リジェ・JS P217リジェ・オートモーティブが製造し、フランス人で元レーシングドライバーのギ・リジェとの提携で命名された、ル・マン・プロトタイプ(LMP)2マシン。リジェ・JS P217は、FIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP2クラスで、国際自動車連盟(FIA)およびフランス西部自動車クラブ(ACO)の2017年規定に沿って製造された。

リジェ・JS P217
ル・マン24時間レース(2018年)
カテゴリー 「ル・マン」プロトタイプ(LMP)2
コンストラクター リジェ・オートモーティブ
先代 リジェ・JS P2
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン with pushrod and torque rod-activated ショックアブソーバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン with spring-activated ショックアブソーバー
全長 4,745 mm (186.8 in)
全幅 1,900 mm (75 in)
ホイールベース 3,010 mm (119 in)
エンジン リジェ・JS P217
ギブソン・テクノロジー GK-428 4.2L V8 NA
リジェ・日産 DPi
日産 3.8L V6 ツインターボ
600 HP ミッドシップ 縦置き
トランスミッション ヒューランド TLS-200 6速 シーケンシャル
重量 930 kg (2,050 lb)
タイヤ ミシュラン, ダンロップ,コンチネンタル
主要成績
チーム リジェ・JS P217
ポルトガルの旗 アルガルヴェ・プロ・レーシング
イタリアの旗 ユーロインターナショナル
フランスの旗 IDECスポーツ・レーシング
ポーランドの旗 インター・ユーロポル・コンペティション
フランスの旗 ラルブル・コンペティション
フランスの旗 パニス・バルテズ・コンペティション
中華人民共和国の旗 CEFC・マノー・TRSレーシング
アメリカ合衆国の旗 PR1/マティアセン・モータースポーツ
イギリスの旗 トックウィズ・モータースポーツ
イギリスの旗 ユナイテッド・オートスポーツ
アメリカ合衆国の旗 スピリット・オブ・デイトナ・レーシング
スロベニアの旗 オートレースクラブ・ブラティスラバ
フィリピンの旗 リック・ウェアー・レーシング・ユーラシア
スペインの旗 CDスポーツ
リジェ・日産 DPi
アメリカ合衆国の旗 エクストリームスピード・モータースポーツ
アメリカ合衆国の旗 コア・オートスポーツ
初戦 2017年デイトナ24時間レース
出走優勝
939
テンプレートを表示

このマシンは国際モータースポーツ協会(IMSA)のウェザーテック・スポーツカー選手権のプロトタイプクラスの規制にも適合している。これらのチャンピオンシップシリーズだけでなく、2017年にはヨーロピアン・ル・マン・シリーズアジアン・ル・マン・シリーズの両方で活躍している。2017年のデイトナ24時間レースでレースデビューし、 WECでは第2戦スパ・フランコルシャン6時間でデビューした。

バリエーションモデルのリジェ・日産 DPiについても記述する。

開発

編集

リジェ・JS P217は、2017年のFIAおよびACOの新しい規制変更に備えて2016年に考案された。リジェ・オートモーティブは、全く新しいシャーシをゼロから構築し、リジェ・JS P2の車のメカニズムの改善に重点を置いた。リジェと技術パートナーは、エンジンのラジエーターとブレーキの空冷、コックピットの空調に焦点を合わせた。車の機械的特徴は、タイヤ交換の時間を短縮するための新しい車軸、ナット、リムの実装、車軸の効率、重量配分、コックピット前部でのメカニックのアクセスのしやすさ、空力効率、LMP1スタイルのパワーステアリング、および限られた数のシャーシ部品である。さらにドライバーの快適性、スペース、コントロールのしやすさ、視認性にも注意が払われた。

その後2016年9月にスパ・フランコルシャンで公開された。また2016年9月にマニクール・サーキットで、2016年11月にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで、デイトナ24時間レースの準備のためのテストを実施した[1]

リジェ・日産 DPi

編集
 
2017年プチ・ル・マンの リジェ・日産 DPi

バリエーションモデルであるリジェ・日産 DPiは、オンローク・日産 DPiとも呼ばれ、デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(DPi)規定の下でウェザーテック・スポーツカー選手権用に作成された。この車は日産NISMOと共同で開発され、エンジンは、日産 GT-R GT3の3.8L V6ツインターボ日産・VR38DETT)。ベースとなったリジェ・JS P217からのその他の変更には、大きなフロントパネルと改良されたサイドパネルが含まれる[2]

2017年、オンローク・オートモーティブは、エクストリーム・スピード・モータースポーツ(ESM)に2台のDPiマシンを供給した。ESMは2018年後半にスポンサーが不足し、チームが撤退するまでDPiマシンを走らせた[3]

2019年、コア・オートスポーツは、ESMの日産・DPiを購入し、DPiクラスに参戦した[4]。しかしその年限りでチームオーナーのジョナサン・ベネットが引退したため、日産・DPiプログラムも同時に終了した[5]

IMSA(ウェザーテック・スポーツカー選手権)の戦績
チーム クラス No. ドライバー Rds. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Pts. Pos.
2017   テキーラ・パトロン・ESM P 2   ライアン・ダルジール 全戦 DAY
4
SEB
11
LBH
2
AUS
6
BEL
8
WGL
7
MOS
3
ELK
3
MON
6
PET
1
273 5位
  スコット・シャープ 全戦
  ピポ・デラーニ 1-2, 6
  ブレンドン・ハートレイ 1, 10
22   ヨハネス・ヴァン・オーバービーク英語版 全戦 DAY
7
SEB
10
LBH
9
AUS
5
BEL
7
WGL
8
MOS
9
ELK
1
MON
8
PET
4
249 6位
  エド・ブラウン英語版 1-5
  ブルーノ・セナ 1-2, 6, 10
  ブレンドン・ハートレイ 1-2
  ピポ・デラーニ 7-10
2018   テキーラ・パトロン・ESM P 2   ライアン・ダルジール 1-6,8-10 DAY
19
SEB
16
LBH
2
MOH
10
BEL
4
WGL
15
MOS ELK
9
MON
11
PET
11
186 13位
  スコット・シャープ 1-6, 8-10
  オリヴィエ・プラ 1-2, 6
  ノーマン・ナト 10
22   ピポ・デラーニ 全戦 DAY
18
SEB
1
LBH
12
MOH
9
BEL
7
WGL
16
MOS
12
ELK
6
MON
1
PET
6
232 9位
  ヨハネス・ヴァン・オーバービーク英語版 1-6, 8-10
  ニコラ・ラピエール 1–2, 6
  ライアン・ダルジール 7
  ティモ・ベルンハルト 10
2019   コア・オートスポーツ DPi 54   ジョン・ベネット英語版 全戦 DAY
4
SEB
5
LBH
11
MOH
11
BEL
7
WGL
11
MOS
7
ELK
10
MON
7
PET
8
230 9位
  コリン・ブラウン英語版 全戦
  ロマン・デュマ 1-2,6,10
  ロイック・デュバル 1

脚注

編集
  1. ^ Dagys (2016年11月9日). “PR1 Ligier JS P217 Headlines November Daytona Test Entry”. Sportscar365.com. 2017年6月19日閲覧。
  2. ^ Ligier JS P217”. Racecar Engineering. 2017年6月19日閲覧。
  3. ^ Dagys, John (2018年12月1日). “ESM Shutters Operations”. Sportscar365. https://sportscar365.com/imsa/iwsc/esm-shutters-operations/ 2020年9月28日閲覧。 
  4. ^ IMSA:ロイック・デュバル擁するコア・オートスポーツ、2019年はニッサンDPiにスイッチ”. autosport web. 2018年12月3日閲覧。
  5. ^ IMSA:ニッサンDPi駆るベネットが引退を発表。コア・オートスポーツのDPiプログラムも終了へ”. autosport web. 2019年8月23日閲覧。

外部リンク

編集