メインメニューを開く

リオンディーズ: Leontes)は、日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた日本競走馬。おもな勝ち鞍は2015年朝日杯フューチュリティステークス(GI)。馬名は、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇「冬物語」に登場するシチリア王の名前で、父馬と母馬のそれぞれの名前から連想して命名された[1]

リオンディーズ
Leontes Asahi Hai Futurity Stakes 2015(IMG1).jpg
2015年朝日杯フューチュリティステークス
欧字表記 Leontes[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2013年1月29日(6歳)[2]
抹消日 2016年10月13日
キングカメハメハ[2]
シーザリオ[2]
母の父 スペシャルウィーク[2]
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム[2]
馬主 キャロットファーム[2]
調教師 角居勝彦栗東[2]
調教助手 鈴木裕幸[3]
競走成績
生涯成績 5戦2勝[2]
獲得賞金 1億3040万6000円[2]
 
勝ち鞍
GI 朝日杯フューチュリティステークス 2015年
テンプレートを表示

経歴編集

2歳(2015年)編集

11月22日京都競馬場芝2000m新馬戦でデビュー、終始かかり気味ながらも4コーナーから抜群の伸びを見せ見事デビュー戦を勝利で飾った[4]。続く2戦目はデビュー戦の2000mから距離を一気に1600mに短縮し、G1の朝日杯フューチュリティステークスに出走。前走GIIを圧勝し、武豊の平地GI完全制覇と共に注目されていたエアスピネルに続く2番人気に推される中、直線では先に抜けだしたエアスピネルを4コーナー最後方から追い込んで優勝。奇しくもお互いの母[5]が戦った10年前の優駿牝馬(オークス)と同じ結果となった[6]

3歳(2016年)編集

皐月賞の前哨戦となる、3月6日中山競馬場の弥生賞に出走。前年に続く対戦となった朝日杯2着のエアスピネル、自身と同じく2戦2勝で重賞初挑戦のマカヒキとともに3強の構図となったが単勝1.9倍の1番人気に支持された。レースは、4コーナーで先頭に立ち押し切りを狙うが、上がり3ハロンが34秒4のリオンディーズに対して上がり3ハロン33.6秒の2番人気マカヒキに差され、リオンディーズは弥生賞2着となった[7][8]4月17日はクラシック三冠第一戦、中山競馬場の皐月賞に出走。同日9Rの同条件のレースでは完全に前残りの決着であったこともあり8枠16番からスタートを決めるとそのまま先行、逃げるリスペクトアースの直後につけた。しかし向正面で強い向かい風の中1000m通過58.4、最終的には皐月賞レコードとなる速いペースでも抑えきれず先頭に立つ展開となり、直線粘るもののディーマジェスティの4位入線、さらに最後の直線で馬体を併せに行った際にエアスピネルの走行を妨害したことで5着に降着となった[9][10]5月29日はクラシック三冠第二戦、東京競馬場東京優駿に出走。ディーマジェスティ、サトノダイヤモンド、マカヒキと共に4強を形成し4番人気に支持された。レースはスタート後後方に下げるもやや折り合いを欠く展開となり、直線は後方からメンバー最速の上がりで追い込むも届かずマカヒキの5着。春は無冠で終え、秋に向け課題を残す結果となった。[11] 秋は神戸新聞杯に向けて調整が進められていたものの、浅屈腱炎を発症し休養で3歳シーズンを終えることとなった[12]。さらにその後、前浅屈腱繋部の不全断裂を確認。復帰は極めて困難と判断され、10月13日付で競走馬登録を抹消された[13]。引退後はブリーダーズスタリオンステーション種牡馬として供用された[14]

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2015.11.22 京都 2歳新馬 芝2000m(良) 15 8 15 02.2(1人) 1着 2:02.2(33.4) -0.2 岩田康誠 55kg (ピースマインド)
0000.12.20 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(良) 16 8 15 05.9(2人) 1着 1:34.4(33.3) -0.1 M.デムーロ 55kg エアスピネル
2016.03.06 中山 弥生賞 GII 芝2000m(良) 12 7 10 01.9(1人) 2着 1:59.9(34.4) 0.0 M.デムーロ 56kg マカヒキ
0000.04.17 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 8 16 02.8(2人) -...5着[注 1] 1:58.4(36.1) 0.5 M.デムーロ 57kg ディーマジェスティ
0000.05.29 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 6 12 05.5(4人) 5着 2:24.5(33.2) 0.5 M.デムーロ 57kg マカヒキ
  1. ^ 4位入線後5着へ降着

[2]

血統表編集

リオンディーズ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

キングカメハメハ
2002 鹿毛
父の父
Kingmambo
1990 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
父の母
*マンファス
Manfath
1991 黒鹿毛
*ラストタイクーン *トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer

シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
* サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
母の母
* キロフプリミエール
Kirov Premiere
1990 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia
5代内の近親交配 Northern Dancer 5・5×4、Special 5×5
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [2]

脚注編集

  1. ^ a b リオンディーズ” (日本語). 所属馬情報. キャロットクラブ. 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m netkeiba.com - リオンディーズ 2016年10月12日閲覧
  3. ^ ベストターンドアウト賞~受賞者の発表および受賞者のコメント”. 日経ラジオ社 (2015年12月20日). 2016年4月17日閲覧。
  4. ^ 【京都新馬戦】エピファネイア弟 リオンディーズ圧勝デビュー”. スポーツ報知 (2015年11月22日). 2015年12月29日閲覧。
  5. ^ シーザリオエアメサイア。因みにリオンディーズとエアスピネルは同じ父(キングカメハメハ)を持つ。
  6. ^ 【朝日杯FS】(阪神)〜リオンディーズが直線一気でV[News]”. ラジオNIKKEI (2015年12月20日). 2015年12月29日閲覧。
  7. ^ スポニチ - 【弥生賞】リオンディーズ2着 ミルコ無念「久しぶりで掛かった」2016年3月7日配信/閲覧
  8. ^ 日刊スポーツ・マカヒキ無敗1冠王手、末脚ラスト33秒6/弥生賞2016年3月7日配信/閲覧
  9. ^ スポーツ報知 - 【皐月賞】5着リオンディーズ「後ろからでは捕らえきれないと思った」とMデムーロ2016年4月22日配信/閲覧
  10. ^ netkeiba - 【鹿野山特別】(中山)〜サクラアンプルールが2番手から抜ける 2016年4月22日配信/閲覧
  11. ^ スポーツニッポン - 【日本ダービー】リオンディーズ強烈末脚も5着…序盤折り合い苦戦2016年5月30日配信/閲覧
  12. ^ netkeiba.com - リオンディーズが浅屈腱炎 9カ月以上の休養を要する見込み2016年9月16日配信/閲覧
  13. ^ リオンディーズ号が競走馬登録抹消 - 日本中央競馬会(2016年10月13日)、2016年12月6日閲覧
  14. ^ netkeiba.com - リオンディーズの引退が決定 ブリーダーズSSで種牡馬入り (netkeiba.com 2016年10月12日 19時40分配信)

外部リンク編集