全国障害者技能競技大会

全国障害者技能競技大会(ぜんこくしょうがいしゃぎのうきょうぎたいかい)とは、ほぼ毎年独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が実施している、障害者が技能労働者として社会に参加できる自信と誇りが持てるようにその職業能力の向上を図るとともに、広く障害者の職業能力に対する社会の理解と認識を深め、その雇用の促進などを図ることを目的として職業技能を競う大会。愛称は全国アビリンピック。アビリンピック(abilympic)とは"ability"と"olympic"の合成語。

国際身体障害者スポーツ大会(東京パラリンピック)と第19回技能五輪国際大会を参考に、身体障害者の志気向上と社会への理解浸透・雇用促進を目指して計画された。なお、身体障害者雇用促進法改正、障害者の雇用の促進等に関する法律一部改正を受けて二度の名称変更を行なっている。

1981年1985年1991年1995年2000年2003年2007年2011年2015年国際アビリンピック(国際身体障害者技能競技大会/国際障害者技能競技大会)実施に伴い開催されていない。また、2019年も同じ理由により開催されない見込み。競技の種目数は開催年により異なり、例えば2009年は21種目、2012年は23種目、2014年は24種目であった。

目次

沿革編集

  • 1964年 国際身体障害者スポーツ大会(東京パラリンピック)開催
  • 1970年 第19回技能五輪国際大会開催
  • 1972年 第1回全国障害者技能競技大会開催(社団法人障害者雇用促進協会主催) 
  • 1975年 (社団法人障害者雇用促進協会が社団法人全国心身障害者雇用促進協会に改組)
  • 1977年 全国身体障害者技能競技大会に名称変更(第6回大会から)(身体障害者雇用促進協会主催)
  • 1988年 (身体障害者雇用促進協会が日本障害者雇用促進協会に名称変更)
  • 1997年 全国障害者技能競技大会に名称変更(第22回大会から)
  • 2003年 (独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構主催)
  • 2011年 (独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構主催)

歴代開催地並びに開催予定地編集

回数 開催年 開催地 大会名
第1回 1972年 千葉県 全国障害者技能競技大会
第2回 1973年
第3回 1974年
第4回 1975年
第5回 1976年
第6回 1977年 全国身体障害者技能競技大会
第7回 1978年
第8回 1979年
第9回 1980年
第10回 1982年
第11回 1983年
第12回 1984年
第13回 1986年
第14回 1987年
第15回 1988年
第16回 1989年
第17回 1990年
第18回 1992年
第19回 1993年
第20回 1994年
第21回 1996年
第22回 1997年 全国障害者技能競技大会
第23回 1998年
第24回 1999年
第25回 2001年
第26回 2002年 熊本県
第27回 2004年 宮城県
第28回 2005年 山口県
第29回 2006年 香川県
第30回 2008年 千葉県
第31回 2009年 茨城県
第32回 2010年 神奈川県
第33回 2012年 長野県
第34回 2013年 千葉県
第35回 2014年 愛知県
第36回 2016年 山形県
第37回 2017年 栃木県
第38回 2018年 沖縄県
第39回 2020年 愛知県

関連項目編集

外部リンク編集