マーチ・86G(March 86G)は、マーチ・エンジニアリング作成の1986年グループC・IMSA-GTP用汎用シャシである。

マーチ・86G
Nissan R86V front-left1 2015 Nissan Global Headquarters Gallery.jpg
カテゴリー グループC, IMSA GTP
コンストラクター マーチ・エンジニアリング
先代 マーチ・85G
後継 マーチ・87G
主要諸元
シャシー ハニカム構造炭素繊維によって補強されたアルミモノコック, 鋼管サブフレーム
エンジン 日産・VG30ET V6
BMW M12/14 2L直4ターボ
ビュイック 3LV6ターボ
ビュイック 4.5LV6NA ミッドシップ, 縦置きエンジン
トランスミッション ヒューランド 5速 LSD
主要成績
チーム ホシノレーシング
ハセミモータースポーツ
パーソンズレーシングチーム
ニスモ
BMWノースアメリカ
モモコルセ
HPレーシング
コンテレーシング
ドライバー デイビー・ジョーンズ
ジョン・アンドレッティ
デイビッド・ホッブス
ジョン・ワトソン
チームタイトル 0
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1986年 マイアミGP
出走優勝ポールFラップ
55151
テンプレートを表示
マーチ86G・日産(パーソンズ車)


概要編集

マーチ86Gシャシは全部で11台製作され、6台がIMSAを戦うマクラーレン・ノースアメリカのBMW-GTP用。1986年の全日本耐久選手権(後の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)およびル・マン24時間レース参戦用に日産がマーチより4台購入(うち1台はチーム・ルマンが購入)。残る1台がゼネラルモーターズ製エンジン(ビュイックブランド)を積んだ。日産用とBMW用、GM用はホイールアーチ等、外観も異なる。

Chassis Car Brand(s) Years Ran Championship
86G-1 BMW GTP 1986 IMSA Camel GT
86G-2 BMW GTP 1986 IMSA Camel GT
86G-3 BMW GTP 1986 IMSA Camel GT
86G-4 BMW GTP - ビュイックホークGTP 1986, 1987, 1988 IMSA Camel GT
86G-5 日産 R86V 1986–87 JSPC - WEC
86G-6 日産 R86V 1986 JSPC - WEC
86G-7 日産 R86V 1986–87 JSPC - WEC
86G-8 日産 R86V 1986–88 JSPC - WEC
86G-9 BMW GTP - ビュイックホークGTP 1988 IMSA Camel GT
86G-10 BMW GTP - ビュイックホークGTP 1988 IMSA Camel GT
86G-11 ビュイックホークGTP 1987–88 IMSA Camel GT

日産R86V編集

1985年シーズンは「シルビアターボC」、「スカイラインターボC」の名前でレースにエントリーしていた日産のCカー(マーチ・85G/日産)だったが、1986年シーズンのマーチ86G/日産は「ニッサンR86V」の名でエントリーしている。この命名ルールを作成したのは日産自動車の大久保芳美 [1]

日産は前年に引き続き3.0L V型6気筒ターボエンジンVG30を搭載してグループCレースに参戦した。シャーシは86G-5〜86G-8を購入し、86G-5は当初ホシノレーシングに提供されたが、1986年ル・マン用に日産ワークスチーム(ニスモ)にリースされた。86G-6および86G-7は日産ワークスチーム(ニスモ)によって運営され、86G-7はハセミモータースポーツ、86G-8はパーソンズレーシングチームに販売された[要出典]

デビュー戦は国内耐久の開幕戦、鈴鹿500km。ホシノレーシングのシャーシ86G-5のみが参戦した。しかしプラクティス中のエンジン炎上で決勝には参加できず、実質的なデビュー戦は第2戦の富士1000kmチーム・ルマンからエントリーのマシンが5位で完走している。

シャーシ86G-5はこの年が初出場となる日産のエースマシンとしてル・マンに遠征するが、予選で24位を獲得した後、決勝は4時間ほどでギアボックスの故障でリタイヤとなった[2]。 帰国後の国内耐久では4戦中3戦でフロントロウを独占する速さを見せたが、決勝ではリタイヤが多く一度も表彰台に立てなかった。

1987年は、日産がの主力マシンをV型8気筒VEJ30搭載のマーチ・87G(R87E)に移行したため、V型6気筒を搭載するマーチ86Gを使用するのはサテライトのチーム・ルマンのみとなったが、熟成不足のV型8気筒エンジン搭載車よりもむしろ好走を見せることも多く、WEC-JAPANでは3.2Lに拡大したアルミブロックVG30、和田孝夫のドライブで日本の自動車メーカーのエンジン搭載車初のポールポジションを獲得した(ただし決勝は通常のスチールブロックのVG30を使用した)。最終戦富士500kmでも連続ポールポジション獲得。決勝でも日産Cカーとして事実上初めて優勝争いに加わり過去最高 の4位に入賞している。

翌88年もチーム・ルマンからル・マン24時間に遠征。JSPC第4戦以降はマーチ・88Gに移行したが、WEC-JAPANでは88Gとの2台体制でチーム・ルマンから参戦している。

BMW GTP編集

 
BMW GTP

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「Racing On」 特別編集「ル・マン。見果てぬ夢」、p.59 三栄書房、2012年
  2. ^ レーシングスポーツカーズドットコム

関連項目編集

出典編集


外部リンク編集