メインメニューを開く

ホセ・マリア・ヒメネス (サッカー選手)

ウルグアイのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヒメネス第二姓(母方の)はデ・バルガスです。

ホセ・マリア・ヒメネス・デ・バルガスJosé María Giménez de Vargas, 1995年1月20日 - )は、ウルグアイカネローネス出身のサッカー選手ウルグアイ代表アトレティコ・マドリード所属。ポジションはディフェンダー(センターバック、サイドバック)とMF (センターハーフ)。

ホセ・ヒメネス Football pictogram.svg
José Giménez.png
ウルグアイ代表でのヒメネス (2018年)
名前
本名 José María Giménez de Vargas
ホセ・マリア・ヒメネス・デ・バルガス
ラテン文字 José Giménez
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1995-01-20) 1995年1月20日(24歳)
出身地 カネローネス
身長 185cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション DF (CB)、MF (CH)
背番号 24
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 ウルグアイの旗 ダヌービオ 16 (0)
2013- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 88 (3)
代表歴2
2013-  ウルグアイ U-20 11 (0)
2013- ウルグアイの旗 ウルグアイ 46 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月31日現在。
2. 2018年7月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

ウルグアイ1部ダヌービオFCにて17歳でプロデビュー。シーズン終了後、スペインアトレティコ・マドリードに移籍した。

2013-14シーズンのアトレティコでは公式戦2試合しか出番がなかったが、2014 FIFAワールドカップでは主将のディエゴ・ルガーノの怪我もあり3試合出場を果たした。2014年9月8日の韓国との親善試合で代表初得点を挙げた。

2014-15シーズンは大幅に出場機会を増やした。 2016-17シーズンはアトレティコでアウグストや、ティアゴといったピボーテの選手が立て続けに長期離脱を余儀なくされており、新たにピボーテにも挑戦している。

2016年7月9日にスペイン国籍取得。

2018年6月13日、アトレティコ・マドリードとの2023年までの契約延長が発表された[1]

代表編集

2013年6月、トルコで開催される2013 FIFA U-20ワールドカップのためにウルグアイU-20代表から招集を受け、これに参加した。大会では決勝まで進出する原動力となり、7試合すべてに出場。しかし、決勝戦ではフランスU-20代表にPK戦で敗北した。

2014年6月には、2014 FIFAワールドカップコスタリカ戦を除く全3試合に出場したが、チームは2勝2敗の成績で大会を後にした。

2014年9月8日、韓国代表との親善試合で代表初得点を記録[2]

2018年6月には、自身二度目となる2018 FIFAワールドカップロシア大会に参加した。アトレティコ・マドリードで共にプレーしているディエゴ・ゴディンとコンビを組み、グループステージエジプト戦では試合終了間際のヘディングによる得点でチームを勝利へと導いた。準々決勝のフランス戦では敗北したものの、2大会ぶりのベスト8進出を助けた。

タイトル編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ co.,Ltd, FromOne. “アトレティコ、ウルグアイ代表DFヒメネスとの契約延長を発表…23年まで” (日本語). サッカーキング. 2019年2月27日閲覧。
  2. ^ ウルグアイが親善試合で韓国に勝利” (日本語). www.afpbb.com. 2019年2月27日閲覧。

外部リンク編集