メインメニューを開く

仙台コレクション(せんだいコレクション)は、仙台市都心部一番町アーケードにおいて、観覧無料で開催されるリアル・クローズを対象としたファッションショーおよび音楽のイベント。

仙台コレクション
SENDAI COLLECTION
イベントの種類 ファッションショー
通称・略称 センコレ、仙コレ
正式名称 仙台コレクション
開催時期 敬老の日の前日の日曜日
9月第3月曜日の前日)
初回開催 2008年平成20年)
会場 宮城県仙台市青葉区の「ぶらんど〜む一番町」(仙台市都心部アーケード街)
主催 仙台コレクション実行委員会
共催 仙台FORUS一番町一番街商店街振興組合
後援 経済産業省仙台市、在仙台マスメディア各社 ほか
協賛 Baby-GNEC、県内の専門学校およびヘアサロン
企画制作 アサツー ディ・ケイ東北支社、エクシード
協力 仙台美少女図鑑、宮城学院女子大学ウィンドオーケストラ部、県内の専門学校 ほか
来場者数 5万5000人(2009年)[1]
最寄駅 Sendai City Subway Logo.png広瀬通駅
JR logo (east).svgあおば通駅仙台駅
公式サイト
備考
開催費用は約2千万円(2008年)

目次

概要編集

仙台ファッション業界に関わるプロのみならず、地元専門学校生約100人がボランティア音響照明操作やモデルのメイクをするなどアマチュアも参加している[2]。他方、街のど真ん中で観覧無料で開催されるため、一般市民が気軽に観覧できる。このため、市民参加型の都市イベントとなっている[3]

会場は、仙台市都心部を南北に通る歩行者専用道路アーケード街である「ぶらんどーむ一番町」(北端南端)。広瀬通一番町に面する同アーケードの北端に大型ビジョンDJブースおよびステージを設置し、そこからアーケード中央を南方向(中央通り方向)にキャットウォーク(長さ50m、幅2m、高さは第1回は約50cm、第2回は約1m)を設け[4]、キャットウォーク両脇を一般観客スペースとしている。キャットウォーク南端にはVIP観覧スペース、さらに南側には撮影用のを設置している。日出丁(地図[5]を挟んでその南側にはインフォメーションブースや協賛企業ブースが設置された。一般観客スペースの後ろにあたる道の両側は西側が南行き、東側が北行きとする通行規制も行ったが、身動き出来ない程の人垣ができるほどの盛況だった[6]

屋内で開催される同種のリアル・クローズのファッションショーで見られる出展ブランドの特設直販ブースは無いが、ステージのすぐ横にある仙台フォーラス地図)内の常設店舗がそれに相当することになる。なお、このように商店街キャットウォークを設置して大々的に開催されるファッションショーは、全国的に見ても珍しい[7]

コレクションが終わった後は、会場近くのクラブで出演アーティストが参加する「SENDAI COLLECTION Official After Party」が一般客も入場可で開催されている。

沿革編集

開催日 時間 対象 参加数 観客数 AP
モデル ブランド
ゲスト 在仙 一般
1 2008年10月19日 13:30 - 19:30 秋冬 8 22 12 42名 17 4.0万人 1ヶ所
2 2009年9月22日 11:30 - 20:30 秋冬 14 22 32 68名 18 5.5万人 2ヶ所
3 2010年9月19日 秋冬
4 2011年9月18日 秋冬 5.3万人[8]
5 2012年9月16日 秋冬
6 2013年9月22日 11:00 - 秋冬
7 2014年9月23日 11:00 - 秋冬
8 2016年5月4日 11:00 - 19:00[9] 春夏
※「AP」:Official After Party

仙台・宮城デスティネーションキャンペーン2008年10月1日12月31日)に合わせて、仙台駅前にS-PAL II仙台パルコが新規開業し、郊外にも2つの大型アウトレットモール三井アウトレットパーク 仙台港および仙台泉プレミアム・アウトレット)や大型店が新規開業するなどしたため、相対的な地位低下に危機感を持った一番町一番街商店街「ぶらんど〜む一番町」の振興組合と仙台フォーラスが実行委員会を組織して開催した[10]

2008年の第1回の開催費用は約2千万円。その半分は、経済産業省中小企業庁の「平成20年度中小商業活力向上事業[3]」からの補助金を充てた。2009年の第2回も補助の対象となった[11]

2008年編集

10月17日(金)と18日(土)にモデルトークショーなどのプレイベントを開催し、19日(日)には13:30のオープニングから19:00のフィナーレまで、ライブやパフォーマンスなどを挟み、3つの時間帯に分けてファッションショーを開催した。ファッションモデルは宮城県出身を初めとする42人、参加ブランド数は17で、秋冬の新作をステージ上で発表した[12]

キャットウォークは、長さ50m、幅2m、高さ約50cm[4]。コレクションが終わった後の「SENDAI COLLECTION Official After Party」は1ヶ所(会場)で開催された[13]。また、コレクション開催に先行して、出演アーティストが参加した「SENDAI COLLECTION COMPILATION Vol.1」が発売された[14]ウェブサイトは、東京ガールズコレクション実行委員会が協力をした。

モデル編集

  • ゲストモデル(宮城県出身者:8人)
  • モデル(在仙モデル事務所所属:22人)
    • MOC所属(11人) … 山尾真耶、土井原菜央、村岡亜希、佐久田瑠美、森あみ、片見祐子、種崎まりえ、内藤淑美、遠山みのり、大槻沙紀、高村菜保子
    • 仙台SOS所属(9人) … リャン、千葉直美、ブリタニー、安齋慶美、滝井晴香、大和香織、菅野紀子、RICO、小野地貴美
    • Fスタ所属(2+1人) … 和泉麗、河合ひかる
  • モデル(一般参加:12人)

ゲスト編集

2009年編集

11:30から13:00までのプレイベントでは、仙台放送あらあらかしこ」タイアップステージやダンスパフォーマンスが行われた。また、仙台服飾専門学校のファッションショーも開催され、NHKテレ遊びパフォー!」で優勝した作品も登場した[16]

13:00のオープニングから20:10のフィナーレまでは、ライブやパフォーマンスなどを挟み、6つの時間帯に分けてファッションショーを開催した。ゲストモデルは第1回では宮城県出身者で占められたが、今回はnow fashion agency所属4人やPopteenモデル2人など東京のモデルが多くを占め、その他宮城県出身者2人、名古屋在住モデル1人など幅広くなった。また、ファッションモデルと共にアーティストとしても活動する者の出演が多く、うち2人はライブステージにも立った。昨年は女性モデルのみだったが、今回は男性モデルやキッズモデルも登場し、女性用が中心ながらも男性用や子供服も合わせてショーが行われた。

キャットウォークは、長さ50m、幅2m、高さ約1mと、昨年より高さが高くなった。コレクションが終わった後の「SENDAI COLLECTION Official After Party」は2ヶ所(会場1会場2)で開催された[17]。また、SENDAI COLLECTION Cafeが仙台フォーラス3階に9月末まで期間限定で設置された。

なお、シルバーウィーク中の開催となった2009年平成21年)は、連休初日の9月19日に、エスパル仙台パルコJR東日本の3社共同で、JR仙台駅2階のコンコースにおいて観覧無料の「S-PAL×PARCOファッションショー」が初めて開催され[18][19]、仙コレ当日の9月22日には、会場に隣接する藤崎前で観覧無料の「フィエスタ・メヒカーナin仙台[20]」が開催されるなど、仙コレとは直接関係ないながら様々なイベントがあった[21]

モデル編集

ゲスト編集

その他編集

  • 第1回仙台コレクション後には、第9回一番町まつり(2008年11月8日・9日)において、一番町四丁目商店街で仙台三越が、サンモール一番町で藤崎が、各々レッドカーペットを敷いて初めてファッションショーを開催した[22]。また、SENDAI光のページェントの「学都X楽都コラボレーション」でもファッションショーが開催された[23]
  • 北東北3県でファッションショーを開催している以下の主催団体3者が、2008年6月に盛岡に集まって交流を開始し、お互いのイベントの見学や参加を始めた[24]
    いわてコレクション[25]
    1993年から岩手県盛岡市で2年毎開催。地元企業等主催。染織・伝統工芸などを生かした服飾デザインのファッションショー[26]
    ファッション甲子園
    2001年から青森県弘前市で毎年開催。弘前商工会議所ほか主催。高校生の服飾デザイン全国大会とファッションショー。
    ファッションショー『A』(エース)
    2005年から秋田県秋田市で毎年不定期開催。高校生を中心とするイベントサークル「Show Me…」主催。音楽とファッションショーのコラボイベント[27]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「仙台で二つのファッションショー開催」(仙台経済界 2009年11月-12月号 56頁)
  2. ^ 商店街でファッションショー-「仙台コレクション」2年目の開催へ(仙台経済新聞 2009年9月16日)
  3. ^ a b 平成20年度中小商業活力向上事業の第二次公募結果について(中小企業庁 2008年8月25日)
  4. ^ a b 仙台のアーケード商店街でファッションショー-仙台ゆかりのモデルが出演(仙台経済新聞 2008年10月21日)
  5. ^ 仙台市道青葉1230号・日出丁線。日出丁線は、西側の肴町通りおよび東側の仙台市道青葉1301 号・区画街路南56号線と一直線に繋がる。
  6. ^ 伊達の地からファッション発信 仙台の商店街でショーasahi.com 2008年10月20日)
  7. ^ 一番町でファッションショー仙台放送スーパーニュース 2009年9月22日)
  8. ^ 仙台の商店街で秋恒例「仙台コレクション」 - ミスユニバース・原綾子さんも(仙台経済新聞 2012年9月12日)
  9. ^ 5月の商店街イベント (PDF) (仙台市「商店街イベント情報」)
  10. ^ 仙台・一番町でファッションショー 大型店に対抗河北新報 2008年10月9日)
  11. ^ 平成21年度中小商業活力向上事業の第1次公募結果について(中小企業庁 2009年6月5日)
  12. ^ キャットウオーク一番町華やか 「仙コレ」開催(河北新報 2008年10月20日)
  13. ^ SENDAI COLLECTION '08 Official After Party
  14. ^ SENDAI COLLECTION COMPILATION Vol.1
  15. ^ a b SHOW REPORT (LIVE-STAGE)(SENDAI COLLECTION)
  16. ^ 輝く0円ファッション 仙台・専門学校生、コンテストで優勝(河北新報 2009年9月14日)
  17. ^ 仙台コレクション'09 オフィシャル・アフターパーティー
  18. ^ 駅前、街中で ファッションショー連休「秋の陣」(河北新報 2009年9月14日)… 長さ14m、幅2mの特設キャットウォークでは、12:00から17:30まで3つの時間帯に分けてエスパル22、パルコ21の計43ブランドが出品された。ゲストは椿姫彩菜で、地元モデル10人が登場した。
  19. ^ “エキ・コレ”華やか秋冬新作 JR仙台駅(河北新報 2009年9月20日)… 観客数は約2,700人だった。
  20. ^ 「フィエスタ・メヒカーナin仙台」を開催します!(仙台市)
  21. ^ その他、連休最終日の9月26日(土)10:00-17:00には、三井アウトレットパーク仙台港においてウェディングドレスのファッションショー「Natural Bridal Collection 2009 Supported by S-style Wedding」が開催された[1][2]
  22. ^ 店員さん冬の装いPR 仙台・一番町まつり(河北新報 2008年11月9日)
  23. ^ 勾当台公園野外音楽堂(SENDAI光のページェント)
  24. ^ ショーアップへ連携の機運 ファッション団体(河北新報 2008年11月24日)
  25. ^ いわてコレクション
  26. ^ 生地からモデルまで「オール岩手」ファッションショー、「染・織・花」テーマに(盛岡経済新聞 2007年11月9日)
  27. ^ モデル・スタッフ全員10代のファッションイベント-秋田のライブハウスで(秋田経済新聞 2008年3月13日)

関連項目編集

外部リンク編集