メインメニューを開く

倉橋 ルイ子(くらはし るいこ、1959年12月9日 - )は、北海道三笠市出身の歌手。倉橋ルイ華と名乗っていた時期もある。 一時期歌手(芸能)活動を休止していたが1999年4月26日、南青山マンダラにて活動を再開した。

目次

セカンドステージ編集

ライブでは主にバラードを歌うバラードシンガーである。1999年のアルバム「My name is Ballad」(1999.8.21)が発売され、以後 年3回のライブステージがコンスタントに観られる。2005年12月16日にNHK BS放送の韓国ドラマ「チェオクの剣」の日本語カバー曲「悲恋歌」(詩 岡田冨美子)をマキシシングルCDで発売する。 南青山マンダラのライブステージでは毎回前回のライブアンケートのリクエストを参考に、他のシンガーのカバー曲を2〜3曲歌い人気がある。 公式HPは無いがmixi内のコミュニティ「倉橋ルイ子」ではファンの交流が活発に行なわれている。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

(c/w) 春の枯葉
  • ラストシーンに愛をこめて(1981年12月1日)第11回東京音楽祭国内大会、審査員特別賞受賞
(c/w) TRY TO RREMEMBER
  • Long Good-bye(1982年9月10日)
(c/w) 夏の日のオルフェ
  • 哀しみのバラード(1983年月4.1日)第12回東京音楽祭世界大会、外国審査員団賞受賞
(c/w) 流星
  • 罪な雨(1983年12月1日)
(c/w) ぜんまいじかけの都会
  • 風に書いた手紙(1984年7月10日)
(c/w) あの日を忘れない
  • je t'aime(1984年10月25日)
(c/w) オンナ・ロック
  • この愛に生きて(1985年10月5日)※西郡よう子の同名曲のカバー
(c/w) 千夜一夜物語
  • 恋ひとすじに(1986年2月21日)
(c/w) さよならだけは名場面
(c/w) 涙をすてる街
(c/w) 愛よ天まで
  • 明日を夢見て(1991年1月21日)東海テレビ製作フジテレビ系連続ドラマ 雪の蛍 テーマソング
(c/w) THANK YOU FOREVER
  • コスモス風にゆれて(1991年7月10日)
(c/w) 見果てぬ夢を追いかけて ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え エンディングソング
(c/w) Home
  • 流れ行く季節の中で(1992年7月21日)
(c/w) 時代は変わる
(c/w) 過ぎし日々の夢
  • 悲恋歌(2005年12月16日)(Maxi CD) NHK韓国ドラマ「チェオクの剣」の主題歌 日本語版カバー
(c/w) Rose、ラストシーンに愛をこめて(編曲、演奏 羽田健太郎 再録音バージョン)

アルバム編集

  • Without Sugar(1981年6月21日)
    • A面:ガラスのYesterday、朝日の沈むとき、トワイライト・カフェ、Never Fall In Love、ビリーの優しい夜
    • B面:九月の窓、Afternoon、春の枯葉 (Bye Bye My Love)、噂……STILL LOVE YOU、Self Disgust、Love Is Over
  • Morning Shadow(1981年12月1日)
    • プロローグ、Morning、A DAY、雨の日と日曜日は...、December、Hello Again、 Heartbreak Highway、再会キャンドル・ナイト、ラスト・オーダー、ルイのララバイ、Winter Rose
  • Heartbresk Theater(1982年9月10日)- オリコンチャート最高79位[2]
    • 海岸電車、海の見える窓から~おもいでの夏、ゲッタウェイ、ロング・グッバイ、バイ・ザ・リヴァー、風の恋人、ステーション、ヴァニティ・フェアー、さよならの微笑、ラストシーンに愛をこめて
  • Rolling 〜哀しみのバラード〜(1983年4月1日) - オリコンチャート最高50位[2]
    • A面(Windy Side) : Walk Away、ウインディ、恋ぬすびと、哀しみのバラード、私の神様
    • B面(Rainy Side) : 雨だれ、ラスト・タンゴ・ステップス、シャドウ・ダンサー、流星、ざわめきを離れて
  • THANKS 来生たかお作品集(1983年12月1日)
    • SIDE 1:浅い夢、長雨、夢の途中、暗闇にさよなら、おだやかな構図
    • SIDE 2:メランコリー・ハーバー、罪な雨、涙嫌い、潮風のソネット、Goodbye Day、まぼろしほどに
  • Love is over(編曲・演奏 羽田健太郎、1984年5月25日)
  • Hello Again(編曲・服部克久、演奏 東京ユニオン、1984年5月25日)・・・服部克久プロデュース
    • A面:ガラスのYESTERDAY、By The River、Long Good-Bye
    • B面:ローズ、Hello Again
  • Never Faii in Love (作、編曲 林哲司、1984年5月25日)
  • Winter Rose(ポリドール スタジオライブ、作・編曲 大野克夫、演奏 North Wings、1984年5月25日)
  • RUIKO(1984年10月25日)
    • A面 : 雨上りの動物園、Love Letter、je t' aime、哀鍵、軌跡
    • B面 : Star、オンナ・ロック、眠りたいよ、あの橋わたれ
  • いつかHappiness(自主制作カセットテープ、1985年9月10日)
  • メインコース(1986年3月31日) - オリコンチャート最高93位[2]
  • SAILNG 〜今日より永遠に〜(倉橋ルイ華名義、1987年12月20日)
  • 純愛 〜この愛に生きて〜(1988年4月29日)
  • 1991 OUT ON A LIMB(1991年2月21日
  • 青空の下で(1991年11月21日)
  • For You ANNVERSARY〜クリスマス(オムニバス企画盤、3曲のみ収録、1991年11月21日)
  • 同じ景色を見つめた日(自主制作CD、1993年10月10日)

ベストアルバム編集

  • 倉橋ルイ子ベストアルバム(1984年)
  • バラードをカバンにつめて(1985年10月25日)
    • Never Fall In Love、海の見える窓から、Long Godd-Bye、ローズ、Thank You、Love is over、ガラスのYESTERDAY、Hello Again、Decenmber24、黄色いバラ、Winter Rose、ラストシーンに愛をこめて
  • シングルコレクション(1986年3月25日)
  • 倉橋ルイ子ニュー・ベストナウ(1987年10月5日)
  • BEST2000シリーズ 倉橋ルイ子(1992年6月1日)
  • My name is Ballad(1999年8月21日)
  • 倉橋ルイ子 ゴールデンベスト(2004年9月8日)
  • 倉橋ルイ子 ベスト10(2007年1月17日)

テレビ出演編集

エピソード編集

若い頃は自閉的だったが、歌と出会い克服。

全国ツアーの時など、行った土地でコスモスの種を植え花を咲かせていた。

FMナイトストリート(PAJAMA PRESS)で自身がパーソナリティーを務めた最終回で赤坂泰彦に告白した。「赤坂さん・・・好きでした・・・」

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「ガラスのYESTERDAY」のテレビCMには、本人の「ガラスよりダイヤモンドのほうが綺麗なんて、誰が決めたの…」とつぶやく声が入っていた。

出典編集

  1. ^ a b 1968-1997 オリコンチャートブック オリコン 1997年 ISBN 9784871310413 106頁
  2. ^ a b c 1970-1989 オリコンチャートブック LP編 オリコン 1990年 ISBN 9784871310253 131頁