メインメニューを開く

ロボカーポリー』(韓国語: 로보카 폴리英語: Robocar Poli)は、韓国テレビアニメシリーズ。ロイビジュアル(Roi Visual)製作。同国ではEBS2011年2月28日から放送され、日本では2013年4月から2014年3月までテレビ東京テレビ大阪ほかで15分の番組として放送された[1]。2014年4月から9月まで「のりスタE-ネ!」内で放送された[2]

ロボカーポリー
ジャンル ロボット
アニメ
監督 Jun-Young Eom
脚本 Ji-Min Ahn、Jun-Hyck Song
Young-Woo Lee
音楽 Seung-Jun Shin
アニメーション制作 Studio DARDA
製作 ROIVISUAL、EBS
放送局 大韓民国の旗 EBS
日本の旗 テレビ東京系列(第1話 - 第78話)
日本の旗 Dlife(第79話 - 第104話)
日本の旗 ディズニージュニア(第79話 - 第104話)
放送期間 大韓民国の旗 2011年2月28日 -
日本の旗 2013年4月6日 -
話数 104話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

目次

概要編集

ロボットに変形できる車達の生活を描いたテレビアニメ。テーマは「助け合い」と「交通安全」。

韓国のアニメ会社Roi visual社が5年の構想を経て2011年から展開した幼児向けキャラクターシリーズ。子供向けに暴力を廃し、助け合いをテーマにしている。日本を始め世界80ヶ国以上でのアニメ展開、日本ではロボカーポリー製作委員会を立ち上げ積極的なライセンス供与を行っている。

登場キャラクター編集

※担当声優は、日本語版のもの。

レスキューチーム編集

レスキューチームのロボカーは自動車からロボットに変形する。

ポリー
声 - 佐藤拓也[3]
青いパトカー型のロボカーで、救急隊の隊長[3]。苦手なものは
ロイ
声 - 小野塚貴志[3]
消防車型のロボカー。荷台の装備パーツは放水のほかハシゴやクレーンなどいくつか用意されており、出動時に基地で必要に応じたものを装着する。足に消防斧を内蔵。
アンバー
声 - 新山千春[3]
ピンクの救急車型のロボカー。救急隊の看護婦で、心優しい性格をしている[3]
ヘリー
声 - 牧口真幸[3]
緑の救助用ヘリコプター型のロボカー。
ジン
声 - 下屋則子[3]
レスキューチームのオペレーターである人間の女性。発明家でもある。赤いスクーターを所有している。

ブルームズタウン住民編集

ポスティ
声 - 中嶋ヒロ
郵便配達車
キャップ
声 - 中上育実[4]
イエロータクシー。優等生的存在で、困っている仲間がいるとレスキューチームに通報する優しさを持っている。ただその反面、ずる賢い一面を見せることも。綺麗好きな性格。
クリニー
声 - 牧野由依
緑の三輪タイプのロードスイーパーで、アーム、ローラブラシ、吸引機の出し入れができる。作中の描写から、EVであることがわかる。控え目で恥ずかしがり屋な一面がある。
スプーキー
声 - 冨田泰代
レッカー車。よくライトが飛び出す(本人曰く『魔法の杖』)。整備や洗車を怠ったりとモノグサ。ハチを追いかけるなど、危険なことも平気でする。
スクールビー
声 - 平田真菜
子供達を送迎しているスクールバス
ビルダー
声 - 上田燿司
工事現場の現場監督で、車たちを指揮している。工事の図面をよくポスティに届けてもらっている。青いスクーターを保有している。また、自宅はキャンピングトレーラーである。
マックス
声 - 近藤浩徳
工事現場で働くローラー車。記憶力がかなり低い。
ダンプー
声 - 烏丸祐一
工事現場で働くダンプカー
ブルナー
声 - 高中宏之
工事現場で働くブルドーザー。ショベル部分がアームになっていて、後部に掘った土砂を入れる為のバケットがある。ボールで遊ぶ事が好き。
ポーク
工事現場で働くショベルカー。先端部分をドリルに換装可能、ショベルが口の部分に着いている為、ちゃんと喋れない。
ミッキー
声 - 平田真菜
ミキサー車。かなり怒りっぽい。ドラムを回し続けていないと屁が出てしまう。
テリー
声 - 近藤浩徳
トレーラートラック。第1話でブレーキホースが外れ、暴走した。
タイタン
大型ダンプカー。
フーパー
大型バス。大きな街からやって来た。キャップに助けられた事で仲良くなる。
ムスティ
声 - 上田燿司
帽子をつけた青いクラシックカー。ミニーの祖父。
ミニー
声 - 近村望実
女の子のロボカー。頭にピンクのリボンをしている。
ロディ
声 - 合田絵利
子供の緑の軽トラック型ロボカー。頭にRの文字が書かれている。
ベニー
声 - 寺川愛美
子供の青い軽トラック型ロボカー。ロイに憧れていて、将来はレスキューチームに入るのが夢。
トラックX
第46話に登場した、誘拐犯であるトラック。眼鏡を掛けており、フロントグリルの下にちょび髭があるのが特徴的。変装の名人であり、タンクローリー等、様々なトラックに変装して子供を誘拐する。おもちゃを運ぶトラックに変装し、ロディとベニーとミニーを誘拐しようとしたが、ムスティの活躍により、レスキューチームに逮捕される。
アニー、ティム、トビー、サム
声 - 新山小春(アニー)、牧野由依(ティム)、冨田泰代(トビー)、中上育実(サム)
ブルームズタウン小学校の一年生になったばかりの子供たち。
番組放送前の2013年2月6日、アンバー役の新山の娘である小春がアニー役でゲスト声優として出演する予定であることが発表された[3]
メアリー
声 - 合田絵利
ブルームズタウン小学校の一年生である少女。父親(声 - 高中宏之)、母親(声 - 中嶋ヒロ)と、ペットにネコのココ(声 - 中嶋ヒロ)がいる。クリニーと仲が良い。
ウィール
声 - 高中宏之
ブルームズタウンでタイヤ店を営む男性。ムスティとは旧知の仲。遠い外国にベティ(声 - 久保田未夢)という孫がいる。
レキ、レピ、レティ
声 - 高中宏之(レキ)、近藤浩徳(レピ)、烏丸祐一(レティ)
港に設置されている三つ子のクレーンで、言い争いをしていることが多い。レキは黄色、レピはオレンジ色、レティは青色。
ステイシー
声 - 合田絵利
充電スタンドの女性店員。
セイル
小型ボート。海の向こうに郵便物等を運んでいる。
パシー
声 - 合田絵利
貨物船。海の向こうの国へ郵便物などを運んでいる。
キャンプ
雑誌「楽しい旅行」の記者。キャンピングトレーラーを牽引している。
ブルニー
声 - 高岡香
ブルナーの従弟。
リフティ
声 - 佐藤はな
ブルームズタウンの港で働くためにやって来た運搬車。リフト部分をアーム状に変形させる事が出来る。   
ベル              
港の倉庫で働く女性作業員。     
トラッキー   
耕耘機。麦わら帽子を被っている。 
ポーチャー           
四輪駆動車。悪者である。
マーク 
山岳救助隊のオレンジのロボカー。山岳救助隊の隊長である。
バキー
黄色の山岳救助隊のロボカー。    
キャリー             
水色の山岳救助隊の輸送機
トリノ
鉄道車両。

ブルームズタウン 編集

ブルームズタウン
 この物語の舞台。自然が多い素敵な町である。事故が起きないように町の自動車はレスキューステーションで定期検査を受ける。
レスキューステーション
その名の通り救助隊の基地で、ポリー、ロイ、アンバー、ヘリー、ジンはここに住んでいる。司令室ではオペレーターのジンが通報者と事故の事を聴く。ロボカーたちは決まった場所から出動する。整備室やテストコースなども設けられている。
広場
町の中心にある広場で、車の銅像がある。時計台には「BROOMSTOWN CITYHALL」と書かれた看板がある。
タイヤショップ
 その名の通りタイヤを販売する店で、ウィールが経営している。店内のパソコンの電源がショートして火災になった事もある。
充電スタンド
充電が切れそうになった車はこの店に来て充電する。ステイシーが働いている。充電器のみならず、ガソリン車用の給油機も設けられている。
セイルやパシーなどの船が停泊しており、クレーン3兄弟もこの港に立っている。倉庫があり、ベルおばさんとリフティもこの倉庫で働いている。コンテナ保管ヤードもある。
ブルームズフォレスト
木がたくさん生えており、山もある。マウンテンレスキューチームはこの森を守っている。トラッキーの農園もある。
工事車両たちの家
その名の通り工事車両が住んでいる家で、マックスの家はロードローラー型で、ミッキーの家はコンクリート工場である。ボール遊びの為の庭もある。前述のようにビルダーさんの家はキャンピングトレーラーでビルダーさんの家の中と外には建物の図面が貼ってある。
農園
トラッキーが住んでいる農園で、畑がある。
可動式跳ね橋
 海沿いのトンネルの出口付近にある橋で、船が通るときは通行が遮断され、橋が上がる仕組みである。
ブルームズ駅
 ブルームズタウンにある駅で、ビルダーさんと工事車両が造った。開業時には登場キャラクター全員が合唱した。

スタッフ編集

  • 企画 - Dong-Woo Lee、Sun-Kyung Chung
  • 監督 - Jun-Young Eom
  • 脚本 - Ji-Min Ahn、Jun-Hyck Song、Young-Woo Lee
  • アートディレクター - Dong-Hyun Seo
  • テクニカルディレクター - Byung-Kwan Kim
  • 音響監督 - Lae-Kyung Kim
  • 音楽 - Seung-Jun Shin
  • プロデューサー - Jung-Min Park、Han-Gil Nam
  • アニメーション制作 - Studio DARDA
  • 製作 - ROIVISUAL、EBS
日本語版制作スタッフ
  • 企画 - 佐藤慶太、平岡利介、森岡宣喜、勝股英夫(途中から)、田中壮明、秋元耕士
  • プロデューサー - 村松紗也子→高林庸介、小池孝幸→竹内オサム、本田浩司→真木透
  • プランニング・マネージャー - 秋間眞良、嵯峨隼人(途中まで)、西國晃
  • 翻訳 - 後藤利恵、片山寛子、江波智子
  • 音響監督 - 横田知加子
  • 録音 - 黒﨑裕樹
  • 録音助手 - 野本和弘
  • 録音スタジオ - グロービジョン
  • 音響制作担当 - 吹田健次郎
  • 制作協力 - プロダクション リード
  • 日本語版制作 - フォーサム
  • 製作 - 「ロボカーポリー」日本語版製作委員会(ドリームズ・カム・トゥルー、テレビ東京テレビ大阪エイベックス・ピクチャーズ、ケンメディア、シブヤテレビジョン)

主題歌編集

日本語版オープニングテーマ「しゅつどう!ロボカーポリー」
作詞 - Dong-Woo Lee / 訳詞 - 後藤利恵 / 作曲 - Seung-Jun Shin / 歌 - ポリーズ☆avex entertainment

各話リスト編集

第1期は全26話で15分枠放送。

第一期
話数 サブタイトル 放送日
1 ブルームズタウンのレスキューチーム 2013年
4月6日
2 スクールビーのプレゼント 4月13日
3 コンクリートで大さわぎ 4月20日
4 ともだちができたよ 4月27日
5 だいじなてんけん 5月4日
6 おばけの森 5月11日
7 あわてないで スクールビー 5月18日
8 ほめられたい 5月25日
9 ともだちを信じて 6月1日
10 ヘリーのたんじょうび 6月8日
11 おそうじがとまらない! 6月15日
12 おこりんぼうのミッキー 6月22日
13 おじいちゃん 大好き 6月29日
14 しっぱいはせいこうのもと 7月6日
15 かくしげい大会 7月13日
16 スクールビーのやくそく 7月20日
17 おねがいクリニー 7月27日
18 どろんこスプーキー 8月3日
19 ゆうじょうの木 8月10日
20 わすれんぼうのマックス 8月17日
21 かくれんぼ 8月24日
22 ちいさなレスキューチーム 8月31日
23 エネルギーがたりない! 9月7日
24 だれのみかたになればいい? 9月14日
25 ムリしちゃだめだよ 9月21日
26 よくばりウィールさん 9月28日
第二期
話数 サブタイトル 放送日
27 あたらしいともだちフーパー 2013年
10月5日
28 ウソつきロディ 10月12日
29 サーカス大すき 10月19日
30 はまってたいへん! 10月26日
31 ミニーのプレゼント 11月2日
32 レキ レティ レピ 11月9日
33 いっしょにあそぼうポーク 11月16日
34 クリニーのおんがえし 11月23日
35 ハチさんにちゅうい 11月30日
36 ブルームズタウンのうんどうかい 12月7日
37 アニーの旅 12月14日
38 たからさがし 12月21日
39 うみの友だちルカ 12月28日
40 ベティからのてがみ 2014年
1月11日
41 ゴミでいちだいじ! 1月18日
42 ブルーナーのあたらしいボール
43 スノードーム 1月25日
44 ジンのたんけんたい 2月1日
45 ポークのひみつ 2月8日
46 おかしなスクールビー 2月15日
47 ゆうかんなムスティさん 2月22日
48 ぼくのはなしも聞いて 3月1日
49 きれいずきなキャップ 3月8日
50 かんしゃのきもち 3月15日
52 ブルームズタウンのがっしょうだん1 3月22日
52 ブルームズタウンのがっしょうだん2 3月29日
第三期
話数 サブタイトル 放送日
53 ブルームズタウンへようこそ 2014年
4月2日
54 ヘリーをすくえ! 4月9日
55 スクールビーのなやみごと 4月16日
56 かわいいブルニ― 4月23日
57 うれしいプレゼント 4月30日
58 ぼくらのひみつきち 5月7日
59 にもつはこびはまかせて 5月14日
60 ぼくのかざぐるま 5月21日
61 ひとりぼっちのミッキー 5月28日
62 じぶんかってなルール 6月4日
63 ポークのおえかき 6月11日
64 ともだちをつくろう 6月18日
65 しゃっくりがとまらない! 6月25日
66 ポリーのひみつ 7月2日
67 パーティーによんで 7月9日
68 かぜをひきたいスプーキー!? 7月16日
69 ミニーのごほうび 7月23日
70 しょうじきがいちばん 7月30日
71 おさかなのミニマックス 8月6日
72 みんなのじゅうでんスタンド 8月13日
73 がんばりすぎのビルダーさん 8月20日
74 どうしておこらないの? 8月27日
75 ブルームズタウンのいちばんあつい日 9月3日
76 ベルおばさんのメダル 9月10日
77 みんなでせいくらべ 9月17日
78 アンバーのとっくん 9月24日
第四期
話数 サブタイトル 放送日
79 ともだちになろうよ!
80 かたづけをしよう
81 わがままなブルニー
82 ヘリーのほしいもの
83 そっくりなふたり
84 セイル キャンプへいく
85 ジンのはつめい
86 みんなで大そうじ

放送局編集

下記は日本語版のもの。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2013年4月6日 - 2014年3月29日 土曜 9:15 - 9:30 テレビ東京系列 製作委員会参加
大阪府 テレビ大阪
愛知県 テレビ愛知
日本全域 BSジャパン 2013年4月9日 - 9月24日 火曜 8:10 - 8:25 テレビ東京系列
BS放送
第25話で打ち切り
北海道 テレビ北海道 2013年4月13日 - 2014年4月5日 土曜 7:15 - 7:30 テレビ東京系列
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
鹿児島県 鹿児島テレビ 2013年6月30日 - 日曜 6:30 - 6:45 フジテレビ系列
日本全域 キッズステーション 2013年7月9日 - 火曜 10:45 - 11:00 CS放送 リピート放送あり

出動!ロボカーポリー編集

2013年10月6日よりテレビ東京で放送の5分枠の実写番組。アイドルユニット「ポリーズ☆」が出演し、主題歌のダンスを踊ったり、着ぐるみのポリーとさきちゃん(ポリーズ☆・山北早紀)共に幼稚園や保育園に訪れたりする。

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2013年10月6日 - 2014年3月30日 日曜 7:24 - 7:30 テレビ東京系列

玩具編集

玩具展開は、元タカラ社長の佐藤慶太が立ち上げた日本の玩具メーカー・ドリームズ・カム・トゥルーから発売。

  • へんしんロボットシリーズ
車からロボットに変身する変形玩具シリーズ。
  • ぶるるんパワーチャージシリーズ
ゼンマイ動力のシリーズ。
  • いそいでレスキューRC 
ラジコンカーシリーズ。
  • はしれ!へんしんRCポリー
変形可能な大型のラジコンカー。
  • ダイキャストシリーズ
ダイキャストミニカーシリーズ。サブキャラクターも商品化されている。「プレイセットシリーズ」とも連動して遊べる。

スピンオフ「ポリーと一緒に交通安全のお話」編集

本作をベースに制作された交通安全教育アニメ「ポリーと一緒に交通安全のお話(韓国語: 폴리와 함께하는 교통안전 이야기[注 1]/英語:Traffic safety with Poli)」がある[5] a。これは本作に登場する子供達が交通安全上危険なこと(道路に飛び出す、窓から顔や手を出す、シートベルトを締めないなど)を行ったがために危機に遭遇したところをポリー達が助け、なぜそうなったかを教えてくれるというものである。 韓国語版のエンドロールによると、これはロイビジュアル、ヒュンダイ、EBS共同のCSRプロジェクトとして行われている模様。 日本での放映はまだされていないが、ヒュンダイ公式の特設サイト(外部リンク)にてハングル版、英語版が視聴可能である。

評価編集

韓国編集

この番組は、韓国のアニメ業界で一番の人気を誇る『ポンポン ポロロ』に匹敵するほどの人気を博した。ポロロは뽀통령(ポトンリョン、ポ大統領)という愛称があるのに対し[6]、ポリーは、子ども総理ポリーを意味する폴총리(ポルチョンリ)との愛称で呼ばれる[7]。 韓国国内ではこれまでに、ケーキ[8] やおもちゃ[9]、書籍、アパレルグッズが売られた。

日本編集

ガジェット通信によるこの番組のクロスレビューでの評価は10点満点中5.3点だった[10]。 この中でアニ二郎探検隊とsrbnは鉄道車両から変形する『トレインヒーロー』と競合していると触れ、鬼嶋ピロは幼児向けトランスフォーマーと評している[10]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 読み:ポリワ ハンケハヌン キョトンアンジョン イヤギ。

出典編集

  1. ^ (朝鮮語) Lee, Gyeong-min (2013年1月23日). “로보카폴리 4월 일본TV 전파탄다”. etnews. http://www.etnews.com/news/contents/contents/2710604_1487.html 2013年3月20日閲覧。 
  2. ^ ちなみに、このアニメが『のりスタ』シリーズの最後のアニメコーナーである
  3. ^ a b c d e f g h テレビアニメ『ロボカーポリー』4月より放送開始! 新山千春さんをはじめ、佐藤拓也さん、下屋則子さんらがキャラクターボイスを担当!!”. アニメイトTV (2013年2月6日). 2013年2月6日閲覧。
  4. ^ 中上育実 (2013年3月16日). “『ロボカーポリー』 子供向けの車アニメにて、キャップというタ ...”. Twitter. 2013年3月16日閲覧。
  5. ^ (朝鮮語) Lee, Gang-hyeok (2011年7月20日). “현대차, ‘폴리’와 함께 교통안전 애니메이션 공급”. NEWSPIM. http://www.newspim.com/view.jsp?newsId=20110720000283 2013年3月19日閲覧。 
  6. ^ (朝鮮語) “[우정이야기‘폴총리’ 우표나라에 출동하다”]. The Kyunghyang Shinmun. http://newsmaker.khan.co.kr/khnm.html?mode=view&code=116&artid=201303191104321&pt=nv 2013年3月20日閲覧。  See "어린이 대통령이라고 해서 ‘뽀통령’으로 통하는 ‘뽀로로’".
  7. ^ (朝鮮語) Lee, Yeon-chun (2012年12月20日). “올해 크리스마스, 어린이에겐 대통령보다 폴총리”. NEWSPIM. http://www.newspim.com/view.jsp?newsId=20121220000856 2013年3月20日閲覧。  See "로보카 폴리는 ‘폴총리(로보카폴리+총리)’라는 별칭으로 불릴 정도로 어린이들 사이에서 최고의 인기를 누리고 있는 캐릭터".
  8. ^ (朝鮮語) Lee, Seong-soo (2011年6月9日). “뽀로로 케이크 다음은 로보카 폴리다”. EBN. http://www.ebn.co.kr/news/n_view.html?id=537343 2013年3月20日閲覧。 
  9. ^ (朝鮮語) Lee, Gyeong-seon (2012年1月25日). “"로보카폴리 잡아라" 아빠는 지금 전쟁중”. Kukinews. http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=kmi&arcid=0005043687&cp=nv 2013年3月20日閲覧。 
  10. ^ a b アニメ『ロボカーポリー』クロスレビュー[5.3/10点] ロボのカーのポリーが主人公なのでこのタイトルです”. ガジェット通信 (2013年4月18日). 2013年4月20日閲覧。

関連項目編集

  • 現代自動車…企画監修、及び交通安全教育コーナーを展開(上記、および外部リンク参照)。「ポリーと一緒に交通安全のお話」ではシートベルトの重要性を描いた回でソナタ(YF)らしきクルマが登場人物一家のクルマとして登場することもあった。
  • アカデミー科学…玩具を販売しており、エンドロールに「玩具R&D」として登場している。

外部リンク編集