メインメニューを開く

コパ・アメリカ

南米サッカー連盟が主催するサッカーの大陸選手権大会

コパ・アメリカ西: Copa América)は、南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催する、世界で最も古いナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。旧称は南米選手権西: Campeonato Sudamericano de Selecciones)で、1975年大会より現在の名称となった。大抵は年度を付加して“コパ・アメリカ [開催国] [年度]”(: COPA AMERICA [country] [year])などのように呼称される。

コパ・アメリカ
Conmebol-Copa-America-Logo.png
開始年 1916年
主催 CONMEBOL
地域 南アメリカ
参加チーム数 12
前回優勝  ブラジル(9回目)
最多優勝  ウルグアイ(15回)
テンプレートを表示

目次

歴史編集

南米選手権編集

1910年アルゼンチンチリウルグアイの3カ国による大会が開かれたが、CONMEBOLが設立された1916年の大会を、第1回大会としている。

第1回大会には、アルゼンチン・ブラジル・ウルグアイ・チリの4カ国が参加し、アルゼンチンで開催された。1921年にパラグアイが追加で参加したことを皮切りに、1926年にボリビア、1927年にペルー、1939年にエクアドル、1945年にコロンビア、1967年にベネズエラが順次参加し、南米10カ国全てが参加する大会となった。

南米選手権は、変則的に開催されていたが、1967年ウルグアイ大会からしばらく中断され、1975年にコパ・アメリカとして再開された。

コパ・アメリカ編集

この1975年大会からの3大会は、集中開催方式ではなくホーム・アンド・アウェー方式で行われた。1979年大会から、原則4年ごとの開催となった。その後、1987年アルゼンチン大会以降は2年ごとの開催に変更されたが、2004年ペルー大会以降、再び4年ごとの開催に戻っている。

1993年エクアドル大会には、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)からメキシコアメリカ合衆国の2カ国を招待。これ以降の各大会では、2カ国(2001年コロンビア大会はアルゼンチンが参加を辞退したため3カ国)を招待している。これまで、メキシコが1993年以降2017年までの各大会に招待され、実質的なレギュラー出場国となっていたほか、もう1カ国もアメリカ合衆国・コスタリカホンジュラスなど、地理的に近いCONCACAFから招待される事が定例になっていた。

これに対する例外として、1999年パラグアイ大会に、アジアサッカー連盟(AFC)の日本が出場した。日本は2011年アルゼンチン大会にも招待されていたものの[1]東日本大震災の影響によるJリーグ日程変更の影響などもあり出場を辞退し、代わってコスタリカが参加することとなった(詳細はコパ・アメリカ2011を参照)。また、2019年大会には日本が2度目、また2022年ワールドカップ開催国のカタールが初の招待を受けており、メキシコの連続招待およびCONCACAFからの連続出場が途切れることとなった。

当初、2015年大会の開催国になるはずだったブラジルが、FIFAコンフェデレーションズカップ20132014 FIFAワールドカップに加え、2016年リオデジャネイロオリンピックと世界的スポーツイベントの開催が立て続けに予定されている中で2015年に同大会を開催することに難色を示し、結局2019年に開催国となるはずだったチリと開催権を交換、2015年はチリ、2019年はブラジルで開催することとなった。

2015年大会はチリで行われたが、その1年後に南米サッカー連盟(CONMEBOL)の創立100周年を祝って「特別大会」が開かれた。2012年7月5日、メキシコサッカー連盟のフスティノ・コンペアン会長が「2016年大会はアメリカで開かれることになる。これは正式な話だ」と発言した。また、「この話は北中米カリブ海サッカー連盟のジェフリー・ウェブ会長主導の下で行われた。CONMEBOLの発展につながるだろう」と語っている[2]。この大会はCONCACAFから6チームが参加し、全16チームの拡大開催となった。

2019年大会は先述の経緯からブラジル、2024年大会はエクアドルでの開催が決まっている。[要出典]

開催方式編集

CONMEBOL加盟10チームに招待国2チームを合わせた計12チームを4チームずつ3グループに分けグループリーグを行う。各グループの1位2位チームおよび、各グループ3位の中で成績の上位2チームの計8チームが決勝トーナメント進出。

以前の大会においては、様々な試合方式が行われた。数チームによる決勝リーグで争われた大会では、決勝戦や3位決定戦が行なわれなかった。

結果編集

南米選手権編集

開催年 開催国 最終順位 出場
国数
優勝 準優勝 3位 4位
1 1916年[3]   アルゼンチン   ウルグアイ   アルゼンチン   ブラジル   チリ 4
2 1917年   ウルグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン   ブラジル   チリ 4
3 1919年   ブラジル   ブラジル   ウルグアイ   アルゼンチン   チリ 4
4 1920年   チリ   ウルグアイ   アルゼンチン   ブラジル   チリ 4
5 1921年   アルゼンチン   アルゼンチン   ブラジル   ウルグアイ   パラグアイ 4
6 1922年   ブラジル   ブラジル   パラグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン 5
7 1923年   ウルグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン   パラグアイ   ブラジル 4
8 1924年   ウルグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン   パラグアイ   チリ 4
9 1925年   アルゼンチン   アルゼンチン   ブラジル   パラグアイ (3カ国のみ参加) 3
10 1926年   チリ   ウルグアイ   アルゼンチン   チリ   パラグアイ 5
11 1927年   ペルー   アルゼンチン   ウルグアイ   ペルー   ボリビア 4
12 1929年   アルゼンチン   アルゼンチン   パラグアイ   ウルグアイ   ペルー 4
13 1935年[4]   ペルー   ウルグアイ   アルゼンチン   ペルー   チリ 4
14 1937年   アルゼンチン   アルゼンチン   ブラジル   ウルグアイ   パラグアイ 6
15 1939年   ペルー   ペルー   ウルグアイ   パラグアイ   チリ 5
16 1941年[4]   チリ   アルゼンチン   ウルグアイ   チリ   ペルー 5
17 1942年   ウルグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン   ブラジル   パラグアイ 7
18 1945年[4]   チリ   アルゼンチン   ブラジル   チリ   ウルグアイ 7
19 1946年[4]   アルゼンチン   アルゼンチン   ブラジル   パラグアイ   ウルグアイ 6
20 1947年   エクアドル   アルゼンチン   パラグアイ   ウルグアイ   チリ 8
21 1949年   ブラジル   ブラジル   パラグアイ   ペルー   ボリビア 8
22 1953年   ペルー   パラグアイ   ブラジル   ウルグアイ   チリ 7
23 1955年   チリ   アルゼンチン   チリ   ペルー   ウルグアイ 6
24 1956年[4]   ウルグアイ   ウルグアイ   チリ   アルゼンチン   ブラジル 6
25 1957年   ペルー   アルゼンチン   ブラジル   ウルグアイ   ペルー 7
26 1959年   アルゼンチン   アルゼンチン   ブラジル   パラグアイ   ペルー 7
27 1959年[4]   エクアドル   ウルグアイ   アルゼンチン   ブラジル   エクアドル 5
28 1963年   ボリビア   ボリビア   パラグアイ   アルゼンチン   ブラジル 7
29 1967年   ウルグアイ   ウルグアイ   アルゼンチン   チリ   パラグアイ 6

コパ・アメリカ編集

開催年 開催国 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
30 1975年   ホーム&アウェー方式   ペルー 0 - 1
2 - 0
1 - 0
  コロンビア   ブラジル
  ウルグアイ
-----[5] 10
31 1979年   ホーム&アウェー方式   パラグアイ 3 - 0
0 - 1
0 - 0 aet
  チリ   ブラジル
  ペルー
-----[5] 10
32 1983年   ホーム&アウェー方式   ウルグアイ 2 - 0
1 - 1
  ブラジル   ペルー
  パラグアイ
-----[5] 10
33 1987年   アルゼンチン   ウルグアイ 1 - 0   チリ   コロンビア 2 - 1   アルゼンチン 10
34 1989年   ブラジル   ブラジル -----[6]   ウルグアイ   アルゼンチン -----[6]   パラグアイ 10
35 1991年   チリ   アルゼンチン -----[6]   ブラジル   チリ -----[6]   コロンビア 10
36 1993年   エクアドル   アルゼンチン 2 - 1   メキシコ   コロンビア 1 - 0   エクアドル 12
37 1995年   ウルグアイ   ウルグアイ 1 - 1
(PK 5 - 3)
  ブラジル   コロンビア 4 - 1   アメリカ合衆国 12
38 1997年   ボリビア   ブラジル 3 - 1   ボリビア   メキシコ 1 - 0   ペルー 12
39 1999年   パラグアイ   ブラジル 3 - 0   ウルグアイ   メキシコ 2 - 1   チリ 12
40 2001年   コロンビア   コロンビア 1 - 0   メキシコ   ホンジュラス 2 - 2
(PK 5 - 4)
  ウルグアイ 12
41 2004年   ペルー   ブラジル 2 - 2
(PK 4 - 2)
  アルゼンチン   ウルグアイ 2 - 1   コロンビア 12
42 2007年   ベネズエラ   ブラジル 3 - 0   アルゼンチン   メキシコ 3 - 1   ウルグアイ 12
43 2011年   アルゼンチン   ウルグアイ 3 - 0   パラグアイ   ペルー 4 - 1   ベネズエラ 12
44 2015年   チリ   チリ 0 - 0 aet
(PK 4 - 1)
  アルゼンチン   ペルー 2 - 0   パラグアイ 12
45 2016年   アメリカ合衆国   チリ 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
  アルゼンチン   コロンビア 1 - 0   アメリカ合衆国 16
46 2019年   ブラジル   ブラジル 3 - 1   ペルー   アルゼンチン 2 - 1   チリ 12
47 2020年   アルゼンチン
  コロンビア
12
48 2024年   エクアドル 12

(斜字は招待国)

統計・記録編集

代表別通算成績編集

国・地域名
1   アルゼンチン 42 14 14 5 2 195 123 39 33 408 2.09 462 179 +283
2   ウルグアイ 44 15 6 9 5 201 110 36 55 366 1.82 406 220 +186
3   ブラジル 36 9 11 7 3 184 103 37 44 346 1.88 418 201 +217
4   チリ 39 2 4 5 11 183 66 31 86 229 1.25 288 311 -23
5   パラグアイ 37 2 6 7 7 172 62 42 68 228 1.33 256 297 -41
6   ペルー 32 2 1 8 5 154 56 37 61 205 1.33 220 241 -21
7   コロンビア 22 1 1 4 2 117 45 25 47 160 1.37 135 184 -49
8   ボリビア 27 1 1 0 2 115 20 26 69 86 0.75 106 288 -182
9   エクアドル 28 0 0 0 2 121 16 23 82 71 0.59 129 318 -189
10   メキシコ 10 0 2 3 0 48 19 13 16 70 1.46 66 62 +4
11   ベネズエラ 18 0 0 0 1 66 8 15 43 39 0.59 50 174 -124
12   コスタリカ 5 0 0 0 0 17 5 3 9 18 1.06 17 31 -14
13   アメリカ合衆国 4 0 0 0 2 18 5 2 11 17 0.94 18 29 -11
14   ホンジュラス 1 0 0 1 0 6 3 1 2 10 1.67 7 5 +2
15   パナマ 1 0 0 0 0 3 1 0 2 3 1.00 4 10 -6
16   日本 2 0 0 0 0 6 0 3 3 3 0.50 6 15 -9
17   カタール 1 0 0 0 0 3 0 1 2 1 0.33 2 5 -3
18   ジャマイカ 2 0 0 0 0 6 0 0 6 0 0.00 0 9 -9
19   ハイチ 1 0 0 0 0 3 0 0 3 0 0.00 1 12 -11
  • データは2019年大会終了時点
  • 太字は優勝経験のある国・地域で、太数字は最多記録
  • 斜字は招待国
  • 国・地域名は現在の名称で統一した
  • 順位は通算勝点の多い順で、通算勝点が同数の場合は1試合あたりの平均勝点が多い方を、それも同数の場合は得失点差の優れた方を、得失点差も同数の場合は総得点の多い方を上にした
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる

優勝回数編集

 
国別優勝回数
回数 国名
15回   ウルグアイ 1916,1917,1920,1923,1924,1926,1935,1942,1956,1959,
1967,1983,1987,1995,2011
14回   アルゼンチン 1921,1925,1927,1929,1937,1941,1945,1946,1947,1955,
1957,1959,1991,1993
9回   ブラジル 1919,1922,1949,1989,1997,1999,2004,2007,2019
2回   ペルー 1939,1975
  パラグアイ 1953,1979
  チリ 2015,2016
1回   ボリビア 1963
  コロンビア 2001
  • 斜数字は南米選手権時代の開催年

個人通算得点編集

順位 選手名 得点数
1   ジジーニョ 17
  ノルベルト・メンデス
3   テオドロ・フェルナンデス 15
  セベリーノ・バレラ
5   パオロ・ゲレーロ 14
6   エクトル・スカローネ 13
  ホセ・マヌエル・モレノ
  アデミール
  ジャイルジーニョ
  ガブリエル・バティストゥータ

日本代表編集

1999年大会に初めて招待され、トルシエ監督のもと1分2敗の結果を残した[7]

2011年大会にも招待されたていたが、東日本大震災の影響で辞退した。

2019年大会に、同じAFCカタールとともにアジアカップ2019年大会のファイナリストとして招待された。

脚注編集

  1. ^ “日本、サッカー南米選手権出場へ 11年大会に招待”. 47NEWS. 共同通信. (2009年6月4日). http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009060401000228.html 2011年4月6日閲覧。 
  2. ^ 2016年コパ・アメリカはアメリカで開催か メキシコ連盟会長が明かす-goal.com日本語版2012年7月5日
  3. ^ 1916年大会にはトロフィーはなかった。1917年大会がトロフィーをめぐって争われた最初の大会である。
  4. ^ a b c d e f トロフィーは授与されなかったが、この大会はCONMEBOLにより運営され認定されている。
  5. ^ a b c 3位決定戦は実施せず。
  6. ^ a b c d 4カ国による決勝リーグによって優勝国が決められた。
  7. ^ 代表TIMELINE | SAMURAI BLUE サッカー日本代表| 日本サッカー協会”. samuraiblue.jp. 2019年1月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集