メインメニューを開く

ルディ・グーテンドルフRudi Gutendorf, 1926年8月30日 - )は、ドイツ連邦共和国コブレンツ出身の元サッカー選手サッカー監督。選手時代のポジションはフォワード

ルディ・グーテンドルフ Football pictogram.svg
名前
本名 ルドルフ・グーテンドルフ
Rudolf Gutendorf
ラテン文字 Rudi Gutendorf
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1926-08-30) 1926年8月30日(92歳)
出身地 コブレンツ
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1944-1953 TuSノイエンドルフ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

現役時代はTuSノイエンドルフに在籍し、右ウイングとしてプレーした[1]

引退後はゼップ・ヘルベルガーから指導を受けてサッカー指導者に転身[2]。ドイツ国内を中心に各国のクラブ・代表チームで監督を歴任。マイデリッヒャーSV監督時代には守備的戦術をチームに導入して創設1年目の1963-64シーズンのブンデスリーガで2位に入り[1]シャルケ04監督時代の1969-70シーズンにはUEFAカップウィナーズカップでベスト4に導いた[1]

1984年、日本サッカーリーグ (JSL) 1部の読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ1969)の監督に就任した[3]与那城ジョージを筆頭に南米路線を採っていたクラブに、ユーゴスラビアのヴィエラン・シムニッチやスコットランドのスティーブン・パターソンといった当時のJSLでは珍しいヨーロッパ出身の選手を加入させ、組織戦術や規律の導入を試みた[3]。1984年シーズンにJSL天皇杯の二冠を獲得[3]。翌1985年シーズンにJSLカップ優勝を成し遂げたが、リーグ戦では不振が続き、1986年1月にクラブを去った[3]

2003年までにネパール代表トンガ代表ルワンダ代表など5大陸の代表チームを指導するなど、32か国55チームの監督を務めており、ギネス世界記録に登録されている[1]

2016年10月、ドイツ国内の難民を対象にしたチーム「TuSインターナショナル」の監督に就任した[4]

全指導者歴編集

特記ないものはいずれもチーム監督。

01. 1946 - 1954   SVレングスドルフ
02. 1954   ロートヴァイス・コブレンツ
03. 1954   VfBリュッツェル
04. 1954   SVブラウバッハ
05. 1954   TuSノイエンドルフ
06. 1955   ブルースターズ・チューリッヒ
07. 1955 - 1960   FCルツェルン
08. 1961   USモナスティル
09. 1962 - 1963   TSVマール・ヒュルス
10. 1963 - 1964   マイデリッヒャーSV
11. 1965   VfBシュトゥットガルト
12. 1966 - 1968   セントルイス・スターズ
13. 1968   バミューダ諸島代表
14. 1968 - 1970   シャルケ04
15. 1970 - 1971   キッカーズ・オッフェンバッハ
16. 1972   スポルティング・クリスタル
17. 1972   チリ代表
18. 1974   TSV1860ミュンヘン
19. 1974 室内サッカーワールドカップ・マネージングダイレクター
20. 1974   ボリビア代表
21. 1974   FCボリビア
22. 1974   ベネズエラ代表
23. 1975   レアル・バリャドリード
24. 1975 - 1976   フォルトゥナ・ケルン
25. 1976   トリニダード・トバゴ代表
26. 1976   グレナダ代表
27. 1976   アンティグア・バーブーダ代表
28. 1976   ボツワナ代表
29. 1976 - 1977   TBベルリン
30. 1977   ハンブルガーSV
31. 1978   オーストラリア代表
32. 1980   フィリピンでの国際サッカー連盟任命サッカー講師
33. 1980   ニューカレドニア代表
34. 1981   フィジーサッカー指導者育成責任者
35. 1981   ネパール代表
36. 1981   トンガ代表
37. 1981   タンザニア代表
38. 1981 - 1982   ヤンガ・ダルエスサラーム
39. 1982   タンザニアアリーシャでのサッカー指導者育成責任者
40. 1982 - 1984   読売サッカークラブ
41. 1984   ヘルタ・ベルリン
42. 1984   サントメ・プリンシペ代表
43. 1985   ガーナ代表
44. 1985   ネパール代表
45. 1986   ネパールでのサッカー指導者育成責任者
46. 1987   フィジーでのサッカー指導者育成責任者
47. 1987   フィジー代表
48. 1988   中国でのサッカー指導者育成責任者
49. 1988   イランオリンピック代表
50. 1991 - 1992   中国オリンピック代表
51 1995 - 1996   ジンバブエ代表
52. 1997   モーリシャス代表
53. 1998   TuSコブレンツスポーツディレクター
54. 1999   ルワンダ代表
55. 2003   サモア代表
56. 2016-   TuSインターナショナル

脚注編集

  1. ^ a b c d "Riegel-Rudi" Gutendorf wird 90”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V. (2016年8月30日). 2017年11月24日閲覧。
  2. ^ Der älteste Coach der Welt - Rudi Gutendorf (90) trainiert jetzt Flüchtlinge”. Bild.de (2016年10月10日). 2017年11月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 読売サッカークラブ〜東京ヴェルディ40周年記念誌発行委員会『クラブサッカーの始祖鳥 読売クラブ〜ヴェルディの40年』東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社、2010年、39-40頁。
  4. ^ TuS International”. TuS Koblenz (2016年10月8日). 2017年11月24日閲覧。

外部リンク編集