メインメニューを開く

リセ・ルイ=ル=グラン

リセ・ルイ=ル=グラン: Lycée Louis-le-Grand、略称: LLG)は、フランスパリにある、古い歴史をもつ公立の後期中等教育機関である。ルイ=ル=グラン高校、あるいはルイ=ル=グラン学院ないしルイ大王学院とも訳す。

Lycée Louis-le-Grand
正面入口
住所
123 rue Saint-Jacques
パリ5区, 75005
フランス
座標 北緯48度50分53秒 東経2度20分40秒 / 北緯48.848056度 東経2.344528度 / 48.848056; 2.344528
情報
種別 公立 (local public Institution, EPLE)[1]
創立 1563年10月1日 (1563-10-01)
開校 1563
校長 Michel Bouchaud[2]
生徒数 1,818人(2009年)
使用言語 German, English, Arabic, Chinese, Spanish, Ancient Greek, Hebrew, Latin, Russian, Vietnamese
外部リンク

ルイ=ル=グランは1563年イエズス会により、パリの伝統的な学生街であるカルチエ・ラタンの中心に設立された。この地域にはパリ大学コレージュ・ド・フランス等があり、歴史、建築、文化に富んだ、フランスで最も古い名門教育機関が集中する地域である。

後期中等教育課程を教えるリセとしては800人の生徒が在学しており、大学レベルのカリキュラムを教えるリセ附属CPGEグランゼコール準備級、Classes Préparatoires aux Grandes Écoles) には900人の生徒が学んでいる。バカロレアに加えてエコール・ポリテクニーク高等師範学校などグランゼコールへの合格率の高さで名高い。ルイ=ル=グランの生徒はマニョリュドヴィスィヤン (magnoludoviciens) と呼ばれている。

ルイ=ル=グラン校の中庭。かつてはパリ大学の校舎だった。

ルイ=ル=グランはフランスのエリート教育に主導的な役割を果たしている。卒業生に無数の政治家や外交官、高位聖職者、アカデミー・フランセーズ会員、文学者などを輩出している。「このパリのイエズス会学校は」と、1862年エリ・ド・ボーモンが書いている―「永きにわたり、偉人をはぐくむ国家機関でありつづけてきた」。

モリエールヴォルテールヴィクトル・ユゴーらの他、詩人でネグリチュード運動家のエメ・セゼールがこの学校から巣立ち、偉大な文学者となった。フランス大統領のジョルジュ・ポンピドゥーヴァレリー・ジスカール・デスタンジャック・シラクセネガル共和国初代大統領のレオポール=セダール・サンゴールなどがかつてこの学校で学んでいる。モンテネグロニコラ1世などは留学生としてルイ=ル=グランで学んだ。

目次

出身者編集

 
写真中央、サン・ジャック通りの右手にリセ・ルイ=ル=グランが位置する。左手にはソルボンヌ、右手にはパリ大学法学部旧校舎が位置する。

作家・哲学者編集

政治家編集

フランス革命期の政治家編集

フランスの大統領編集

その他の政治家編集

画家編集

映画製作者編集

科学者編集

その他の有名な出身者編集

関係者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.louislegrand.org/index.php/japonais-presentations-72
  2. ^ « Du lycée Montaigne à Louis-le-Grand », Sud-Ouest, 8 mai 2012, consulté sur www.sudouest.fr le 1 septembre 2012

関連項目編集

外部リンク編集

(These pages are in French)