何かいいことないか子猫チャン

何かいいことないか子猫チャン』(なにかいいことないかこねこちゃん、原題:What's New,Pussycat?)はクライヴ・ドナー英語版監督による1965年製作のコメディ映画

何かいいことないか子猫チャン
What's New, Pussycat?
監督 クライヴ・ドナー英語版
脚本 ウディ・アレン
製作 チャールズ・K・フェルドマン
製作総指揮 ジョン・C・シップリング
出演者 ピーター・オトゥール
ピーター・セラーズ
ロミー・シュナイダー
音楽 バート・バカラック
撮影 ジャン・バダル
編集 ファーガス・マクドネル
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年6月22日
日本の旗 1965年12月18日
上映時間 108分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ウディ・アレンが脚本・出演を兼ね、艶笑コメディに仕上げた。トム・ジョーンズの歌う主題歌も有名。

ストーリー編集

ファッション誌の編集長マイケル・ジェームズ(ピーター・オトゥール)は自他共に認めるプレイボーイ。本命の女性との結婚を考えながら、美女に囲まれて暮らすいまの生活も捨てられず、精神科医ファスベンター(ピーター・セラーズ)のもとを訪れるが…。

そこに、マイケルが愛を捧げる語学学校教師キャロル(ロミー・シュナイダー)、キャロルを恋い慕うストリップ・クラブの衣装係(ウディ・アレン)、興奮すると警笛を吹く美女(キャプシーヌ)、その他大勢の女性たちを巻き込んで大騒動が繰り広げられる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS
マイケル・ジェームズ ピーター・オトゥール 広川太一郎
フリッツ・ファスベンター ピーター・セラーズ 根本嘉也
キャロル・ウェルナー ロミー・シュナイダー 池田和歌子
ルネ・ルフェーヴル キャプシーヌ 来宮良子
ヴィクター ウディ・アレン 八代駿
リタ ウルスラ・アンドレス 荒砂ゆき
ストリップ・クラブの客 リチャード・バートン[1]
市長の秘書 フランソワーズ・アルディ[1]
不明
その他
平井道子
沢田和子
恵比寿まさ子
宮内幸平
京千英子
光枝明彦
田口昴
石丸博也
芝田清子
荘司美代子
石井敏郎
安田隆
西山連
高橋直子
演出 加藤敏
翻訳 九鮎子
効果 TFC
調整
制作 東北新社
解説 荻昌弘
初回放送 1972年5月15日
月曜ロードショー

その他編集

脚注編集

外部リンク編集