北海道三石郡の位置(黄:明治期)

三石郡(みついしぐん)は、北海道日高国日高支庁にあった

目次

郡域編集

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、日高郡新ひだか町の一部(三石各町)にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

江戸時代に入ると、日高国で最初とされる松前藩商場知行制および場所請負制によるミツイシ場所が現在の三石市街地区に開かれている。陸上交通は、渡島国箱館から道東千島国方面に至る道(国道235号の前身)が通じていた。

ミツイシの名はアイヌ語のピットウシ=小石の多い土地に由来し、三石、三ツ石などと表記された。1786年天明6年)阿部屋伝七が三石場所の請負人となる。

江戸時代後期には東蝦夷地に属し、1799年寛政11年)天領(幕府直轄領)とされ松前奉行の治世となるが、1821年文政4年)いったん松前藩領に復す。このころ、三石場所請負人楢原屋(小林屋)半次郎が、姨布に市杵島比売神を祀る弁天社(後の三石神社)を奉る。1826年文政9年)には弁天社が再建造営され、1833年天保4年)には社殿が建立される。1836年(天保7年)7月15日稲荷神社が創立される。1855年安政2年)再び天領となり、仙台藩が警固をおこなった。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年(明治2年)8月15日大宝律令国郡里制を踏襲して三石郡が置かれた。

郡発足以降の沿革編集

 
北海道一・二級町村制施行時の三石郡の町村(6.三石村 桃:日高郡新ひだか町)

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集