メインメニューを開く
藤原氏 > 加藤氏 > 遠山氏 > 串原遠山氏

串原遠山氏(くしはらとおやまし)は、美濃国恵那郡串原(岐阜県恵那市串原)に拠った利仁流加藤氏の子孫。美濃遠山氏の一派。居城は串原城。串原は櫛原とも書く。

概要編集

文治元年(1185年)に源頼朝の重臣・加藤景廉が遠山荘地頭に赴任し、景廉の子の景朝は地名をとって遠山氏と改姓した。これが美濃国の遠山氏の祖である。

その後、遠山氏は、本家の岩村遠山氏以外にも遠山荘各地に分散し、居城ごとに分かれて「遠山七家」(岩村苗木明知飯羽間、串原、明照安木など)と呼ばれるようになった。このうち、串原城に拠ったのが串原遠山氏である。

分岐した年代や初代の串原城主などは不詳。室町時代には既に分岐していたらしく、応永28年(1421年)の『花営三代記』に「遠山櫛原」、永享3年(1431年)の『永享以来御番帳』に「遠山櫛原五郎」、文安元年(1444年)の『交安年中御番帳』に「遠山櫛原駿河入道」、長享元年(1487年)の『常徳院殿』に「遠山櫛原藤五郎」、「遠山櫛原藤次郎」の名が見える。

元亀元年(1570年)12月には、「串原遠山右馬助景男」と「串原遠山五郎教景」が武田氏の侵攻による上村合戦に参戦し[1]、武田家重臣の秋山虎繁と戦って串原遠山右馬助は討死にした。討死にした人物は武田三代軍記では串原弥左衛門、美濃諸国記には串原弥左衛門親春と記されている。

天正2年(1574年)の武田氏の東濃侵攻により串原城は落城した[2]。その後串原遠山氏の家臣団(堀、中垣、三宅、大嶋)は解体されて長百姓となった。また岩村城が織田方の攻撃により落城した天正3年(1575年)には、串原弥兵衛が討死している。遠山右馬助(弥左衛門)の子供遠山経景は明知遠山氏の武将遠山利景の養子となって、利景と共に各地で戦功を重ね、明知遠山氏の再興に貢献した。江戸幕府成立後に養親の利景は交代寄合となったが、経景は、その領地の中から吉良見村猿爪村の五百石を与えられ、落合砦の麓に居を構えたが、晩年は吉良見村へ移り住み、元和18年(1662年)にこの地で没して火葬にされた。[3]。以降子孫は旗本明知遠山氏の家老として、経景の11代目の子孫の正景の代に「永田」と改姓し、代々幕末まで明知遠山氏を支えた[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『明智年譜』
  2. ^ 『甲陽軍鑑』第51品
  3. ^ 遠山経景の法名は健雲宗勇大禅定門、葬地は松林山雲祥寺。
  4. ^ 恵那市観光文化財情報「殿垣内の供養塔群」

参考文献編集

関連項目編集