ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリ

ラシャ・シャヴダトゥアシヴィリグルジア語: ლაშა შავდათუაშვილი、Lasha Shavdatuashvili、1992年1月31日-) は、ジョージアゴリ出身の柔道選手。66kg級。身長167cm[1][2]

獲得メダル
ジョージア (国)の旗 ジョージア
柔道
オリンピック
2012 ロンドン 66kg級
2020 東京 73kg級
2016 リオデジャネイロ 73kg級
世界選手権
2021 ブダペスト 73kg級

人物編集

2011年にヨーロッパジュニアで優勝すると、世界ジュニアでは3位となった[2]。2012年にはワールドカップ・トビリシでシニアの国際大会初優勝を飾ると、ヨーロッパ選手権でも3位となりオリンピック代表に選ばれた[2]ロンドンオリンピックでは全くのノーマーク選手ながら勝ち上がり、準決勝で世界チャンピオンの海老沼匡隅返で破ると、決勝ではハンガリーのウングヴァーリ・ミクローシュを有効で破って20歳にしてオリンピックでの優勝を果たした[1]。 オリンピック制覇後は、2013年のヨーロッパ選手権で優勝するが、その後は低迷して成績を出せない時期が続いた。 2014年から階級を73kg級に変更した[2]。2016年のヨーロッパ選手権では準優勝し、上がり調子で迎えたリオデジャネイロオリンピックでは準々決勝で大野将平に大外刈の技ありで敗れたが、その後の敗者復活戦を勝ち上がって銅メダルを獲得した[3]。また大野は準々決勝以外を全て一本勝ちして優勝したため、この大会で唯一大野相手にフルタイム戦った。2017年の世界選手権では準々決勝で橋本壮市に敗れるなどして5位、ワールドマスターズでも決勝で橋本に敗れて2位だった[2]。2020年のヨーロッパ選手権では2位だった[2]。2021年の世界選手権では決勝でスウェーデンのトミー・マシアスに反則勝ちし、ロンドンオリンピック以来9年ぶりの世界一及び、世界選手権初優勝を飾った[4]。7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは準決勝で韓国の安昌林に反則勝ちしたものの、決勝では大野に技ありで敗れた。しかし、オリンピックでは3大会連続3つ目となるメダルを獲得した[5]

IJF世界ランキングは5645ポイント獲得で、19位(21/6/28現在)[6]

主な戦績編集

66kg級での戦績

73kg級での戦績

(出典[2]JudoInside.com)。 

脚注編集

外部リンク編集