メインメニューを開く

上岡龍太郎がズバリ!』(かみおかりゅうたろうがズバリ)は、1992年10月15日から1996年9月19日まで、TBS系列局で毎週木曜日 19:00 - 19:54 (JST) に放送されたTBS製作のトークバラエティ番組で、上岡龍太郎冠番組でもある。通称「上ズバ」。

上岡龍太郎がズバリ!
ジャンル トークバラエティ番組
構成 本間謙二(総合)
演出 氏家夏彦
熊谷信也
山崎恆成
ほか
司会者 上岡龍太郎
床嶋佳子
森口瑤子
櫻井公美
進藤晶子
出演者 あるテーマに該当する50名
梶原しげる
大竹まこと
秋野暢子
そのまんま東
笑福亭笑瓶
松居直美
ほか
ナレーター 木村匡也
ほか
プロデューサー 田代冬彦
制作 TBS
放送
音声形式 ステレオ放送モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
ムーブ・上岡龍太郎の男と女ホントのところ
放送期間 1992年10月15日 - 1993年9月23日
放送時間 木曜日19:00 - 19:54
放送枠 ムーブ
放送分 54分
ザッツ!・上岡龍太郎vs50人
放送期間 1993年10月14日 - 1994年3月24日
放送時間 同上
放送枠 ザッツ!
上岡龍太郎がズバリ!
放送期間 1994年4月14日 - 1996年9月19日
放送時間 同上
テンプレートを表示

概要編集

この番組は毎回あるテーマに該当する「50人」をスタジオに招き入れ、トータライザーを用いたアンケートをメインに進行していた。また、街頭のインタビューからの質問(「今週のチマターズ」という)にも回答していき、トータライザーのボタンを押した人の中の1人を上岡が指名していきながらトークを繰り広げ、そこからまた生まれてきた質問や疑問を掘り下げていくというものだった。トータライザーのボタンではなく、全員がフリップで回答することもあった。また番組ラストでは、参加者の中から何名かを募り、「ファイナルゲーム」というゲーム合戦を行って、優勝者にはテーマに関する賞品が贈られた。

ムーブ・上岡龍太郎の男と女ホントのところ』と題して放送されていた当時は、ラストコーナーに「逢いたい…」があった。

メイン司会は上岡龍太郎、アシスタントにはドラマで活躍する20歳代後半の実力派女優を中心に起用していた。また、秋野暢子の元夫で『ずっとあなたが好きだった』の桂田冬彦(冬彦さん)の名前の由来となった田代冬彦がプロデューサーを務めていた。視聴率は15%以上取る回もあった。「ムーブ」「ザッツ」枠廃止や番組名変更を経験しつつも全体を通して4年間放送され、1996年10月改編で消滅した。

番組タイトルの変遷編集

期間 番組タイトル 備考
1992.10.15 1993.9.23 ムーブ・上岡龍太郎の男と女ホントのところ この期間においては全編ステレオ放送[1]を実施。
1993.10.14 1994.3.24 ザッツ!・上岡龍太郎vs50人 番組タイトルの“vs”は、“”と読むことになっている。また、音声はステレオ放送からモノラル放送に変更し、1994年4月からの『上ズバ』でも引き続きモノラル放送を行っていた。
1994.4.14 1996.9.19 上岡龍太郎がズバリ!

過去に集まった50人のテーマ(一部)編集

放送当時の社会や流行、世相などからテーマが設定されていた。普段では話を聞くことができない人物を集めることが多く、19時台の番組でありながら通常では考えられないようなテーマでの人選が行われていた。正規の50人が集まらず、50人未満で行った回もある。1本あたりの収録は5時間以上行われ、編集して時間内に収める。

特にこのMr.レディーは、「Mr.レディー豪華版」として2時間スペシャルの特番が組まれるほどであった。その為、「困った時のニューハーフ」と番組末期に語っていた。
  • ソープ嬢
  • 看護婦
  • 東大合格者 - 出演者に豊田真由子がいた。またプロデューサーの田代とディレクターの氏家も東大出身。
  • 冬彦”の母[2]
  • マスオさん”とその妻
  • ツアーコンダクター
  • AD
  • 帰国子女
  • ボディービルダー - ファイナルゲームはビルダーの腕にエキスパンダー、胴体にゴムワイヤーを取り付け、制限時間内に目の前の縫い針に糸を通す。賞品は金のブルワーカー・金のパンツ・金のエキスパンダー、そして撮影した写真を使用した等身大パネル。
  • 葬儀屋
  • 東大卒女子
  • 胸がEカップ以上のわぐれまどか女性 - ファイナルゲームは男性パネリスト(大竹・東・笑瓶)とペアを組んで、風船をお尻で割る競争。賞品は特製ブラジャー3枚。
  • 一流男性モデル - 50人のうちの1人に竹野内豊がいて、パネリストの久本雅美に「犯して!」と言われた。また、この回には無名時代の谷原章介、そして、本名を名乗った沢村一樹石黒莞士が出演していた。ファイナルゲームは久本に悩殺ポーズをして、「興奮度チェックマシーン」で久本の興奮度を測る。賞品は撮影写真を使用したテレフォンカード50枚。
  • 芸能マネージャー
  • マジシャン
  • キャンパスクイーン - 出演者に大石恵、大橋美奈子(現・Fayray)、豊田綾乃(TBSテレビアナウンサー)、中嶋美和子らがいた。
  • ミスコン準優勝 - ミス準ミスコンテストを開催。
  • ヘアヌード写真集をだしたい女性
  • 超難関私立中学合格者
  • 東大法学部
  • 嫁来い農村青年
  • 都会からIターンした夫婦
  • 整形女性
  • 教師VS体罰に怒っている人たち
  • 霊能者VS怒っている人 - 出演者に秋山眞人、川上剛(現・川上たけし)、佳川紘子筒井稚美らがいた。また「怒っている人」側には大槻義彦デーブ・スペクターらがいた。
  • 子役 - 50人のうちの1人にえなりかずきがいた。ファイナルゲームはコサックダンサー2名がコサックダンスを踊り、ダンサーの靴の裏に書かれている数字の和を答えるクイズ「クイズコヤックダンス」。
  • ミス日本 - 出演者に玉井美香(叶美香)がおり、職業は「会社社長」となっていた。また出演者全員がティアラと受賞時のたすき(入賞者はその肩書<例・「○○年度ミス日本グランプリ」など>を付けて)をまとっていた。
  • 男性高校教師と元教え子である女性の夫婦
  • 奥様が年上の夫婦
  • 美女と野獣夫婦
  • 10代のおさな妻とその夫
  • 美人ふたごGAL
  • 不倫中の夫を持つ妻
  • スチュワーデス
  • 彼が外国人のカップル
  • 東大を目指す小学生
  • 女子プロレスラー - プロレス団体全5グループに分かれて参加。ファイナルゲームは当時同局で放送されていた『筋肉番組』から「腹筋」。
  • ほか

出演者編集

男性司会編集

歴代の女性アシスタント編集

50人ウォッチャー編集

  • 梶原しげる(番組中盤から参加) - 出演している「50人」の情報を伝える役割を担当していた。

レギュラーコメンテーター編集

ナレーター編集

スタッフ編集

  • 総合構成:本間謙二
  • 構成:植竹公和、梅沢浩一、笹生八穂子、鈴木裕史
  • ブレーン:久利一
  • 音楽:安川宙志
  • 技術:佐藤陽士
  • VE:野々村直
  • カメラ:大江純一
  • 音声:立花成樹
  • 照明:植田泰昌
  • 編集:中川隆
  • MA:上村清
  • 音響効果:山田弘実
  • TK:野口かずみ
  • 美術プロデューサー:西川光三
  • 美術デザイン:西條貴子
  • 美術制作:長谷川隆之
  • 装置:早坂和憲
  • メカシステム:金野寿雄
  • 演出補:眞田秀行
  • 取材ディレクター:大内勝
  • 演出:氏家夏彦、熊谷信也、山崎恆成、中内みどり、海本泰、久保徹
  • プロデューサー:田代冬彦
  • 製作著作:TBS

関連項目編集

本番組終了の約14年後に製作・放送されたTBSのトークバラエティ番組で、同番組もテーマに沿ってスタジオに集まった50名にトークライザーを持たせ、その都度アンケートを採っていた。
本番組終了の約19年半後に製作・放送されたTBSのトークバラエティ番組で、テーマに沿ってスタジオに集まった50名にトークライザーを持たせ、その都度アンケートを採っており、事実上のリメイク版にあたる。しかし、たった4ヶ月で打ち切られた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 実際にステレオ放送が実施されたのは『ムーブ』のオープニングアニメ・エンディング主題歌のみであり、スタジオ音声はBGM・効果音含めモノラル音源で収録された(モノステレオ放送)。
  2. ^ ずっとあなたが好きだった』で佐野史郎が演じた冬彦の名前の由来が当番組プロデューサーの田代から来ていた。また佐野と田代は旧知の友人同士でもある。
TBS系列 木曜日19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
ムーブ・上岡龍太郎の男と女のホントのところ

ザッツ!・上岡龍太郎VS50人

上岡龍太郎がズバリ!
【ここからバラエティ枠】
TBS系列 木曜日19時台後半枠
近藤正臣の味覚人情報
※19:30 - 20:00
毎日放送制作】
ムーブ・上岡龍太郎の男と女のホントのところ

ザッツ!・上岡龍太郎VS50人

上岡龍太郎がズバリ!
【ここからTBS制作】
バリキン7 賢者の戦略
※19:00 - 19:54