メインメニューを開く

ボクは女学生』(ボクはじょがくせい)は、1973年10月5日から1974年3月29日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ東宝共同製作のテレビドラマである。全25話。放送時間は毎週金曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

ボクは女学生
ジャンル テレビドラマ
脚本 才賀明ほか
監督 児玉進
出演者 北公次
木村由貴子
吉田次昭
進士晴久
大竹しのぶ
ほか
音楽 広瀬健次郎
オープニング 「愛と希望の街」(北公次)
プロデューサー 野口光一
八百坂勉
制作 フジテレビ
東宝
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年10月5日 - 1974年3月29日
放送時間 金曜 19:00 - 19:30
放送枠 フジテレビ金曜7時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 25回
テンプレートを表示

概要編集

当時の人気アイドルグループ・フォーリーブス北公次初の単独主演作品である。主人公が元女子高校の共学高校に通い、女学生と対立するという設定である。

撮影を開始するにあたり、北の相手役が一般公募されて11名が受かったが、その中には大竹しのぶもいた。

ストーリー編集

主人公・清水二郎は飛行機事故で両親を失い、祖父が創立した「清水病院」に引き取られて男子高校に通っていた。ところが、二郎の通う高校が経営難から清水病院の院長の娘(つまり二郎の従姉妹)・アカネが通う女子高校に吸収されたため、学内は女子生徒と二郎たち男子生徒による対決の場と化す。

出演者編集

スタッフ編集

  • 脚本:才賀明ほか
  • 監督:児玉進ほか
  • 企画協力:東京新社
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 現像:東洋現像所
  • 制作担当者:大出凱理
  • ユニットマネージャー:久東晃
  • プロデューサー:野口光一、八百坂勉
  • 制作:フジテレビ、東宝

主題歌編集

  • 『愛と希望の街』

外部リンク編集

フジテレビ系列 金曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
スターまねマネ大会
(1973年8月3日 - 1973年9月28日)
ボクは女学生
(1973年10月5日 - 1974年3月29日)
ボクは恋人
(1974年4月5日 - 1974年9月27日)