メインメニューを開く

伶美 うらら(れいみ うらら、5月30日[1] - )は、日本女優[2]モデル[2]司会者[2]。元宝塚歌劇団宙組の娘役スター。

れいみ うらら
伶美 うらら
生年月日 5月30日
出生地 大阪府大阪市
身長 164.5cm
血液型 B型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2017年:宝塚歌劇団退団、芸能活動開始
主な作品
宝塚歌劇
風と共に去りぬ
『翼ある人びと』
王家に捧ぐ歌
バレンシアの熱い花
神々の土地~ロマノフたちの黄昏~
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

大阪府大阪市[1]清水谷高等学校出身[1]。身長164.5㎝[1]。血液型B型[3]。愛称は「ゆうり」[1]

目次

来歴編集

2007年4月、宝塚音楽学校入学[4]

2009年3月、宝塚歌劇団に95期生として入団[4]。入団時の成績は29番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台。その後、宙組に配属[4]

2011年、「クラシコ・イタリアーノ」で、新人公演初ヒロイン[4][5]

2012年、「ロバート・キャパ 魂の記録」(バウホール日本青年館公演)で、ヒロイン[4][5]。続く大空祐飛野々すみ花トップコンビ退団公演となる「華やかなりし日々」で、2度目の新人公演ヒロイン[4][5]。同年7月より、野々すみ花の後任として池田泉州銀行イメージガールに就任[4][6][5]

2014年、「翼ある人びと」(ドラマシティ・日本青年館公演)でヒロインのクララ・シューマン、2度目のバウヒロインとなる「SANCTUARY」(バウホール公演)で王妃マルゴと、実在の人物を続けて演じる[5]。続く「白夜の誓い」新人公演で4度目のヒロイン、本公演でも主人公と愛を交わす伯爵夫人を務め、ポスターにも掲載される[7]

2015年、朝夏まなと実咲凜音大劇場お披露目となる「王家に捧ぐ歌」で、初演で当時のトップ娘役・檀れいが演じた絶世の美女・アムネリス役に抜擢される[8]

2016年、「バレンシアの熱い花」(全国ツアー公演)で、トップスター朝夏まなとの相手役としてヒロインを演じ、ショー「HOT EYES!!」で星風まどかとヒロインを務める[9]

2017年11月19日、朝夏まなと退団公演となる「神々の土地/クラシカルビジュー」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[10]。 退団公演では、トップ娘役不在という状況下でありながら、ヒロイン・イリナに抜擢され、最初で最後の大劇場ヒロインを演じた[10]

2018年6月よりエージェントオフィスタクト所属となり芸能活動を開始するが[11]、2019年よりフリーとなる[12]

人物編集

7歳上と12歳上の姉がいる[3]

特技は水泳[5]。幼稚園の頃から10年間習っていた[5]

小学5年の夏休み、花組公演「ミケランジェロVIVA!」で宝塚を初観劇[3]。その後、宝塚コドモアテネの存在を知り、入学を決める[3]。同じ学年には後に同期となる水美舞斗がいた[3]

中学3年時に宝塚を初受験するも2次で不合格[3]。受験時バレエのお手本を務めていたのが、後に新人公演やバウ公演で組むこととなる愛月ひかる[3]

高校進学後、バレエに加え声楽教室にも通い始め、2度目の受験で合格を果たす[3]

芸名の由来は、「伶」の字は芸風の意味が込められていて、「うらら」は頭の中で生まれてから、ずっと温めていた名前[5]。 春の陽だまりのようなイメージと、大人っぽさが加わった雰囲気が自分には合うのではと考え、覚えやすい名前がいいと思って決めた[5]

劇団屈指の美貌を誇り、4度の新人公演ヒロインを務めるなど、キャリア豊富の人気娘役であった[13]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

  • 2009年4〜5月、宙組『薔薇に降る雨』『Amour それは…』(宝塚大劇場

宙組時代編集

出演イベント編集

  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」〜プレ・プレ・センテニアル〜
  • 2013年11月、悠未ひろディナーショー「Heroe」
  • 2014年12月、「タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-」
  • 2015年5月、「王家に捧ぐ歌」前夜祭
  • 2015年12月、「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」
  • 2016年12月、「タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜」

広告・CM出演編集

受賞歴編集

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

  • 2018年1月、『越路吹雪に捧ぐ〜トリビュートコンサート』(梅田芸術劇場)[14]
  • 2018年2月、リーディングアクト『愛にまつわる、いくつかの…』(紀尾井小ホール)[15]

ライブ編集

  • 2018年10月、リビングルームミュージカル『スターのいるレストラン この宙(そら)の片隅で』(eplus LIVING ROOM CAFE&DINING)[16]
  • 2018年12月、『言奏幻写〜巡る花の記憶〜』(南青山MANDALA)[17]
  • 2019年2月、リビングルームミュージカル『スターのいるレストランvol.8 ぼくがここに』(eplus LIVING ROOM CAFE&DINING)[18]
  • 2019年8月、独り公演『万華鏡』(シャンソニエ蛙たち)[19]

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、141頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b c 伶美うらら/女優/モデル/司会本人のインスタグラムより
  3. ^ a b c d e f g h 「波瀾爆笑!? 我が人生 伶美うらら/宝塚GRAPH 2016年10月号」、宝塚クリエイティブアーツ、2016年、74-76頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j ~池田泉州銀行 新イメージガール決定~宝塚歌劇団 宙組娘役『伶美うらら』さんを起用!(池田泉州銀行ホームページ、2012年5月7日)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n ウィズたからづか 2014年12月号フェアリーインタビューより。
  6. ^ 池田銀行時代から通算すると10代目(SIHDBKとしては2代目)となる。
  7. ^ 「白夜の誓い」公演ポスター宝塚歌劇団公式サイトより。
  8. ^ 宝塚宙組娘役の伶美うらら、11月19日付で退団日刊スポーツより。
  9. ^ a b ポスト実咲凜音は誰?宙組公演「バレンシアの熱い花」「HOT EYES‼」全国ツアー開幕薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス
  10. ^ a b c 重厚な文芸作品と煌めきのレビューで輝くトップスター朝夏まなとの集大成!宝塚宙組公演『神々の土地』『クラシカルビジュー』 宝塚ジャーナル
  11. ^ [1]伶美うららインスタグラム
  12. ^ [2] 伶美うららブログ
  13. ^ 屈指の美貌で人気…宝塚歌劇宙組娘役・伶美うららが11月に退団スポーツ報知より。
  14. ^ 来年1月再演「越路吹雪に捧ぐ」に咲妃みゆ、伶美うららステージナタリー。
  15. ^ 凰稀かなめが朗読劇に初挑戦、共演に伶美うらら、ラサール石井ステージナタリー。
  16. ^ Living Room MUSICAL スターのいるレストランlivingroomcafe.jp
  17. ^ 言奏幻写LIVE言奏幻写"それは現か幻か"
  18. ^ Living Room MUSICALイープラス
  19. ^ 万華鏡伶美うららオフィシャルブログ
  20. ^ ブルーレットデコラル伶美うららオフィシャルブログ。

外部リンク編集