ルスタム・オルジョフ

ルスタム・オルジョフ(Rustam Orujov 1991年10月4日- )は、アゼルバイジャン柔道選手。ロシアイルクーツク出身。階級は73kg級。身長179cm[1][2][3]

リオデジャネイロ五輪でのオルジョフ
獲得メダル
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 73kg級
世界柔道選手権
2017 ブダペスト 73kg級
2019 東京 73kg級
ワールドマスターズ
2015 ラバト 73kg級
2016 グアダラハラ 73kg級
2019 青島 73kg級

人物編集

7歳の時にチェスを始めたが、合わなかったので8歳の時に柔道を始める。14歳の時に家族とともにアゼルバイジャンへ移った[4]。2012年のグランプリ・バクー73kg級で優勝した[2]ロンドンオリンピックでは2回戦で今大会優勝したロシアのマンスール・イサエフ谷落で敗れた[1]。2013年にはグランドスラム・バクーで優勝を飾った。2014年の世界選手権では準々決勝で日本の中矢力に敗れるなどして7位にとどまった[2]。2015年に入ると、グランプリ・トビリシグランプリ・サムスングランドスラム・バクーと立て続けに優勝すると、ワールドマスターズでも3位になった[2][5]。これにより、5月25日付けの世界ランキングで1位になった[6]世界選手権には出場しなかった[3]。2016年のヨーロッパ選手権では優勝した[3]リオデジャネイロオリンピックでは決勝まで進むも、大野将平小内巻込で一本負けしたが銀メダルを獲得した[7]。2017年の世界選手権では準決勝で韓国の安昌林に一本勝ちすると、決勝では橋本壮市と対戦して指導2でリードするも、GSに入ってから体落で技ありを取られて2位にとどまった[3][8]。2018年のグランドスラム・デュッセルドルフでは決勝で大野に内股で敗れた[9]。地元のバクーで開催された世界選手権では4回戦で敗れた[10]ワールドマスターズでは優勝した[11]。2019年の世界選手権では準決勝で同僚のヒダヤト・ヘイダロフを技ありで破るが、決勝ではオリンピックに続いて大野と対戦するも内股で敗れて2位だった[12]。2021年7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは準々決勝で大野に合技で敗れると、その後は3位決定戦まで進むが、安に技ありで敗れて5位に終わりメダルを獲得することができなかった[13]


IJF世界ランキングは6159ポイント獲得で2位(21/3/1現在)[14]

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集