メインメニューを開く

サッカーボリビア代表スペイン語: Selección de fútbol de Bolivia, 英語: Bolivia national football team)は、ボリビアサッカー連盟により構成されるボリビアのサッカーのナショナルチームである。ホームスタジアムは首都ラパスにあるエスタディオ・オリンピコ・エルナンド・シレス。このスタジアムの標高が約3,600mとあまりに高いので問題になったことも過去にある(後述)。

サッカーボリビア代表
国または地域  ボリビア
協会 ボリビアサッカー連盟 (FBF)
愛称 La Verde (The Green)[1]
Los Altiplanicos (The Highlanders)[1]
Los Tiahuanacos (The Tiahuanacos)
監督 ボリビアの旗 エドゥアルド・ビジェガススペイン語版
最多出場選手 ロナルド・ラルデス(102試合)
最多得点選手 ホアキン・ボテロ(20得点)
1stカラー
2ndカラー
初の国際試合 1926年10月12日チリ
1-7
最大差勝利試合 1993年8月22日ベネズエラ
7-0
2000年3月5日ハイチ
9-2
最大差敗戦試合 1949年4月10日ブラジル
1-10
1927年11月6日ウルグアイ
0-9
FIFAワールドカップ
出場回数 3回(初出場は1930
最高成績 本大会出場(193019501994
コパ・アメリカ
出場回数 23回
最高成績 優勝(1963)

目次

歴史編集

ボリビア代表はFIFAワールドカップには3回出場しているが、CONMEBOL所属のチームでは本大会出場の無いベネズエラと共に本大会での勝利が無い。第一回の1930年大会は全出場チームが招待参加している。1950年大会は現在のような長期にわたる南米予選が存在しておらず、ホスト国ブラジルが予選免除だったことに加えアルゼンチンが不参加だったことにより予選グループ分け時点で出場を決めた(いずれも1次リーグで敗退している)。

1994年アメリカ大会予選では、首都ラパスでのホームゲームで標高3600mの高地にあるという地の利を最大限に生かしてウルグアイを破り、これまで南米予選でいかなる国にも負け知らずだったブラジルに初めて土をつけ4連勝した。一方で、アウェーも1勝2敗1分で乗り切り通算成績を5勝2敗1分として44年ぶり3回目の出場を決めた。しかし、大会開幕戦となった初戦のドイツ戦を0-1で落とし、韓国には0-0のスコアレスドロー、グループリーグ突破に最後の望みを賭けたスペイン戦では1-3の完敗を喫して全3試合を0勝2敗1分の成績でグループリーグで敗退した。

その後、1998年フランス大会予選から南米予選の形式が従来のグループ戦から10カ国による総当り戦へと変更された。これは、ボリビアにとって「ホームゲームの増加」というメリットよりも「強豪との対戦数が大幅に増えたことによる勝率の著しい低下」というデメリットをより際立たせる(或る意味で致命的な)変更となる。更に他の南米諸国も「ラパス対策」としてそれなりに高地での試合経験を積んで臨むようになってきたため、以前のようにチームもホームでの驚異的な強さもなくなり(元々アウェーでは弱い)、1994年大会以降は低迷が続いている。

その一方でコパ・アメリカには23回出場しており、1963年大会では優勝を果たしている。

日本代表1999年のコパ・アメリカなどでボリビアと通算2度対戦しており、1勝1分となっている。

高地国際試合禁止問題編集

FIFAが2007年5月に健康上の問題を理由に標高2500mを超える高地での国際試合禁止を決定した。この為、ラパスでのホームゲームが出来なくなったボリビア代表はボリビアのモラレス大統領が同年6月1日にボリビアにある標高5395mのチャカルタヤ山の山頂付近でサッカーをプレー、6月12日にはボリビア最高峰のサハマ山(標高6542m)の山頂付近でプレーするなど体を張って抗議した[2]。これを受けて、FIFAは限界を3000mに緩和した。それでもなお、FIFAが定めた限界より高い3600mのラパスに関しては南米各国が認めれば試合開催可能とした。同年7月14日に南米サッカー連盟が全会一致で承認し、これまで通りラパスでの試合開催が可能になった[3]

成績編集

FIFAワールドカップ編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1930 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 8
  1934 不参加
  1938
  1950 グループリーグ敗退 1 0 0 1 0 8
  1954 予選敗退
  1958
  1962
  1966
  1970
  1974
  1978
  1982
  1986
  1990
  1994 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 4
  1998 予選敗退
    2002
  2006
  2010
  2014
  2018
合計 3/21 6 0 1 5 1 20

FIFAコンフェデレーションズカップ編集

※出場した回のみ表記

  • 1999 - グループリーグ敗退

コパ・アメリカ編集

  • 1916 - 不参加
  • 1917 - 不参加
  • 1919 - 不参加
  • 1920 - 不参加
  • 1921 - 不参加
  • 1922 - 不参加
  • 1923 - 不参加
  • 1924 - 不参加
  • 1925 - 不参加
  • 1926 - 6位
  • 1927 - 4位
  • 1929 - 棄権
  • 1935 - 棄権
  • 1937 - 棄権
  • 1939 - 棄権
  • 1941 - 棄権
  • 1942 - 棄権
  • 1945 - 6位
  • 1946 - 6位
  • 1947 - 7位
  • 1949 - 4位
  • 1953 - 6位
  • 1955 - 棄権
  • 1956 - 棄権
  • 1957 - 棄権
  • 1959 - 7位
  • 1959 - 棄権
  • 1963 - 優勝
  • 1967 - 6位
  • 1975 - グループリーグ敗退
  • 1979 - グループリーグ敗退
  • 1983 - グループリーグ敗退
  • 1987 - グループリーグ敗退
  • 1989 - グループリーグ敗退
  • 1991 - グループリーグ敗退
  • 1993 - グループリーグ敗退
  • 1995 - ベスト8
  • 1997 - 準優勝
  • 1999 - グループリーグ敗退
  • 2001 - グループリーグ敗退
  • 2004 - グループリーグ敗退
  • 2007 - グループリーグ敗退
  • 2011 - グループリーグ敗退
  • 2015 - ベスト8
  • 2016 - グループリーグ敗退
  • 2019 - グループステージ敗退

歴代監督編集

選手編集

歴代記録編集

通算出場数ランキング編集

2018年9月10日現在

順位 選手 期間 出場
1 ロナルド・ラルデス 2001– 102
2 ルイス・クリスタルド 1989–2005 93
マルコ・サンディ 1993–2003 93
4 ホセ・ミルトン・メルガル 1980–1997 89
5 フリオ・セサル・バルディビエソ 1991–2005 85
フアン・マヌエル・ペーニャ 1991–2009 85
7 カルロス・ボルハ 1979–1995 82
8 ミゲル・リンバ 1989–2000 80
9 オスカル・サンチェス 1994–2006 76
10 ハイメ・モレノ 1993–2008 74

通算得点数ランキング編集

順位 選手 期間 得点
1 ホアキン・ボテロ 1999–2009 20
2 マルセロ・モレノ 2007– 17
3 ビクトル・ウガルテ 1947–1963 16
4 フリオ・セサル・バルディビエソ 1991–2005 15
エルウィン・サンチェス 1989–2005 15
6 カルロス・アラゴネス 1977–1981 14
7 マクシモ・アルコセル 1953–1963 13
マルコ・エチェベリ 1989–2003 13
9 ミゲル・アギラール 1977–1983 11
フアン・カルロス・アルセ 2004– 11

チーム別対戦成績編集

対戦相手 試合 勝率 %
  アルゼンチン 32 6 4 22 31 80 -49 22.91%
  ベルギー 1 0 0 1 1 3 -2 0.00%
  ブラジル 26 5 3 18 25 87 -52 23.07%
  中国 2 1 1 0 3 1 2 66.66%
  チリ 38 5 7 26 37 96 -59 19.82%
  コロンビア 25 6 8 11 25 33 -8 34.66%
  チェコ 2 1 0 1 4 6 -2 50.00%
  エクアドル 26 6 10 9 28 41 -13 35.90%
  フィンランド 2 1 1 0 5 2 3 66.66%
  ギリシャ 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  ハンガリー 2 0 0 2 2 9 -7 0.00%
  メキシコ 10 1 1 8 5 19 -14 13.33%
  パラグアイ 63 14 17 32 62 122 -50 44.44%
  ペルー 41 13 9 19 43 67 -24 39.02%
  ポーランド 2 0 0 1 1 3 -2 0.00%
  ルーマニア 1 0 0 1 0 3 -3 0.00%
  韓国 2 1 1 0 1 0 1 66.66%
  ウルグアイ 40 5 7 28 22 99 -77 18.33%
  ベネズエラ 31 13 8 10 63 42 21 50.54%
  ユーゴスラビア 2 0 1 1 1 5 -4 16.66%
  オーストラリア 5 0 3 2 2 4 -2 20.00%
  オーストリア 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  バーレーン 1 1 0 0 2 1 1 100.00%
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 1 1 0 0 3 0 3 100.00%
  ブルガリア 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  カナダ 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  中国 2 1 1 0 3 1 2 66.66%
  コートジボワール 2 0 2 0 3 3 0 33.33%
  コスタリカ 6 3 1 2 5 3 2 55.55%
  デンマーク 2 1 1 0 3 2 1 66.66%
  イングランド 3 0 0 3 0 8 -8 0.00%
  フランス 3 0 1 2 3 8 -5 11.11%
  エルサルバドル 4 4 0 0 7 1 6 100.00%
  ジョージア 1 1 0 0 1 0 1 100.00%
  ドイツ 1 0 0 1 0 1 -1 0.00%
  グアテマラ 7 5 1 1 13 9 4 76.19%
  ホンジュラス 5 2 2 1 6 3 3 53.33%
  香港 2 1 1 0 8 1 7 66.66%
  インドネシア 1 1 0 0 3 2 1 100.00%
  イラン 1 0 1 0 1 1 0 33.33%
  イラク 1 0 1 0 0 0 0 0.00%
  イタリア 3 0 1 2 2 6 -4 11.11%
  ジャマイカ 5 3 0 2 10 7 3 60.00%
  日本 8 2 4 2 7 5 2 41.66%
  マケドニア 1 1 0 0 1 0 1 100.00%
  オランダ 2 0 1 1 1 5 -4 16.66%
  ナイジェリア 2 1 1 0 4 2 2 66.66%
  北朝鮮 1 1 0 0 1 0 1 100.00%
  ノルウェー 1 0 1 0 2 2 0 33.33%
  ニュージーランド 3 2 1 0 5 2 3 77.77%
  オマーン 1 1 0 0 1 0 1 100.00%
  パナマ 5 4 1 0 9 1 8 86.67%
  ポルトガル 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  アイルランド 2 0 0 2 1 4 -3 0.00%
  サウジアラビア 2 0 2 0 1 1 0 33.33%
  スコットランド 1 1 0 0 3 2 1 100.00%
  スロバキア 1 1 0 0 2 0 2 100.00%
  スロベニア 1 1 0 0 3 1 2 100.00%
  南アフリカ共和国 3 0 2 1 3 6 -3 22.22%
  スペイン 4 0 2 2 1 4 -3 16.66%
  スウェーデン 3 1 1 1 4 4 0 44.44%
  トーゴ 1 1 0 0 4 2 2 100.00%
  トリニダード・トバゴ 3 1 2 0 5 3 2 55.55%
  アメリカ合衆国 6 2 2 2 6 8 -2 33.33%
  ウェールズ 1 0 1 0 0 0 0 33.33%
  トルコ 1 0 1 0 0 0 0 33.33%

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集