メインメニューを開く

住友製薬株式会社(すみともせいやく、英文:SUMITOMO PHARMACEUTICALS CO., LTD.)は、かつて存在した住友グループ及び日本製薬会社である。

会社概要編集

沿革編集

  • 1984年昭和59年)2月6日 - 住友化学工業株式会社(現:住友化学株式会社)と稲畑産業株式会社の「医薬事業部」を分離・統合して、「住友製薬株式会社」を会社設立。
  • 1984年(昭和59年)10月1日 - 営業開始。
  • 1984年(昭和59年)11月 - 「インテバンクリーム」を発売。
  • 1985年(昭和60年)2月 - 「ナトリックス」を発売。
  • 1985年(昭和60年)9月 - 「愛媛バイオ工場(現:愛媛工場)」を竣工。
  • 1985年(昭和60年)10月 - 「研究所薬理棟」を完成。
  • 1985年(昭和60年)12月 - 「アルマール」を発売。
  • 1987年(昭和62年)4月 - 「スミフェロン」を発売。
  • 1988年(昭和63年)1月 - 「ボーンセラムP」を発売。
  • 1988年(昭和63年)5月 - 「研究所生化学棟」を完成、「カトレップ」を発売。
  • 1989年(平成元年)4月 - 「GRF住友」を発売。
  • 1989年(平成元年)5月 - 「ドプス」を発売。
  • 1990年(平成2年)10月 - 「アクエック-10」を発売。
  • 1990年(平成2年)11月 - 「ダイドロネル」を発売。
  • 1991年(平成3年)6月 - 「大阪商品センター」を完成。
  • 1991年(平成3年)8月28日 - 一般用医薬品事業子会社「住友製薬ヘルスケア株式会社」を会社設立。
  • 1993年(平成5年)3月 - 「株式会社エイチ・エス・ピー」を会社設立。
  • 1993年(平成5年)10月 - 「アクエック-TYPEII」を発売。
  • 1993年(平成5年)12月 - 「アムロジン」を発売。
  • 1994年(平成6年)2月6日 - 会社設立10周年。
  • 1994年(平成6年)3月 - 「茨木工場J棟」を完成。
  • 1994年(平成6年)11月 - 「エスピー・マルチサービス株式会社」を会社設立。
  • 1995年(平成7年)2月 - 「愛媛バイオ工場研究棟」を完成。
  • 1995年(平成7年)3月 - 「株式会社ディナベック研究所」を会社設立。
  • 1995年(平成7年)9月 - 「メロペン」を発売。
  • 1996年(平成8年)7月 - 「福岡商品センター」へ移転。
  • 1997年(平成9年)1月 - 「東京商品センター」へ移転。
  • 1997年(平成9年)9月 - 「北京事務所」を開設。
  • 1999年(平成11年)2月6日 - 会社設立15周年。
  • 2000年(平成12年)6月 - 「上海連絡所」を開設。
  • 2000年(平成12年)10月 - 「住友製薬バイオメディカル株式会社」を会社設立、別会社化。
  • 2004年(平成16年)2月6日 - 会社設立及び営業開始20周年。
  • 2005年(平成17年)8月31日 - 一般用医薬品事業を「大日本防虫菊株式会社(KINCHO)」の事業譲渡に移管された。
  • 2005年平成17年)9月30日 - 住友製薬株式会社(住薬)が、21年間の長い歴史に解散会社となり消滅し幕を閉じた。10月1日より大日本製薬株式会社と企業合併し「大日本住友製薬株式会社」となった。

医療用主力製品編集

一般用医薬品事業編集

  • 1960年代、住友化学時代から「ダン」ブランドの風邪薬や、シラミ駆除薬「スミスリン」シリーズ、の治療薬「白いジーフォー」(グラクソ・スミスクライン SK&Fの製品である。「コンタック」シリーズ等の製造を委託した)、近年はタガメット(前項参照)のスイッチOTC薬「住友胃腸薬スコープ」などを発売していたが、大日本製薬との合併を機にヘルスケア(いわゆる大衆薬、一般用医薬品、OTC)事業から撤退することとなり、2005年8月31日に子会社であった住友製薬ヘルスケアの全株式を大日本除虫菊(KINCHO)に譲渡した。
  • なお、同社は社名を「ダンヘルスケア」と変更している。住化時代は「住友の医薬」と称されていた。ジーフォーは佐藤製薬に譲渡された。

合弁企業編集

関連項目編集

外部リンク編集