佐古 雅俊(さこ まさとし、1960年5月3日 - )は、山口県岩国市出身の競輪選手日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)45期。登録地は広島県

獲得メダル
Arc en ciel.svg
1989 リヨン プロ・ケイリン

経歴編集

「三原マジック」とも称された、広島県出身の高校野球指導者、三原新二郎福井高等学校の監督時代に同校からスカウトを受け入学(俗に言われる特待生入学)。甲子園大会に出場した経験を持つ。非凡な野球センスがあり、大学、社会人野球レベルならば十分通用するほどの実力を備えていたようだが、身長が164cmしかないこともあり、野球選手としては高校で区切りをつけ、卒業後は競輪へ転身した。

競輪学校第45期生として、適性試験で合格。同期にはGI最年長優勝記録保持者の松本整や最高齢勝利記録保持者[1]三ツ井勉らがいる。在校成績は37位。1980年4月18日防府競輪場でデビューし2着。1982年新人王戦で決勝2着となり、翌1983年には2つの特別競輪(現在のGI)で決勝に進出。その後は追い込みを主体としながらも、時折鋭い捲りを放つ自在選手として活躍の場を広げ、1985年高松宮杯決勝3着、1986年競輪王戦では決勝2着に入った。1988年全日本選抜決勝戦に於いては後方から捲り追い込みで2着となり表彰台に登り、その年のグランプリ出場も果たし6着となった。翌1989年フランスリヨンで行われた世界自転車選手権・ケイリンで決勝3着に入り、銅メダルを獲得。一連の実績が示す通り、この頃までの佐古は、同期の中では最初にGIタイトルホルダーになるのではないかと期待されていた。

ところがその後、GIの決勝進出は皆無となってしまった。この原因として、佐古が非常に子煩悩な性格であることに起因するとみられる。それは、子供の教育環境のことを考え、1990年代の終わりに広島から大阪に選手登録地を移したことや、子供が徳島県内の大学に進学することが決まると選手登録地までも徳島に移す、といった形で表れている。2008年から2012年春まで徳島選手会所属、同5月よりかつての本拠地広島へと登録地を戻して現在に至る。

2017年1月に当時競輪学校最年長期(37期)であった永澤豊が引退したため、それ以降は佐古と三ツ井勉、長谷井浩二の45期3人が実質の現役最年長期となったが、長谷井は2019年1月15日付で、三ツ井は2020年1月23日付で、それぞれ選手登録消除されたため、2020年1月24日時点で佐古が実質の現役最年長かつ現役最年長期となった。

  • 厳密には41期の佐久間重光が現役最年長かつ最年長期であるが、佐久間は日本競輪選手会理事長であり公務に専念しているため競走には参加しておらず、事実上の引退状態にある。

エピソード編集

  • 20代前半で既に多額の賞金を得ていた佐古は、TシャツにGパン姿でベンツを即金で買いに行きディーラーを驚愕させた(地元選手談)という。
  • 20代の頃の佐古は落車が多い選手だったが、なぜか鎖骨骨折は1回もしなかった。その要因として、落車しても絶対にハンドルを離さなかったことにあるという話が、テレビ東京系で放送されていた『独占!!サイクルスポーツ』で紹介された。
  • 若い頃から練習にローラーを取り入れない主義で、主に街道でのインターバルを基本とした練習を行っていた。現在でもローラー嫌いは変わらず、自宅に電動ローラーはあるもののほとんど使わない。
  • 広島勢のKEIRINグランプリ出場は、佐古以降では松浦悠士2019年大会に出場するまで31年間現れなかった[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【松戸】64歳三ツ井 4Rでラストラン「今までやってきたものを出し切れるように」― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 2019年12月30日 05:30
  2. ^ 厳密には、佐古が出場した翌年の1989年大会工正信の出場が決定していたものの、同大会は直前で中止となった。

関連項目編集

外部リンク編集