南信地方(なんしんちほう)とは、長野県の南部(木曽地方を除く)の地域を指す。

南信地方のデータ
日本
地方 中部地方中央高地甲信越地方
上伊那地域+飯伊地域
面積 3,277.47 km2
総人口 364,441
(2007年3月31日)
諏訪地域+上伊那地域+飯伊地域
面積 3,992.87 km2
総人口 575,210
(2006年3月31日)
青系色:北信地方(水色:北信地域、青:長野地域)
黄系色:東信地方(黄色:上小地域、薄黄:佐久地域)
赤系色:中信地方(オレンジ:大北地域、赤:松本地域、ピンク:木曽地域)
緑系色:南信地方(薄緑:諏訪地域、抹茶色:上伊那地域、黄緑:飯伊地域)

目次

範囲編集

諏訪湖から伊那谷までの天竜川流域一帯を総めた範囲。一般的分類としての南信地方。中央自動車道沿線にあたる。県庁が地域区分をする時や、学校間のスポーツ大会にも用いられる。
  • 上伊那地域・飯伊地域
狭義では伊那谷の一帯で、飯田線沿線。伊那地方(いなちほう)と呼ばれる事もある。更に、飯田を中心とする下伊那郡南信州(みなみしんしゅう)、「飯伊(はんい)地域」と呼ぶ事がある。
特に自然地理や交通では、中央本線甲州街道中山道の沿線に当たる諏訪地域を、むしろ伊那地方とは区別して、「松本諏訪地方」として、気象区分など「長野県中部」に区分することもある。
  • 木曽・伊那(上伊那地域・飯伊地域・木曽地域
木曽地域は天竜川流域ではないので、南信地方には含まれないが、(糸魚川静岡構造線より西側に位置しており)観光ガイドでは木曽・伊那として括られることがある。天気予報でも、木曽と上下伊那が一組で「長野県南部」に区分されている。

概要編集

諏訪湖周辺および天竜川流域に位置し、西を木曽山脈に、東を赤石山脈中央構造線)に挟まれた地方である。

長野県に属するが、日本海側である北信地方との繋がりは中信地方以上に浅い。戦国時代には武田信玄徳川家康(江戸入封前)の領土だった地域で、中央本線沿線の松本地域山梨県天竜川流域で遠州灘沿岸(静岡県遠江地域愛知県東三河地域)との繋がりが深い。遠江や東三河との間では行政面の交流が活発であり、「三遠南信」という自治体間の交流圏を形成している。

特に南端部に位置する矢作川流域の根羽村平谷村は、隣接する愛知県豊田市等の自治体との関わりが深い。道州制論議でも中部州への加入を望む動きが出ている[1][2]

自然地理編集

歴史編集

古代編集

律令制度下で五畿七道が整備され、東山道伊那郡諏訪郡に属した。令制国では、伊那谷諏訪盆地の一帯が諏方国として分立した時期もあったが、短い年月で信濃国に編入された。

中世・近世編集

戦国時代には武田信玄の領土になった。武田信玄と徳川家康の抗争に由来する地名として、兵越峠がある。

江戸時代になると、現在の上伊那郡高遠藩の領土となり、下伊那郡飯田藩諏訪郡高島藩の領土となった。また、江戸時代から明治時代に渡って、伊那地方は日本でも有数の林業地帯となり、伊那地方産の木材は、天竜川の舟運を利用して、下流の遠州灘沿岸に運搬されていた。この伊那地方産の木材は、明治以降に浜松で楽器産業が興った要因にもなっている。

近現代編集

明治維新期の廃藩置県では、伊那地方の幕府領伊那県に、高島藩は高島県に、飯田藩は飯田県に、高遠藩は高遠県にそれぞれ再編されたが、1871年12月31日には全て筑摩県に編入された。そして、1876年8月21日に筑摩県が分割されると、長野県に編入された。

伊那谷は明治前期の鉄道建設からは漏れたものの、1927年には飯田線の全線が開通した(飯田線各社の統合・国有化は、第二次大戦中の1943年)。

1981年には中央自動車道が開通した。

地域編集

下伊那郡飯伊地域
上伊那郡上伊那地域
諏訪郡諏訪地域

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷編集

南信地方における都市雇用圏(10% 通勤圏)。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

  • 10% 通勤圏に入っていない町村は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年[3] 自治体
(現在)
地域
諏訪市 諏訪 都市圏
114705人
諏訪 都市圏
109028人
諏訪 都市圏
127278人
諏訪 都市圏
130616人
諏訪 都市圏
133323人
諏訪 都市圏
204875人
諏訪市 諏訪
茅野市 茅野市
原村 原村
富士見町 - 富士見町
岡谷市 岡谷 都市圏
112678人
岡谷 都市圏
109260人
岡谷 都市圏
82591人
岡谷 都市圏
80325人
岡谷 都市圏
77562人
岡谷市
下諏訪町 下諏訪町
辰野町 - 伊那 都市圏
141715人
伊那 都市圏
142453人
伊那 都市圏
190412人
辰野町 上伊那
伊那市 伊那 都市圏
84003人
伊那 都市圏
111759人
伊那 都市圏
116512人
伊那市
高遠町
長谷村
宮田村 宮田村
南箕輪村 南箕輪村
箕輪町 - 箕輪町
駒ヶ根市 - - - - - 駒ヶ根市
飯島町 - - - - - 飯島町
中川村 - - - - - 中川村
南信濃村 - - - - 飯田 都市圏
171491人
飯田 都市圏
166652人
飯田市 飯伊
上村 - - 飯田 都市圏
168439人
飯田 都市圏
169427人
飯田市 飯田 都市圏
141286人
飯田 都市圏
146498人
鼎町
上郷町
高森町 高森町
下條村 下條村
喬木村 喬木村
豊丘村 豊丘村
阿智村 阿智村
清内路村 -
泰阜村 - 泰阜村
浪合村 - - 阿智村
松川町 - - 松川町
阿南町 - - 阿南町
天龍村 - - - - 天龍村
売木村 - - - - - 売木村
平谷村 - - - - - - 平谷村
根羽村 - - - - - - 根羽村
大鹿村 - - - - - - 大鹿村
  • 1984年12月1日 - 鼎町が飯田市に編入。
  • 1993年7月1日 - 上郷町が飯田市に編入。
  • 2005年10月1日 - 上村、南信濃村が飯田市に編入。
  • 2006年1月1日 - 浪合村が阿智村に編入。
  • 2006年3月31日 - 伊那市、高遠町、長谷村が新設合併し、伊那市が発足。
  • 2009年3月31日 - 清内路村が阿智村に編入。

都市圏(国土交通省)編集

国土交通省が基準として定めている都市圏では2000年現在で以下の市町村が含まれる。

飯田市都市圏
  • 飯田市
  • 下伊那郡(売木村及び根羽村を除く)
  • 上伊那郡(中川村)

昼夜間人口比編集

2010年国勢調査によれば、昼夜間人口比が100%を超え、流入超過となっている自治体は富士見町(108.4%)、諏訪市(107.8%)、飯田市・駒ヶ根市(104.7%)、平谷村(101.8%)、伊那市(100.5%)となっている。

生活圏間流動編集

国土交通省の「全国幹線旅客純流動調査」の生活圏間流動において、諏訪・伊那及び飯田を出発地とする目的地は以下のようになっている。ただし、同調査では同じ都道府県内の生活圏へのデータがないため、それらを除く。

207地域生活圏(2006年3月末現在)。「諏訪・伊那」は諏訪地域と上伊那地域を、「飯田」は飯伊地域を指す。
甲信越地方は白地、東海北陸地方(甲信越以外の中部地方)は「」、それ以外は「」。
出発地:諏訪・伊那
目的地 万人/年
1 峡北 114.4
2 国中 108.3
3 東京23区 92.4
4 多摩 53.5
5 豊田 50.2
6 横浜 30.9
7 名古屋 29.9
8 相模原 24.4
9 船橋 22.2
10 東三河 22.0
出発地:飯田
目的地 万人/年
1 豊田 96.4
2 名古屋 55.7
3 静岡西部 54.1
4 東濃 47.1
5 東三河 42.2
6 東京23区 12.8
7 岐阜 7.8
8 中濃 6.7
8 国中 6.7
10 多摩 5.7

交通編集

鉄道編集

道路編集

空港編集

松本空港松本市塩尻市)か中部国際空港知多半島沖)が最寄りの空港である。

タクシー編集

タクシーの営業区域

  • 諏訪交通圏
    • 岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町
  • 飯田市A - 飯田市(飯田地区)
  • 飯田市B - 飯田市(上村地区・南信濃地区)
  • 伊那市A - 伊那市(伊那地区)
  • 伊那市B - 伊那市(高遠地区・長谷地区)
  • 駒ヶ根市 - 市域に同じ
  • 諏訪郡A - 富士見町、原村
  • 上伊那郡A - 辰野町、箕輪町、南箕輪村
  • 上伊那郡B - 宮田村
  • 上伊那郡C - 飯島町、中川村
  • 下伊那郡 - 郡域に同じ

メディア編集

新聞
FMラジオ局

特産品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集