かについて調査を行い、それぞれユハ・カンクネンチェーザレ・フィオリオの発言を引用した上で、両者ともその信憑性に懐疑的な見方を示した[39][40]。2013年、レッドブル公式ウェブサイト(redbull.com)はさらなる調査を行うべく、当時のランチアWRCチームのマネージャーであるニニ・ルッソへのインタビューを行った。ルッソの伝手で得られた情報によれば、トイヴォネンはポルトガル・ラリーの数週間前にエストリルのフルサーキットでテスト走行を行なっており、そこで記録されたタイムは「その2-3週間前にエストリルで行われたF1のテストでもトップ10に入る」ものだったという[41]

死亡事故編集

1986年5月1日木曜日、WRC第5戦ツール・ド・コルスコルシカ島周辺の山道を舞台として始まった。 トイヴォネンはインフルエンザにかかっており、喉の痛みがあった。複数の情報源が、トイヴォネンが熱を下げるため薬を摂取していたと述べている。 このような健康状態にもかかわらず、トイヴォネンはステージ最速タイムを連発し、2位以下に大差をつけてラリーをリードした[27]。ラリー1日目の終了後、トイヴォネンは以下のようにコメントしていた。

「今の所はすべて順調だけど、このラリーは狂ってる。トラブルが起きたら、間違いなく僕はおしまいだ」[27]

翌5月2日金曜日のラリー2日目、第18ステージ「コルテ-タヴェルナ」の7km地点で、トイヴォネンのランチア・デルタS4はガードレールのない、ややきつい左コーナーでコースアウトし、そのまま崖下に墜落した[42][3]。その際に運転席の真下にあったアルミニウム製の燃料タンクが木々によって破裂、事故車は爆発炎上した[3]。燃料タンクを保護するため装着されるスキッドプレートは、当時は主にグラベルラリーで使われるものであり、ターマックラリーのツール・ド・コルスでは装着されていなかった[43]。爆発は事故発生から数秒以内に起こったため、トイヴォネンとコ・ドライバーセルジオ・クレスト英語版には車から脱出する時間がなかった。爆発による火災は激しく、ケブラー樹脂で強化したプラスチック複合材からなるデルタS4の車体は燃え尽くされ、原型をとどめなかった[36]。トイヴォネンとクレストは両者とも座席についた状態で死亡した。トイヴォネンには1982年に結婚した妻と、幼い2人の子供がいた[3][44]。クレストは独身であり、子供はいなかった。

事故発生時の現場に目撃者がいなかったことで、トイヴォネンの死亡事故には常に謎がつきまとうこととなった。トイヴォネンがコースアウトする瞬間はステージの先にいた観客によって撮影されていたが、その映像から事故原因を特定するのは不可能だった。事故による黒煙に気づいたレースマーシャルは1人もおらず、ステージのフィニッシュ地点では誰も事故の発生について知らなかった。ランチア・チームは、トイヴォネンがスケジュール通りに到着しなかったことでようやく何かが起きたのではないかと恐れ始めた[3]緊急車両が事故現場に到着する頃には、風に煽られ一層燃え上がった炎を消火する以外にできることはなくなっていた。デルタS4は炎によってあまりに激しく損傷していたため、ランチアの技術者は残骸から事故原因の手がかりを得ることができなかった。後日、ヴァルター・ロールはトイヴォネンがインフルエンザを抑えるため薬を飲んでいたと証言したが、彼がコースアウトした真相は現在でも明らかになっていない[3]

当時の他のドライバーたちと同様に、トイヴォネンは異常にパワフルなグループBカーで限界を攻めた走りを長時間続けることへの不安を募らせていた[43]。事故の直前には、「この危険なコースにこの車はあまりにも速すぎる」とツール・ド・コルス特有の狭く曲がりくねり、片方は山、もう片方は深い崖という危険極まりないコースとグループBカーの相性の悪さを訴えていた。実際に、前年のツール・ド・コルスではランチア・ラリー037で参戦していたアッティリオ・ベッテガが衝突事故で死亡している。

現在ツール・ド・コルスにおいてコルテ-タベルナのステージは使用されていない。そして、事故現場の近くには、トイヴォネンとクレストへ向けた小さな慰霊碑が建てられており、今なお多くのラリー関係者およびラリーファンが訪れている。

余波編集

トイヴォネンの事故から数時間も経たないうちに、ジャン=マリー・バレストルと国際自動車スポーツ連盟 (FISA) は、1987年以降のWRCへのグループB車両の参加を禁止することを決定した[45][46]。計画されていた「グループS」規定の導入もキャンセルされることになった[47]。アウディとフォードはすぐさまグループB車によるレース活動から撤退したが、他のメーカーは1986年シーズン終了まで参戦を続けた。1986年のツール・ド・コルスはトイヴォネンの死の翌日から再開され、プジョー・205ターボ16に乗るブルーノ・サビー英語版が優勝した[48]。ポルトガルでのサントスの事故やトイヴォネンの事故の以前から、多くのドライバーや解説者が、パワフルなグループB車をドライバーがコントロールできないことで生じる事故のリスクを指摘しており、FISAはグループBの危険性を認めるのが遅すぎたとして批判を受けた[36]。一方で、FISAがグループBを廃止したのはトイヴォネンの死亡事故への過剰反応であると批判する意見もある[49]

サーキットレースでの活躍編集

ヘンリ・トイヴォネンはグラベル、ターマックのどちらでも走れるドライバーであったが、これは前述のとおりサーキットでの経験を積んだのちにラリーに進んだが故である。彼はラリーを選ぶかサーキットを選ぶかで非常に悩んだという。

トイヴォネンが英国F3にゲスト出場した際のチーム監督エディ・ジョーダンは、トイヴォネンの走りをアイルトン・セナと比較しても「信じられないものだ」と賞賛し、トイヴォネンの死後、F1でもトイヴォネンはきっと成功していただろうと推測した。

1986年、F1モナコGPが開催されるモンテカルロ市街地コースをランチア・デルタS4でエキシビジョン走行した際、当時の予選グリッドで6位に相当するタイムを出した」と言う噂は日本だけのようで、実際はテストでF1マシン(マーチ・821)に乗って6位グリッド並のタイムを出した事と、コースが若干違うサーキットでデルタS4で速いタイムを出した事が混同されている。

日本での影響編集

漫画家サラ・イイネス(現サライネス)は『大阪豆ゴハン』の中でヘンリ・トイヴォネンをモデルにした人物を登場させている。同作者による「水玉生活」単行本裏表紙は、ランチア・ラリー037とトイヴォネンのイラストである。

記録編集

エントラント 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1975 ヘンリ・トイヴォネン シムカ・ラリー2 MON SWE KEN GRC MAR POR FIN
Ret
ITA FRA GBR N/A
[A]
0
1977 ヘンリ・トイヴォネン クライスラー・アヴェンジャー MON SWE POR KEN NZL GRC FIN
5
ITA CAN FRA GBR -
[B]
0
1978 ヘンリ・トイヴォネン シトロエン・CX 2400 MON SWE KEN POR
Ret
GRC
Ret
CAN ITA CIV FRA -
[B]
0
ポルシェ・911 FIN
Ret
クライスラー・サンビーム GBR
9
1979 ヘンリ・トイヴォネン フィアット・131アバルト MON SWE POR KEN GRC NZL FIN
Ret
CAN ITA FRA CIV - 0
トヨタ・オイル フォード・エスコートRS1800 GBR
Ret
1980 タルボ・カーズGB タルボ・サンビーム・ロータス MON SWE POR
Ret
KEN GRC ARG NZL ITA
5
FRA GBR
1
CIV 10位 28
タルボ・モーター FIN
Ret
1981 タルボ タルボ・サンビーム・ロータス MON
5
SWE POR
2
KEN FRA
Ret
GRC
Ret
ARG BRA FIN
Ret
ITA
2
CIV GBR
Ret
7位 38
1982 ロスマンズ・オペル・ラリーチーム オペル・アスコナ400 MON SWE POR
Ret
KEN FRA GRC
3
NZL BRA FIN
Ret
ITA
5
CIV GBR
3
7位 32
1983 ロスマンズ・オペル・ラリーチーム オペル・アスコナ400 MON
6
SWE POR KEN FRA 14位 16
オペル・マンタ400 GRC
Ret
NZL ARG FIN
Ret
ITA
4
CIV GBR
Ret
1984 マルティニ・ランチア ランチア・ラリー037 MON SWE POR
Ret
KEN FRA GRC
Ret
NZL ARG FIN
3
ITA CIV GBR 16位 12
1985 マルティニ・ランチア ランチア・ラリー037 MON
6
SWE POR KEN FRA GRC NZL ARG FIN
4
ITA
3
CIV 6位 48
ランチア・デルタS4 GBR
1
1986 マルティニ・ランチア ランチア・デルタS4 MON
1
SWE
Ret
POR
Ret
KEN FRA
Ret
GRC NZL ARG FIN ITA GBR USA 13位 20

編集

A  1973年から76年まで世界ラリー選手権はメーカータイトルだけが争われ、ドライバーズタイトルは存在しなかった。
B  1977年と78年はドライバー選手権としてFIAカップが与えられた。これにはWRCの全てのイベントが含まれず、WRC以外のイベント10が加えられた。

参照編集

  1. ^ Pauli Toivonen”. The Flying Finns. 2006年11月24日閲覧。
  2. ^ Deinel, H; Klein, R; Lizin, M; Williams, D. “Henri Toivonen feature”. Rally. http://www.thruxton.f9.co.uk/henri/henri_print.htm 2006年11月16日閲覧。. 
  3. ^ a b c d e f g h i Maruszewska, Witolda. “Henri Toivonen biography”. Post 14. 2006年11月14日閲覧。
  4. ^ Gagnon, Marie–Julie. “Le fil de Mika” (French). Radio Canada. 2013年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月14日閲覧。
  5. ^ 25th 1000 Lakes Rally”. RallyBase. 2006年11月16日閲覧。
  6. ^ a b c d Henri Toivonen”. RallyBase. 2006年11月14日閲覧。
  7. ^ 13th Arctic Rally”. RallyBase. 2006年11月17日閲覧。
  8. ^ 1978 FIA Cup for Rally Drivers”. RallyBase. 2006年11月17日閲覧。
  9. ^ a b Hope-Frost, Henry; John Davenport (2004). The Complete Book of the World Rally Championship: The First 30 Years. MotorBooks/MBI Publishing Company. p. 165. ISBN 0-7603-1954-5. 
  10. ^ a b “Interview with Henri Toivonen”. Autosport 81 (7). (13 November 1980). http://www.thruxton.f9.co.uk/henri/henri_print.htm 2006年11月14日閲覧。. 
  11. ^ 30th 1000 Lakes Rally”. RallyBase. 2007年1月25日閲覧。
  12. ^ 22° Rallye Sanremo”. RallyBase. 2007年1月25日閲覧。
  13. ^ 29th Lombard RAC Rally”. RallyBase. 2006年11月14日閲覧。
  14. ^ Lombard-RAC Rally 1980”. Sunbeam Lotus Owners Club. 2006年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月14日閲覧。
  15. ^ 30 youngest WRC winners”. World Rally Archive. 2008年2月10日閲覧。
  16. ^ 1981 World Rally Championship for Drivers”. RallyBase. 2006年11月16日閲覧。
  17. ^ Saward, Joe. “David Lapworth (Prodrive)”. GrandPrix.com. 2006年11月14日閲覧。
  18. ^ Burgess, Patricia (1989). The Annual Obituary 1986. Gale Group. p. 329. ISBN 1-55862-013-3. 
  19. ^ Peltola, Vesa-Matti. “Kymmeniä suomalaisia F1-ajajia” (Finnish). Suomen Urheilutietäjät. 2009年4月30日閲覧。
  20. ^ The right track?”. Motor Sport (magazine) (2002年9月). 2019年2月10日閲覧。
  21. ^ Heselwood, Jeff. “On the fast track to success”. Cargonews Asia. 2006年11月16日閲覧。
  22. ^ Collins, Peter (2008). Lancia 037: The Development & Rally History of a World Champion. Veloce Publishing Ltd. p. 156. ISBN 1-84584-076-3. 
  23. ^ Collins, Peter (2008). Lancia 037: The Development & Rally History of a World Champion. Veloce Publishing Ltd. p. 145. ISBN 1-84584-076-3. 
  24. ^ 34th 1000 Lakes Rally”. RallyBase. 2006年11月14日閲覧。
  25. ^ Collins, Peter (2008). Lancia 037: The Development & Rally History of a World Champion. Veloce Publishing Ltd. p. 159. ISBN 1-84584-076-3. 
  26. ^ Vauhdin Maailma 1980” (Finnish). Vauhdin Maailma. 2006年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月14日閲覧。
  27. ^ a b c d e Henri Toivosen kuolemasta tulee 20 vuotta” (Finnish). MTV3. 2006年11月18日閲覧。
  28. ^ Noakes, Andrew. “Group Therapy”. PistonHeads.com. 2006年11月27日閲覧。
  29. ^ 34th Lombard RAC Rally”. RallyBase. 2006年11月14日閲覧。
  30. ^ 1985 FIA World Rally Championship for Drivers”. RallyBase. 2007年1月25日閲覧。
  31. ^ 54ème Rallye Automobile de Monte-Carlo”. RallyBase. 2006年11月14日閲覧。
  32. ^ “1966: Future of Monte Carlo rally in doubt”. BBC. (1966年1月21日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/january/21/newsid_2506000/2506863.stm 2006年11月17日閲覧。 
  33. ^ Holmes, Martin (7 May 1986). “Rebel With a Cause – Henri Toivonen Obituary”. Motor. http://www.thruxton.f9.co.uk/henri/henri_print.htm 2006年11月17日閲覧。. 
  34. ^ 20 years of the Lancia Delta”. Italia Speed. 2006年11月27日閲覧。
  35. ^ Rally of Portugal”. World Rally Archive. 2006年11月14日閲覧。
  36. ^ a b c Cullen, John. “Petrolheads: Too fast to stay”. Sligo Weekender. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月17日閲覧。
  37. ^ Berg, Phil. “50 years of racing coverage: Thanks for the memories”. AutoWeek. 2008年11月23日閲覧。
  38. ^ Biggs, Henry. “Top 10: greatest-ever Lancias”. MSN Cars UK. 2007年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月25日閲覧。
  39. ^ Formulafakta”. MTV3 (2008年12月16日). 2008年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月15日閲覧。
  40. ^ Lynch, Steven (2011年12月2日). “F1 vs Group B”. ESPN. 2013年5月15日閲覧。
  41. ^ McKellar, Carl (2013年4月15日). “Henri Toivonen at Estoril – exploring the myth”. Red Bull GmbH. 2013年5月15日閲覧。
  42. ^ David Evans (2011年5月2日). “Remembering Henri Toivonen”. Autosport. 2019年2月12日閲覧。 “Right up, that is, until a tightish left-hander, six miles north of Calvi on the N187. The Delta S4 failed to negotiate the corner, went off the road and landed on its roof at the bottom of the valley.”
  43. ^ a b David Evans (2011年5月2日). “Remembering Henri Toivonen”. Autosport. 2019年2月12日閲覧。
  44. ^ The 1982 Welsh Rallly - YouTube
  45. ^ “40th Anniversary Supplement – On the death of Henri Toivonen”. Autosport. http://www.thruxton.f9.co.uk/henri/henri_print.htm 2007年1月25日閲覧。. 
  46. ^ Focus on safety in aftermath of Park death”. Eurosport. 2006年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月16日閲覧。
  47. ^ Audi Groupe S à moteur central (Sport quattro RS 002)” (French). Audi Passion. 2006年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月15日閲覧。
  48. ^ 30ème Tour de Corse – Rallye de France”. RallyBase. 2007年1月25日閲覧。
  49. ^ The WRC – looking back over 30 years.”. Crash.net. 2007年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月27日閲覧。

関連項目編集

記録
先代:
マルク・アレン
24歳256日
(1975年のポルトガルラリー)
最年少ラリー勝者
24歳86日
(1980年のRACラリー)
次代:
ヤリ=マティ・ラトバラ
22歳313日
(2008年のスウェーデンラリー)