メインメニューを開く

ロベルタ・ビンチRoberta Vinci, 1983年2月18日 - )は、イタリアターラント出身の女子プロテニス選手。ダブルスでサラ・エラニと組み4大大会で5勝を挙げキャリアグランドスラムを達成した。自己最高ランキングはシングルス7位、ダブルス1位。WTAツアーでシングルス10勝、ダブルス25勝を挙げている。身長163cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。

ロベルタ・ビンチ
Roberta Vinci
Tennis pictogram.svg
Vinci US16 (22) (29827525856).jpg
ロベルタ・ビンチ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ターラント
生年月日 (1983-02-18) 1983年2月18日(36歳)
身長 163cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
引退年 2018年
ツアー通算 35勝
シングルス 10勝
ダブルス 25勝
生涯通算成績 980勝617敗
シングルス 565勝412敗
ダブルス 415勝205敗
生涯獲得賞金 $11,808,215
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2006・10・13・16)
全仏 4回戦(2013)
全英 4回戦(2012・13)
全米 準優勝(2015)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2013・14)
全仏 優勝(2012)
全英 優勝(2014)
全米 優勝(2012)
優勝回数 5(豪2・仏1・英1・米1)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2006・09・10・13)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2016年5月9日)
ダブルス 1位(2012年10月15日)

来歴編集

ビンチは6歳でテニスを始め、1999年にプロに転向。1999年全仏オープンジュニア女子ダブルスで同じイタリアのフラビア・ペンネッタと組んで優勝した。

2001年のドーハ大会のダブルスでサンドリーヌ・テスチュと組んでツアー初優勝。テスチュとペアで2001年全仏オープン2002年全仏オープンでベスト8、2001年全米オープン2004年全仏オープンでベスト4に進出している。

シングルスでは2001年の全米オープン4大大会に初出場。2007年のボゴタ大会でタチアナ・ガルビンの途中棄権により、シングルス初優勝を果たした。

 
2011年ブダペストにて

2011年にバルセロナ、スヘルトーヘンボス、ブダペストの3大会で優勝し、8月のロジャーズ・カップでは2回戦でキャロライン・ウォズニアッキを 6-4, 7-5 で破り、初めて世界ランキング1位の選手に勝利した[1]

ビンチは4大大会のシングルスではなかなか3回戦の壁を突破出来なかったが、2012年ウィンブルドン選手権で初めて4回戦に進出した。2012年全米オープンでも4回戦に進出し第2シードのアグニエシュカ・ラドワンスカに 6-1, 6-4 で勝利し4大大会初のベスト8に進出した。準々決勝では親友でダブルスパートナーのサラ・エラニに 2-6, 4-6 で敗れた。2013年全米オープンで2年連続のベスト8に進出したが、準々決勝で同じイタリアのフラビア・ペンネッタに 4-6, 1-6 で敗れ4大大会初のベスト4進出はならなかった。

 
ビンチ(左)とサラ・エラニ

ビンチはオリンピックイタリア代表として、2004年アテネ五輪2008年北京五輪2012年ロンドン五輪の3大会で出場している。2006年、2009年、2010年のフェドカップイタリアチームの優勝メンバーの一人である。

近年はダブルスでサラ・エラニと組むことが多い。2012年全豪オープンではエラニとのペアで初の4大大会の決勝に進出した。決勝ではスベトラーナ・クズネツォワ&ベラ・ズボナレワ組に 7-5, 4-6, 3-6 で敗れ準優勝となった。2012年全仏オープンでは決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組を 4-6, 6-4, 6-2 で破り初めての4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2012年全米オープンでも決勝に進出しアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 6–4, 6–2 で破り優勝した。2012年10月15日付のランキングでダブルス1位を記録している。2013年全豪オープンでも決勝でアシュリー・バーティ&ケーシー・デラクア組を 6-2, 3-6, 6-2 で破り4大大会ダブルス3勝目を挙げた。翌年の大会も連覇し通算4大大会女子ダブルス4勝となった。

2014年全仏オープンでは決勝で謝淑薇&彭帥組に 4-6, 1-6 で敗れ準優勝に終わったが、ウィンブルドンの決勝でティメア・バボシュ&クリスティナ・ムラデノビッチ組を 6–1, 6–3 で破り史上5組目のキャリアグランドスラムを達成した[2]


2015年全米オープンでは準決勝でセリーナ・ウィリアムズを2-6, 6-4, 6-4で破り、年間グランドスラム達成を阻止[3]。イタリア勢同士の対戦になった決勝ではフラビア・ペンネッタに敗れて準優勝となった。

2016年は2月のサンクトペテルブルク・レディース・トロフィーでは決勝でベリンダ・ベンチッチに勝利し、プレミア初優勝となるツアー通算10勝目を挙げると、2月22日付のランキングで10位となり初のトップ10入りを果たす。33歳4日での初トップ10入りはWTA史上最年長記録である。5月9日付のランキングで自己最高の7位を記録した。

ビンチは2018年に地元のBNLイタリア国際を最後に現役を引退すると発表。1回戦のアレクサンドラ・クルニッチ戦が現役最後の試合となった[4]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 15回 (10勝5敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2007年2月25日   ボゴタ クレー   タチアナ・ガルビン 6–7(5), 6–4, 0–3 途中棄権
優勝 2. 2009年4月19日   バルセロナ クレー   マリア・キリレンコ 0–6, 4–6
準優勝 1. 2010年4月17日   バルセロナ クレー   フランチェスカ・スキアボーネ 6–1, 6–1
優勝 3. 2010年10月24日   ルクセンブルク ハード (室内)   ユリア・ゲルゲス 6–3, 6–4
優勝 4. 2011年4月30日   バルセロナ クレー   ルーシー・ハラデツカ 4–6, 6–2, 6–4
優勝 5. 2011年6月18日   スヘルトーヘンボス   エレナ・ドキッチ 6–7(7), 6–3, 7–5
優勝 6. 2011年7月10日   ブダペスト クレー   イリーナ=カメリア・ベグ 6–4, 1–6, 6–4
優勝 7. 2012年8月24日   ダラス ハード   エレナ・ヤンコビッチ 7–5, 6–3
優勝 8. 2013年4月14日   カトヴィツェ クレー   ペトラ・クビトバ 7–6(2), 6–1
優勝 9. 2013年7月14日   パレルモ クレー   サラ・エラニ 6–3, 3–6, 6–3
準優勝 2. 2014年7月13日   ブカレスト クレー   シモナ・ハレプ 1–6, 3–6
準優勝 3. 2014年7月20日   イスタンブール ハード   キャロライン・ウォズニアッキ 1–6, 1–6
準優勝 4. 2015年5月23日   ニュルンベルク クレー   カリン・クナップ 6–7(5), 6–4, 1–6
準優勝 5. 2015年9月12日   全米オープン ハード   フラビア・ペンネッタ 6–7(4), 2–6
優勝 10. 2016年2月14日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   ベリンダ・ベンチッチ 6–4, 6–3

ダブルス: 43回 (25勝18敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年2月18日   ドーハ ハード   サンドリーヌ・テスチュ   クリスティ・ボーグルト
  ミリアム・オレマンス
7–5, 7–6(4)
準優勝 1. 2001年10月18日   チューリッヒ カーペット (室内)   サンドリーヌ・テスチュ   リンゼイ・ダベンポート
  リサ・レイモンド
3–6, 6–2, 2–6
準優勝 2. 2002年2月3日   東京 カーペット (室内)   エルス・カレンズ   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
1–6, 1–6
準優勝 3. 2002年2月21日   ドバイ ハード   サンドリーヌ・テスチュ   バーバラ・リットナー
  マリア・ベント=カブチ
3–6, 2–6
優勝 2. 2005年9月25日   ポルトロス ハード   アナベル・メディナ・ガリゲス   エレナ・コスタニッチ
  カタリナ・スレボトニク
6–4, 5–7, 6–2
優勝 3. 2006年1月13日   キャンベラ ハード   マルタ・ドマホフスカ   クレイアー・カーラン
  リガ・デクメイエレ
7–6(5), 6–3
準優勝 4. 2007年2月22日   ボゴタ クレー   フラビア・ペンネッタ   ルルド・ドミンゲス・リノ
  パオラ・スアレス
6–1, 3–6, [9–11]
準優勝 5. 2007年5月10日   ベルリン クレー   タチアナ・ガルビン   リサ・レイモンド
  サマンサ・ストーサー
3–6, 4–6
準優勝 6. 2007年5月17日   ローマ クレー   タチアナ・ガルビン   ナタリー・ドシー
  マラ・サンタンジェロ
4–6, 1–6
準優勝 1. 2010年2月22日   アカプルコ クレー   サラ・エラニ   ポロナ・ヘルツォグ
  バルボラ・ザフラボバ・ストリコバ
6–2, 1–6, [2–10]
優勝 4. 2010年4月11日   マルベーリャ クレー   サラ・エラニ   マリア・コンドラチェワ
  ヤロスラワ・シュウェドワ
6–4, 6–2
優勝 5. 2010年4月17日   バルセロナ クレー   サラ・エラニ   ティメア・バシンスキー
  タチアナ・ガルビン
6–1, 3–6, [10–2]
優勝 6. 2011年1月15日   ホバート ハード   サラ・エラニ   カテリナ・ボンダレンコ
  リガ・デクメイエレ
6–3, 7–5
優勝 7. 2011年2月13日   パタヤ ハード   サラ・エラニ   孫勝男
  鄭潔
3–6, 6–3, [10–5]
準優勝 8. 2011年4月10日   マルベーリャ クレー   サラ・エラニ   ヌリア・リャゴステラ・ビベス
  アランチャ・パラ・サントンハ
6–3, 4–6, [5–10]
準優勝 9. 2011年6月12日   バーミンガム   サラ・エラニ   オリガ・ゴボツォワ
  アーラ・クドゥリャフツェワ
6–1, 1–6, [5–10]
優勝 8. 2011年7月16日   パレルモ クレー   サラ・エラニ   アンドレア・フラバーチコバ
  クララ・ザコパロバ
7–5, 6–1
準優勝 10. 2011年8月27日   ニューヘイブン ハード   サラ・エラニ   荘佳容
  オリガ・ゴボツォワ
5–7, 2–6
準優勝 11. 2012年1月27日   全豪オープン ハード   サラ・エラニ   スベトラーナ・クズネツォワ
  ベラ・ズボナレワ
7-5, 4-6, 3-6
優勝 9. 2012年2月26日   モンテレイ ハード   サラ・エラニ   クルム伊達公子
  張帥
6–2, 7–6(6)
優勝 10. 2012年3月3日   アカプルコ クレー   サラ・エラニ   ルルド・ドミンゲス・リノ
  アランチャ・パラ・サントンハ
6–2, 6–1
準優勝 12. 2012年4月1日   マイアミ ハード   サラ・エラニ   マリア・キリレンコ
  ナディア・ペトロワ
6–7(0), 6–4, [4–10]
優勝 11. 2012年4月15日   バルセロナ クレー   サラ・エラニ   フラビア・ペンネッタ
  フランチェスカ・スキアボーネ
6-0, 6-2
優勝 12. 2012年5月12日   マドリード クレー   サラ・エラニ   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6-1, 3-6, [10-4]
優勝 13. 2012年5月20日   ローマ クレー   サラ・エラニ   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6–2, 7–5
優勝 14. 2012年6月8日   全仏オープン クレー   サラ・エラニ   マリア・キリレンコ
  ナディア・ペトロワ
4-6, 6-4, 6-2
優勝 15. 2012年6月23日   スヘルトーヘンボス   サラ・エラニ   マリア・キリレンコ
  ナディア・ペトロワ
6–4, 3–6, [11–9]
優勝 16. 2012年9月9日   全米オープン ハード   サラ・エラニ   アンドレア・フラバーチコバ
  ルーシー・ハラデツカ
6-4, 6-2
準優勝 19. 2013年1月11日   シドニー ハード   サラ・エラニ   ナディア・ペトロワ
  カタリナ・スレボトニク
3-6, 4-6
優勝 17. 2013年1月25日   全豪オープン ハード   サラ・エラニ   アシュリー・バーティ
  ケーシー・デラクア
6-2, 3-6, 6-2
優勝 18. 2013年2月3日   パリ ハード
(室内)
  サラ・エラニ   アンドレア・フラバーチコバ
  リーゼル・フーバー
6-1, 6-1
優勝 19. 2013年2月17日   ドーハ ハード   サラ・エラニ   ナディア・ペトロワ
  カタリナ・スレボトニク
2–6, 6–3, [10–6]
準優勝 14. 2013年5月19日   ローマ クレー   サラ・エラニ   謝淑薇
  彭帥
6–4, 3–6, [8–10]
準優勝 15. 2013年6月10日   全仏オープン クレー   サラ・エラニ   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
5-7, 2-6
準優勝 16. 2014年1月10日   シドニー ハード   サラ・エラニ   ティメア・バボシュ
  ルーシー・サファロバ
5–7, 6–3, [7–10]
優勝 20. 2014年1月24日   全豪オープン ハード   サラ・エラニ   エカテリーナ・マカロワ
  エレーナ・ベスニナ
6-4, 3-6, 7-5
優勝 21. 2014年4月27日   シュトゥットガルト クレー   サラ・エラニ   カーラ・ブラック
  サニア・ミルザ
6–2, 6–3
優勝 22. 2014年5月10日   マドリード クレー   サラ・エラニ   ガルビネ・ムグルサ
  カルラ・スアレス・ナバロ
6–4, 6–3
準優勝 17. 2014年5月18日   ローマ クレー   サラ・エラニ   クベタ・ペシュケ
  カタリナ・スレボトニク
0–4, 途中棄権
準優勝 18. 2014年6月8日   全仏オープン クレー   サラ・エラニ   謝淑薇
  彭帥
4-6, 1-6
優勝 23. 2014年7月5日   ウィンブルドン   サラ・エラニ   ティメア・バボシュ
  クリスティナ・ムラデノビッチ
6–1, 6–3
優勝 24. 2014年8月10日   モントリオール ハード   サラ・エラニ   カーラ・ブラック
  サニア・ミルザ
7–6(4), 6–3
優勝 25. 2015年1月10日   オークランド ハード   サラ・エラニ   青山修子
  レナタ・ボラコバ
6–2, 6–1

4大大会ダブルス優勝編集

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 通算成績
全豪オープン A LQ LQ LQ LQ 3R 1R 1R 1R 3R 1R 2R 3R 1R 2R 3R 1R LQ 10–12
全仏オープン A LQ LQ 1R 1R 1R 1R LQ 1R 2R 3R 1R 4R 1R 1R 1R 1R A 6–13
ウィンブルドン A 1R LQ LQ 3R A 2R LQ 3R 2R 3R 4R 4R 1R 1R 3R 1R A 16–12
全米オープン 1R LQ A 1R 1R 1R 1R 2R 1R 1R 3R QF QF 3R F QF 1R A 22–15

: 2015年全米4回戦の不戦勝は通算成績に含まない

脚注編集

外部リンク編集