日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞

日本の映画賞

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞(にっかんスポーツえいがたいしょう・いしはらゆうじろうしょう)は、1988年に設立された日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞である。一部メディアでは日スポ大賞と略されている。

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞
受賞対象作品、監督、俳優
開催日毎年12月28日
会場ホテルニューオータニ
日本の旗 日本
主催日刊スポーツ
報酬石原裕次郎賞:300万円
石原裕次郎新人賞:100万円
初回1988年
最新回2020年
最新受賞者作品賞
新聞記者
公式サイト日刊スポーツ映画大賞 : 日刊スポーツ

概要編集

対象は前年の12月からその年の11月まで日本で劇場公開された優秀な映画である[1]。受賞者は毎年11月末に発表され授賞式は12月末にホテルニューオータニの宴会場で行われ、前年度の受賞者がプレゼンターを務める。司会は露木茂が務めている。受賞者に贈呈される盾には黒澤明が映画『』のために描いたコンテが第8回から使われている[2]。第33回(2020年)及び第34回(2021年)の授賞式は新型コロナウイルスの感染拡大・再拡大の懸念から開催が見送られ、受賞作品と受賞者の発表のみとなる[3]

2021年の第34回は日刊スポーツ会員からの投票を反映させる「ファンが選ぶ最高作品賞」「ファンが選ぶ最高演技賞」が新設された[3]

石原裕次郎賞(いしはらゆうじろうしょう)・石原裕次郎新人賞(いしはらゆうじろうしんじんしょう)は、1987年に亡くなった日本を代表する映画スター石原裕次郎の遺志を引き継ぎ、日刊スポーツ映画大賞に併設された賞である。石原プロモーションが運営に全面協力している。その年に最もファンの支持を得たスケールの大きな作品に贈られるのが石原裕次郎賞であり、裕次郎を彷彿とさせる将来性豊かなスクリーンデビュー5年以内の新人に贈られるのが石原裕次郎新人賞である[1]。賞金はそれぞれ300万円、100万円となっている[1]

選考委員編集

2019年度の選考委員は以下の通り(五十音順)[4]

歴代各賞編集

第1回(1988年度) - 第10回(1997年度)編集

第1回(1988年度)編集

第2回(1989年度)編集

第3回(1990年度)編集

第4回(1991年度)編集

第5回(1992年度)編集

第6回(1993年度)編集

第7回(1994年度)編集

第8回(1995年度)編集

第9回(1996年度)編集

第10回(1997年度)編集

第11回(1998年度) - 第20回(2007年度)編集

第11回(1998年度)編集

第12回(1999年度)編集

第13回(2000年度)編集

第14回(2001年度)編集

第15回(2002年度)編集

第16回(2003年度)編集

第17回(2004年度)編集

第18回(2005年度)編集

第19回(2006年度)編集

第20回(2007年度)編集

第21回(2008年度) - 第30回(2017年度)編集

第21回(2008年度)編集

第22回(2009年度)編集

第23回(2010年度)編集

第24回(2011年度)編集

第25回(2012年度)編集

第26回(2013年度)編集

第27回(2014年度)編集

第28回(2015年度)編集

第29回(2016年度)編集

第30回(2017年度)編集

第31回(2018年度) -編集

第31回(2018年度)編集

第32回(2019年度)編集

第33回(2020年度)編集

備考編集

2014年は福本清三に石原裕次郎特別功労賞が贈られた[13]

脚注編集

  1. ^ a b c 概要 - 日刊スポーツ映画大賞”. 日刊スポーツ. 2019年12月13日閲覧。
  2. ^ 盾レリーフに故黒沢監督の絵コンテ使用”. 日刊スポーツ (2011年12月6日). 2019年12月13日閲覧。
  3. ^ a b 日刊スポーツ映画大賞”. 日刊スポーツ. 2021年11月10日閲覧。
  4. ^ 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞とは”. 日刊スポーツ. 2020年11月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 日刊スポーツ映画大賞 歴代の受賞者・受賞作品”. 日刊スポーツ新聞社. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ 林尚之 (2008年12月29日). “作品賞&監督賞ー「おくりびと」滝田洋二郎監督”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/report/2008/report01-2.html 2020年11月11日閲覧。 
  7. ^ 中野由喜 (2009年12月29日). “作品賞&監督賞-「ディア・ドクター」西川美和監督”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/report/2008/report01-2.html 2020年11月11日閲覧。 
  8. ^ “作品賞-「悪人」李相日監督”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2010年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/report/2010/report01-2.html 2020年11月11日閲覧。 
  9. ^ 村上幸将 (2011年12月6日). “作品賞&監督賞−「一枚のハガキ」新藤兼人監督”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/report/2011/report01-1.html 2020年11月11日閲覧。 
  10. ^ “心に響きハッピーになれる作品/映画大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20121229-1065680.html 2020年11月11日閲覧。 
  11. ^ “「レ・ミゼラブル」興収1位/映画大賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20131229-1237409.html 2020年11月11日閲覧。 
  12. ^ 日刊スポーツ映画大賞 - 日刊スポーツ
  13. ^ 松浦隆司 (2014年12月4日). “福本5万回斬られ特別功労賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20141204-1404405.html 2014年12月4日閲覧。 

外部リンク編集